アマゾンを巡る観測でビットコイン急伸

ビットコインは7月26日に急激に反発し、39,000ドルに達し、24時間で13.5%上昇しました。

Embed from Getty Images

他の暗号資産も上昇しており、イーサリアムは10%増の2,359ドル、ドージコインは11.4%増の0.2195ドルとなっています。

ビットコインは、29,000ドル前後の安値をつけた後、テクニカル要因でブレイクアウトする予定だったとアナリストは述べています。

テスラ(TSLA)のイーロン・マスクCEOやスクエア(SQ)のジャック・ドーシーCEOといった影響力のある支持者が先週、ARKインベストの代表であるキャシー・ウッド氏とともに話題にしたこともあり、ここ数日は順調に上昇しています。

7月26日の大きな動きは、アマゾン・ドットコム( AMZN)が暗号に飛び込もうとしているという報道もきっかけになったかもしれません。

アマゾンは最近、デジタル通貨の専門家を募集しており、その募集要項には 「アマゾンのデジタル通貨とブロックチェーン戦略のビジョンと戦略を担う」と書かれていました。

また、アマゾンは独自の「ステーブルコイン」、つまりドルのようなハードカレンシーにペッグされたデジタルトークンを発売する可能性もあります。

米国内外の規制強化や、ビットコインのカーボンフットプリントに対する批判の高まりなど、ネガティブな圧力が続いていますが、一部のテクニカルアナリストによると、今回の動きは良い兆候だといいます。

ビットコインは現在、50日移動平均線をクリアし、6日連続で上昇しており、ポジティブな短期モメンタムを反映しています。

この価格のブレイクアウトにより、次の抵抗レベルは42,000ドルから43,000ドルになると、暗号技術研究会社Fairlead Strategiesの創設者兼マネージングパートナーのKatie Stockton氏は述べています。

「ビットコインが42,000ドルを超えるのは難しくなく、このレベルが破られた場合、次の抵抗レベルは51,000ドルだ」と同氏は述べています。

ビットコインは、一時的に30,000ドル付近のサポートレベルを下回った後、ジャンプする準備ができていたと同氏は付け加えました。

このレベルでの駆け引きにより、弱気なトレーダーと強気なトレーダーが対立し、価格は狭いレンジで推移しました。

しかし、マスク氏やドーシー氏の明るいコメントや、テクニカルな要因もあって、強気派が勝利したようです。

同氏によると、ビットコインは通常、価格の高騰につながる「コイル状のバネ」を形成していたため、テクニカル指標はさらなる上昇を示唆しているそうです。

「私たちは、長期的なトレンドがまだ維持されているため、このスプリングは上向きになると考えている。今回の修正局面は、弱気の反転ではなかった」と同氏はコメントしています。

 

暗号市場企業Crosstowerのリサーチアナリスト、マーティン・ギャスパー氏も、勢いが増すと見ています。

アマゾンがビットコインでの支払いを受け入れる、あるいは少なくとも加盟店の支払いを容易にすると発表すれば、それは暗号資産が主流派から受け入れられる新たな事例となるだろう、と同氏は言います。

そして、最近のショートベットの波が洗い出されるかもしれないとのこと。

ビットコインやデリバティブを借りていた弱気な投資家が、証拠金の要件を満たすためにポジションを売却したため、過去24時間で10億ドル以上のビットコインが清算されたそうです。

これは典型的な「ショートスクイーズ」であり、価格を押し上げる要因となりました。

トレーダーは最近、ビットコインに賭けるために、より高い借り入れコストを支払わなければならず、弱気なセンチメントがピークに達している可能性を示しています。

また、取引所で投資家が保有していたビットコインが流出しており、トレーダーが資産を貯め込んでいる可能性を示しています。

最近のビットコインの上昇は、金融規制当局のコメントや、何度もビットコインを弄んできたマスク氏のようなインフルエンサーのツイートで簡単に反転する可能性があります。

慎重派からは、「トレーダーは、今のうちに利益を享受すべきだ。」との声もあがっています。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG