米国株投資で幸せ作り

エヌビディア アナリストの格上げで上昇

エヌビディア(NVDA)の株価は6月22日、前日比2.5%増の755.47ドルと上昇しました。 これは、レイモンド・ジェームズのアナリスト、クリス・カソ氏が同社を「ストロング・バイ」に格上げするとともに、目標株価を900ドルに引き上げたことによるものです。 同氏は、「企業活動の再開、仮想化の高まりにより、データセンターが再加速し始めたと確信している」と指摘し、先週バンク・オブ・アメリカが付けたウォ […]

アナリストの推奨でクラウドテレコム関連株が上昇

ニーダムのアナリストであるライアン・クーンツ氏の強気のコメントで、クラウドテレコム関連株が6月22日、上昇しています。 リングセントラル(RNG)の株価は、同氏がカバレッジを開始し、「買い」の評価と360ドルの目標価格を設定、ニーダムの「確信リスト」に加えたことで上昇しました。 リングセントラルを、「ユニファイド・コミュニケーション・アズ・ア・サービス」(UCaaS)と呼ばれる分野の「グローバル・ […]

医師向けSaaSのDoximity 2021年で最もホットなIPO

医師向けのSaaSプラットフォームであるDoximityが今週末上場します。 一般的にあまり知られていませんが、この医療従事者向けのクラウドベースのデジタルプラットフォームを知らない医師を見つけるのは難しいと言われるほど医療業界ではよく知られた企業です。 Doximityは、医療従事者の生産性を高め、患者により良いケアを提供することを目的に、2011年に医療従事者を念頭に置いて設立されました。Do […]

クラウドストライク アナリストの格上げで高騰

クラウドベースのセキュリティソフトウェア企業であるクラウドストライク(CRWD)の株価が6月22日午前の取引で約8%増の257ドルと高騰しています。 シュティフェルのアナリスト、ブラッド・バック氏が6月22日、クラウドストライクの格付けを「ホールド」から「買い」に引き上げ、目標株価を240ドルから300ドルに設定したことを明らかにしました。 同氏はリサーチノートの中で、3つの理由から同社の株式に強 […]

リーガルズームが6月末にIPO  評価額は50億ドル以上も

6月21日、リーガルズーム(LegalZoom)が新規株式公開の条件を設定しました。カリフォルニア州グレンデールにある同社は、約1,910万株をそれぞれ24ドルから27ドルで提供すると、取引のための目論見書に記載されています。同社は、ナスダックにLZというティッカーで上場する予定です。 14の投資銀行がこのIPOに取り組んでおり、JPモルガン、モルガン・スタンレー、バークレイズが主幹事を務めると目 […]

ロク 目標株価引き上げとプライムデーで上昇か

ループ・キャピタルのアナリスト、アラン・グールド氏が6月21日、ロク(ROKU)の目標株価を前回の450ドルから475ドルに引き上げました。 調査会社のマグナ・グローバルが2021年の全世界の広告収入の予想を引き上げ、デジタルビデオ広告が前年比24%の伸びを示すと予想したことに基づいて目標株価を6%近く引き上げたということです。 さらに、グールド氏はリサーチノートの中で、「ロクのプラットフォーム収 […]

ショッピファイ 広告事業にも進出か

ショッピファイ(SHOP)の株価が好調です。6月21日の市場では一時1552ドルをつけ、上場来高値を更新しました。終値は0.9%増の1480ドルとなり、これで8日連続の上昇。これは2020年6月23日に終了した8日連続にならぶ最長の連勝記録となります。 同社は、6月29日に「新製品や新機能の初公開」を約束する年次開発者会議「Shopify Unite」を約1週間後に控えています。 グッゲンハイムの […]

ペイパル デジタル料金値上げをアナリストが評価

ペイパル・ホールディングス(PYPL)は、デジタル決済にかかる手数料を値上げします。8月2日より、従来の一律2.9%+30セントの手数料から、オンライン、店舗、その他の様々なタイプの取引に応じた手数料メニューを採用します。 「PayPal Checkout」、「Pay with Venmo」、「PayPal Credit」、「Pay in 4」などの自社製品を利用した取引については、3.49%の手 […]

シスコに株価2倍となる可能性

2020年、シスコ・システムズ(CSCO)の株価は低迷しました。ナスダック総合株価が44%上昇したのに対し、3.5%の下落となり、ハイテクラリーから完全に取り残されました。しかし、今年に入り、2021年後半に予想される企業のハイテク支出の加速から利益を得ることができるハイテク株が物色されるようになって株価は上昇。これまでに2割強の上昇となっています。 しかし、ここからさらに上昇の余地があるとして、 […]

台湾セミコンダクターを格下げ

モルガン・スタンレーのアナリスト、チャーリー・チャン氏が、世界最大のコントラクト・チップ・メーカーである台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(TSM)を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げしました。 同社の台北上場株式の目標株価を655台湾ドルから580新台湾ドルに引き下げたことで、台湾セミコンダクターの米国預託証券は6月21日の米国市場で下落しています。 台北での取引では […]

CATEGORY カテゴリ最新記事

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG