「ソフトランディング」シナリオに備えて買うべき6つの銘柄

2023年の米国経済の見通しについては、「ハードランディング」シナリオと「ソフトランディング」シナリオの2つの予想がせめぎあっているのが現在の状況です。 そんななか、ゴールドマン・サックスがこの2つのそれぞれのシナリオに備えて買うべき銘柄をスクリーニングしました。前編の「ハードランディング」シナリオに続く後編、「ソフトランディング」シナリオに備えて買うべき6つの銘柄です。 ゴールドマン・サックスの […]

「ハードランディング」シナリオに備えて買うべき7つの銘柄

2023年の米国経済の見通しについては、「ハードランディング」シナリオと「ソフトランディング」シナリオの2つの予想がせめぎあっているのが現在の状況です。 そんななか、ゴールドマン・サックスがこの2つのそれぞれのシナリオに備えて買うべき銘柄をスクリーニングしました。まずはその前編、「ハードランディング」シナリオに備えるために買うべき7つの銘柄です。後編の「ソフトランディング」シナリオはこちら。 ゴー […]

10万ドルの投資で1万ドルの不労所得をもたらしてくれる高配当銘柄2つ

今、10万ドルを投資すれば配当金で1年間に1万ドル近い不労所得をもたらしてくれる2つの高配当銘柄のご紹介です。 エイリス・キャピタル(ARCC) エイリス・キャピタルは、上場している事業開発会社(BDC)の中で最大規模の会社です。BDCは、将来性のある中堅企業に対して、金銭面(融資および投資)と経営面の両方からサポートすることを目的とする会社で、課税所得の90%以上を配当として株主に還元しなければ […]

ウェルズ・ファーゴ、ディズニー、バリュー投資家が今注目の11銘柄

米国の経済誌バロンズがバリュー投資家が現在注目し保有している11の銘柄を紹介しています。 イートン・バンス・バリュー・オポチュニティ・ファンド(EAFVX)を共同運用するアーロン・ダン氏が保有しているのは以下の銘柄。 ・ウェルズ・ファーゴ(WFC)・ウォルト・ディズニー(DIS)・カルメット・スペシャルティ・プロダクツ・パートナーズ(CLMT)・エナジー・トランスファー(ET)・コノコフィリップス […]

100万円から始める米国投資(3年目第3週の結果)

これから米国株をはじめたい!そんな方の参考になればと始めた「100万円運用ポートフォリオ」です。2020年12月24日からスタートして3年目を迎えました。その第3週の運用結果です。ポートフォリオの考え方などはこちらをご覧ください。ここにある通り当初は1年間で終わる予定でしたが、期間を延長(当面の目標は5年間)して運用を続けていきます。 3年目第3週(2023/01/17-01/20) ティッカー […]

ネットフリックス 第4四半期決算の注目ポイント

1月19日に2022年10〜12月期決算、同社にとっての第4四半期決算を発表したネットフリックス(NFLX)。「ネットフリックス 第4四半期における加入者の増加で急騰」 純新規加入者数が会社予想の450万人を大きく上回る766万人となったことが何よりも投資家を驚かせましたが、今回の決算発表での注目ポイントは以下のようなものです。 広告ビジネス ネットフリックスは、広告ビジネスが今後大きくなると考え […]

ネットフリックス 第4四半期における加入者の増加で急騰

ストリーミングビデオ大手のネットフリックス(NFLX)は1月19日、第4四半期決算を発表しました。 2022年10〜12月期の今回の決算で、純新規加入者数が会社予想の450万人を大きく上回る766万人となったことが発表され、株価は19日のアフターマーケットで7%高と急騰しています。 売上高は前年比1.8%増の78億5000万ドルとほぼ会社予想通りでしたが、利益は非現金費用の影響で1株12セントと予 […]

アップスタート 完全なデジタル自動車購入体験を提供するアプリを追加

アップスタート(UPST)は1月19日、自動車小売プラットフォームにデジタル・ファイナンスとオンライン販売の二つの新しいアプリケーションを追加し、ディーラーに検索から署名まで、オンラインから店舗での自動車購入のシームレス体験を提供することを発表しました。 アップスタート・オート・リテールは、オンラインと店舗でのデジタル・リテール機能を融資やマネージャー・ツールと組み合わせ、ディーラーがオムニチャネ […]

厳しい環境下でも成長できるソフトウェア株としてサービスナウに買い推奨

サービスナウ(NOW)の株価が1月19日の市場で3%高と上昇しています。この動きは、BofA証券のアナリストが「買い」の評価を維持し、リサーチノートで「バックオフィスワークフロー自動化のためのデジタル変換をリードするソフトウェア会社」と呼んだことによるものです。 ブラッド・シルズ氏率いるBofAのアナリストは、「厳しい環境下でも、大型ソフトウェア・グループの中でクラス最高の成長を維持できる位置にあ […]

アップル iPhoneの需要減で成長回復に苦戦か

J.P.モルガンのアナリストによると、iPhoneの供給問題が需要の低下につながるため、今年度の最初の2四半期でアップル(AAPL)がウォール街の期待に応えるのは難しいとのことです。 アップルの12月期の売上と利益は、コンセンサス予想を小幅に下回る可能性があると、J.P.モルガンのサミック・チャタジー氏はリサーチノートに書いています。同氏は目標株価を前回の190ドルから180ドルに引き下げましたが […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG