米国株投資で幸せ作り

今度はしゃべるAI、サウンドハウンドが発表

連日、AIの話題がにぎわっていますが、会話型AIのリーダーと自認するサウンドハウンド・エーアイ(SOUN)が2月7日朝、スタートアップのオープンAIが昨年11月に立ち上げて大人気のチャットボット、ChatGPTなどの生成型AIアプリケーションに音声によるアクセスを追加する計画であると発表しました。 この発表により同社の株価は7日朝、11%高の4.5ドルまで一時上昇しましたが、その後失速して大きく下 […]

AI関連銘柄が2倍から5倍に高騰

新興企業オープンAIが作成した生成型AIチャットボットChatGPTが11月30日に公開されて以来、AI株ブームが米国市場で起こっています。 大手ハイテク企業がこぞってAIに取り組んでいることは「アルファベット、メタ、マイクロソフト、決算説明会で注目を集めるAIの話題」でお伝えしたとおりですが、より小規模なハイテク企業もその取り組みを発表し、株価が高騰しています。 なかでも目立っているのが企業向け […]

ピンタレスト 慎重なガイダンスとCFOの辞任発表で下落

ピンタレスト(PINS)は2月6日の市場終了後に第4四半期決算を発表しましたが、3月期の見通しについて慎重なコメントを出し、トッド・モーゲンフェルドCFOの辞任を発表した後、時間外取引で2%近く下落しています。 12月期の売上高は8億7700万ドルで、前年同期比4%増でしたが、アナリストのコンセンサス予想の8億8800万ドルをわずかに下回りました。同四半期の月間平均ユーザー数は4億5000万人で、 […]

テスラ 中国需要の追い風を理由に目標株価を引き上げ

ウェドブッシュのアナリスト、ダン・アイブズ氏は2月6日、テスラ(TSLA)の「アウトパフォーム」の格付けを維持したまま、目標株価を200ドルから225ドルに引き上げることを発表しました。 「最近の現地での調査作業から、テスラの中国EV(電気自動車)再加速ストーリーはちょうど軌道に乗り始めたところで、(第1四半期に)追い風になるはずだと考えている」と同氏は顧客向けメモの中で述べています。 「モデルY […]

オン・セミコンダクター 弱いガイダンスを示すも業績好調で上昇

自動車用および産業用半導体のプロバイダーであるオン・セミコンダクター(ON)が2月6日のマーケットが開く前に第4四半期決算を発表しました。 第4四半期は売上高が21億ドル、調整後利益の1株当たり利益が1.32ドルとなり、アナリストのコンセンサス予想である売上高20億8000万ドル、1株当たり利益1.26ドルをともに上回りました。 オン・セミはまた、30億ドルの自社株買いを新たに行うことを発表してい […]

アルファベット、メタ、マイクロソフト、決算説明会で注目を集めるAIの話題

四半期決算の発表が佳境を迎えていますが、オープンAIの「ChatGPT」の成功もあって、大手ハイテク企業であるマイクロソフト(MSFT)、メタ・プラットフォームズ(META)、アルファベット(GOOGL)などはもちろんのこと、他のセクターの企業も決算説明の会議で人工知能(AI)に関して熱心に語っています。 AIに言及した決算説明会の数自体は1年前に比べて減っていますが、AIに関する言及数は、ハイテ […]

2022年の半導体売上高は過去最高を記録

米国半導体工業会(Semiconductor Industry Association)は2月3日、下期の減速にもかかわらず、昨年の世界半導体売上高は3.2%増の5735億ドルに達したと発表しました。 供給過剰が年央に定着したとはいえ、2022年は半導体の売上高が記録的な年となりました。世界の半導体の売上高は、初めて5000億ドルを超えた2021年の合計5559億ドルから3.2%増の5735億ドル […]

100万円から始める米国投資(3年目第5週の結果)

これから米国株をはじめたい!そんな方の参考になればと始めた「100万円運用ポートフォリオ」です。2020年12月24日からスタートして3年目を迎えました。その第5週の運用結果です。ポートフォリオの考え方などはこちらをご覧ください。ここにある通り当初は1年間で終わる予定でしたが、期間を延長(当面の目標は5年間)して運用を続けていきます。 3年目第5週(2023/01/30-02/3) ティッカー 会 […]

アルファベット ChatGPTのライバルを発売へ

アルファベット(GOOGL)がAIとBingを統合しようとしているマイクロソフト(MSFT)に対抗して、人工知能で攻勢に出ようとしています。CEOのサンダー・ピチャイ氏は、同社がGoogle検索を補完するものとして、独自のチャットボットをユーザーに提供する予定であると語りました。 同氏は2月2日に行われた決算説明のための電話会議で「非常にすぐに、人々は実験的かつ革新的な方法で検索のコンパニオンとし […]

アマゾン 減益の決算にもアナリストは失望せず、目標株価の引き上げ相次ぐ

アマゾン(AMZN)が2014年以来最も収益性の低いホリデーシーズンの決算を報告し、期待外れのガイダンスを発表した翌日の2月3日、同社の株価は一時6%近く下落しました。「アマゾン 第4四半期決算は減益、クラウド事業が減速」 このような状況の中、マイケル・モートン氏率いるモフェットネイサンソンのアナリストチームはアマゾンの格付けを「アウトパフォーム」とし、目標株価を117ドルに設定しています。 「パ […]

CATEGORY カテゴリ最新記事

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG