CATEGORY

AMD

AIでテクノロジー株が大躍進!専門家が語る今後の市場動向と有望銘柄

2023年、テクノロジー株は躍進を続けています。ナスダック総合株価指数は既に約36%上昇し、さらなる高値更新が期待されています。特に、テクノロジー・セクターの成長は目覚ましく、大手企業を中心に拡大が予測されています。 この状況の中、AI技術への注目が高まっています。特にOpenAIとChatGPTの登場は、AI技術の可能性を広く示しました。これにより、消費者向けアプリケーションだけでなく、企業向け […]

マイクロソフトのAI半導体革新:Azure Maia 100の衝撃と市場への影響

マイクロソフト(MSFT)が半導体市場での大きな一歩を踏み出しました。今週初めに発表されたAzure Maia 100 AIアクセラレーターチップは、業界に新たな波紋を投げかけています。この革新的な半導体は、AI処理に特化したカスタム設計で、学習と推論のために構築されており、AI大手OpenAIと共同開発されました。この動きは、マイクロソフトが自社のサービスとソリューションのために製品の安定性を高 […]

AIで変わるビジネス:マイクロソフトの最新技術と市場動向

マイクロソフトのAIへの注力と市場への影響 マイクロソフト(MSFT)は、11月15日と16日に開催されたイグナイト・カンファレンスで、AI対応ソフトウェアの拡充と、自社製AI半導体「Azure Maia AIアクセラレータ」の開発を発表しました。これは、技術巨人としてのマイクロソフトの進化を示し、人工知能市場に大きな波及効果をもたらす可能性があります。 365 Copilotに対する市場の反応 […]

債券利回りと成長株:あなたのポートフォリオを成長させる負の相関

米国の債券利回りが低下を始め、今後もその傾向が続く可能性が高まっています。これによって成長株が恩恵を受けることになりそうです。 米国10年物国債の利回りの低下 米国10年物国債の利回りは、過去16年で最高だった5%を超える水準から、4.6%を下回る水準にまで落ちて来ています。この低下は、米連邦準備制度(FRB)が短期金利の引き上げを終了したという期待によるものです。これにより、債券の価格は上昇し、 […]

半導体業界の最新動向!AI市場で成長する銘柄をピックアップ

最近、半導体業界は波乱含みです。一部の半導体メーカーが業績不振を訴える一方で、AI市場は引き続き成長を見せています。 一部の半導体メーカーの悲鳴 PCとスマートフォン市場の落ち着きを背景に、自動車と産業市場向けの大手半導体メーカーの業績が思わしくありません。オン・セミコンダクター(ON)やラティス・セミコンダクター(LSCC)、シリコン・ラボラトリーズ(SLAB)などは、近い将来の見通しに悲観的で […]

AMD Q3決算:業績が予想を上回るも株価は一時下落、何が起こった?

アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は10月31日の市場終了後に第3四半期決算を発表しました。第3四半期決算の業績は予想を上回りましたが、第4四半期の売上の見通しが予想を下回ったため、アフターマーケットで一時5%あまり下落しました。しかし、電話会議での経営陣のコメントにより株価は上昇、31日の通常取引の終値近くまで戻しています。 第3四半期決算の業績 第4四半期の見通し 第4四半期について […]

株価大幅上昇の予感!インテルの決算を受けてのエヌビディア、AMD、オン・セミの見通し

半導体製造大手のインテル(INTC)が12月期の業績見通しを発表し、好調な業績とファウンドリー事業の新規顧客契約が明らかとなりました。その結果、株価は急騰し、投資家の間で大きな話題となっています。 パイパー・サンドラーのアナリスト、ハーシュ・クマール氏はこのインテルの決算発表を受け、投資家は他の半導体メーカーの業績にも注目すべきだと指摘しています。 エヌビディア、AMD、オン・セミの展望 エヌビデ […]

エヌビディアとAMDのArm進出!PC市場の新たな競争が始まる

アーム・ホールディングス(ARM)の株価が最近2日間で9%近く上昇しています。これは、同社のマイクロプロセッサーを製造する企業が拡大することで、同社が勢いづくとの憶測に基づいています。 ArmベースのPCチップ市場の最新動向 現在、クアルコム(QCOM)のみが、Windows PC用のArmベースのプロセッサを製造するためのマイクロソフト(MSFT)のライセンスを取得していますが、その契約は来年に […]

AIの未来:クライアントAIがもたらす次世代のイノベーションとは?

AI、特に「クライアントAI」は、現代のテクノロジーセクターでの大きな話題となっています。この記事では、主要なコンピューティング・ハードウェア企業の動向や、クライアントAIの将来的な影響について深く掘り下げます。 クライアントAIとは? クライアントAIは、オンデバイスでのAI処理を指します。これは、PC、スマートフォン、ラップトップなどのデバイス上で直接AIが動作することを意味します。現在ほとん […]

エヌビディアがリード!AMDのAIチップは追いつけるか?

ベアード・エクイティ・リサーチは、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の人工知能(AI)チップの普及が遅れていると判断しています。 10月5日、同社のアナリスト、トリスタン・ジェラ氏は「アウトパフォーム」の格付けは維持したものの、AMDの目標株価を170ドルから125ドルに引き下げました。 同アナリストは、AMDはAIソフトウェアツールの開発と自社チップの開発者サポートにおいて、主な競合他 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG