保有していれば報われる、成長が止まらない企業4つ

質が高く革新的な企業に投資して長く保有すれば、忍耐が大きな利益をもたらします。そんな成長が止まらない企業をモトリーフールがピックアップしていますのでご紹介します。

アマゾン(AMZN)

Embed from Getty Images

アマゾン(AMZN)ほど長期的に上昇すると確信している人が多い銘柄はないかもしれません。

4月にeMarketerが発表したレポートによると、アマゾンのオンライン市場シェアは40.4%で、これは次に近い競合であるウォルマートを33ポイント以上も上回っています。

小売業は一般的に利益率が低いのですが、アマゾンはその電子商取引の人気を背景に、世界中で2億人以上の人々がプライム会員に登録しており、これらの会員から徴収する料金は、小売業の利益率の向上に貢献しています。

さらに、プライム会員は、会員資格を最大限に活用するために、プラットフォーム上でより多くのお金を使う動機付けとなっています。

意外と知られていないのが、アマゾンはクラウドインフラサービスでも圧倒的なシェアを誇っていることです。

Canalysによると、Amazon Web Services(AWS)は、世界のクラウドインフラストラクチャ市場の32%を支配していると推定されています。

AWSは、アマゾンの他の事業に比べて非常に高い利益率を生み出しているため、売上高の8分の1しか占めていないにもかかわらず、営業利益の60%(またはそれ以上)を占めています。

今後、アマゾンの営業キャッシュフローは爆発的に増加することが予想されるため、いずれは1株10,000ドルを実現することも決して夢物語ではありません。

パブマティック(PUBM)

PubMatic headquarters in Silicon Valley. PubMatic develops and implements online advertising software and strategies for the publishing industry – Redwood City, California, USA – 2019

明るい未来を持つもう一つの止められない銘柄は、クラウドベースの広告テクノロジー企業であるパブマティック(PUBM)です。

パブマティックの目標はシンプルです。それは、広告スペースのリアルタイムな売買を最適化すること。

同業他社とは異なり、パブマティックはセルサイドプラットフォーム(SSP)として運営されており、パブリッシャーが広告主にディスプレイスペースを販売することを支援しています。

SSPであることには、パブリッシャーにとってありがたい多くの利点があります。

例えば、SSPでは、パブリッシャーが広告スペースに対して受け入れる価格の下限を設定することができます。

さらに、SSPは機械学習を利用して、必ずしも高価格の広告ではなく、ユーザーにとって最適な広告が選択されるようにします。

これにより、ユーザーのエンゲージメントが向上し、パブリッシャーと広告主が最高の利益を得られるようになります。

クラウドベースのプログラマティック広告は、コンテンツがモバイルやオンラインに移行するのに伴い、10年半ばまでは2桁の年間成長率を維持すると予想されます。

パブマティックでは、モバイル、デジタルビデオ、コネクテッドTV/オーバーザトップのプログラマティック広告費が、2024年まで2桁の年間成長率を示すと予想しています。

既存のパブリッシャーが第1四半期にパブマティックに対して支払った金額は前年同期に比べて30%増加しており、パブマティックのような比較的小さな企業でも成長して行く余地が十分にあることを示しています。

レッドフィン(RDFN)

Embed from Getty Images

最近、米国の住宅価格は高騰しており、テクノロジーを駆使した不動産会社であるレッドフィン(RDFN)にとっては大きな恩恵となっています。

仮に住宅ローン金利が最終的に歴史的な低水準から跳ね上がったとしても、レッドフィンは市場シェアを奪い続け、不動産関連の関連性を高めていくはずだと見られます。

まず第一に、レッドフィンはコスト面でその存在感を示しています。

従来の不動産会社が買い手や売り手の代理として最大3%を請求するのに対し、レッドフィンは当該会社の取引実績に応じて1%から1.5%を請求します。

Realtor.comによると、2021年6月の有効物件の住宅価格の中央値は38万5,000ドルであることから、レッドフィンを利用する買い手または売り手は、従来の不動産会社と比較して最大7,700ドルの節約ができることになります。

また、レッドフィンは、買い手や売り手が慣れていないレベルのパーソナライズを提供しています。

同社のコンシェルジュサービスでは、最終的な販売価格の2.5%を上限に、住宅の価値を最大限に高めるためのアップグレードやステージングを住宅所有者と一緒に行います。

一方、一部の都市で展開している「レッドフィン・ナウ」サービスでは、売主から現金で物件を購入することができます。つまり、値切り交渉は不要で、非常にシンプルな販売プロセスを実現しています。

パンデミックの間、レッドフィンは3Dバーチャルツアーを利用して、購入側のプロセスにパーソナライゼーションをもたらしました。

中古住宅販売におけるレッドフィンのシェアは、2015年末から約3倍(0.44%→1.14%)に拡大しており、投資家はこの成長株の明るい未来を確信しているはずです。

フェイスブック(FB)

Embed from Getty Images

第1四半期が終了した時点で、28.5億人の人々が月に一度はフェイスブック(FB)を利用していました。

さらに、同社が所有するインスタグラムやワッツアップを利用するユニークユーザーは6億人に達しています。

これらを合わせると、全世界の人口の44%(34億5,000万人)が月に1度はフェイスブックのサイトを訪れていることになります。

この数字に匹敵するソーシャルメディアは世界中に存在せず、だからこそ広告主はフェイスブックでの広告掲載に大金を支払うのです。

しかし、フェイスブックの広告収入の伸びは、まだピークに達していません。

それは、現在、フェイスブックとインスタグラムが同社の広告売上のほぼすべてを担っているからです。

ワッツアップとフェイスブック・メッセンジャーは地球上で最も訪問者数の多いソーシャルサイトの2つですが、どちらも今のところ有意義な収益化はされていません。

これが実現すれば、フェイスブックの売上、キャッシュフロー、収益性は飛躍的に向上します。

さらに、フェイスブックの補助的な事業(四半期ごとの決算報告書では「その他」と記載されている)が好調であることも見逃せません。同社のバーチャルリアリティ機器「Oculus」の売上が急上昇しているようです。

もしフェイスブックが広告以外の重要な副次的販売チャネルを追加することができれば、この銘柄は大幅に上昇する可能性があります。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG