米国株投資で幸せ作り

ドラフトキングスに買い推奨 株価は暴騰

モルガン・スタンレーのアナリスト、トーマス・アレン氏が、ドラフトキングス(DKNG)を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」にアップグレードしました。同氏は、”Too Big an Opportunity to Ignore; Upgrade to Overweight “と題したレポートの中で、同銘柄の目標株価31ドルを維持しています。 アレン氏は26日に発表したリ […]

マイクロソフトの好決算が確認された今、注目すべき11銘柄

マイクロソフト(MSFT)の好決算が前日1月25日に発表されて、26日の米国市場は一挙に好転しています。「マイクロソフト 好決算を発表、株価は一時の下落から上昇へ」 防波堤としての機能を期待されていたマイクロソフトが見事にその期待に応えてくれました。マイクロソフトの明るいガイダンスはウォールストリートの注目を集めましたが、同社の業績の詳細は、企業向けソフトウェアやクラウドコンピューティングの同業他 […]

割高なスノーフレークにあえての「買い」推奨

金利が上昇する中、企業向けソフトウェア株の低迷が続いていますが、そんな中、少数の勇敢なアナリストがバーゲンハンティングを始めています。 ループ・キャピタルのアナリストであるMark Schappel氏もそんなアナリストのひとりで、ソフトウェア株の中でも最も価格が高く、急成長している銘柄の1つである、クラウドベースのデータ分析ソフトウェアと統合を行うスノーフレーク(SNOW)を取り上げています。 S […]

アップル 買うのはいいが、売ってはいけない3つの理由

アップル(AAPL)の12月期決算が1月27日に迫って、ブルとベア、さまざまな意見が出されていますが、モトリーフールに熱烈なるアップル擁護論が掲載されていましたのでご紹介します。 論者は、過去10年間市場を凌駕してきたアップルの成長エンジンにはまだ十分な燃料が残っていると主張し、長期的に保有する価値がある3つの理由をあげています。 iPhoneの販売はいまだ好調 アップルの代表的なデバイスであるi […]

テキサス・インスツルメンツ 好決算とガイダンスで株価上昇

自動車、産業用アプリケーション、個人用電子機器に使用される半導体を製造するテキサス・インスツルメンツ(TXN)は1月25日、第4四半期の決算を発表しました。 売上高は、前年同期比19%増の48億3,000万ドル。純利益は21億4,000万ドル、1株当たり2.27ドルとなりました。ウォールストリートのアナリストは、売上高を44.3億ドル、1株当たりの利益を1.95ドルと予想していました。 テンプルト […]

マイクロソフト 好決算を発表、株価は一時の下落から上昇へ

マイクロソフト(MSFT)が1月25日、2021年10~12月期決算を発表しました。 売上高は、前年同期比20%増の517億ドルとなり、初めて500億ドルの大台を突破しました。収益は22%増の1株当たり2.48ドルとなりました。ウォールストリートのアナリストは、売上高を509億ドル、EPSを2.31ドルと予想していました。 マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラ氏は、決算発表のプレスリリース […]

終わりの見えない半導体不足

半導体のサプライチェーンは依然として脆弱で、チップの需要が供給を大きく上回っています。米国商務省が最近行った調査の回答者は、この問題が今後6カ月以内に解決するとは考えていないと答えています。 商務省が行った情報提供の依頼には、ほぼすべての大手半導体メーカーやチップを使用する業界の企業など、150以上の回答が寄せられました。 この調査によると、自動車や医療機器などの製品を生産するためにチップを必要と […]

アップル決算 ゴールドマンのアナリストが期待外れのリスクを指摘

アップル(AAPL)は1月27日に12月期決算を発表します。強気派はiPhoneの売れ行きが好調であれば、トップラインと利益が予想以上に向上すると考えています。しかし、誰もがそう思っているわけではありません。 ゴールドマン・サックス証券のアナリストであるロッド・ホール氏は、アップルの株式を「ニュートラル」と評価している、以前からアップルに対して慎重なアナリストの一人です。今期も例外ではありません。 […]

IBM 回復の兆しが見える好決算で株価上昇

IBM(IBM)は1月24日、第4四半期の業績を発表し、過去10年以上の中で最高の売上高を記録しました。この結果は、レガシーテック大手を成長軌道に戻すためのアービンド・クリシュナCEOの戦略が功を奏し始めていることを示唆しています。 昨年、IBMは、マネージドITサービス事業(現在はキンドリル(KD)として知られている)をスピンオフした後、ソフトウェア部門とコンサルティング部門に集中するように事業 […]

下落が続く米国市場 防波堤はマイクロソフト?

新しい週が始まりましたが、市場の下落は止まらないようです。この記事を書いている時点(米国東部時間10:10AM)でS&P 500は2.73%の下落。ダウ、ナスダックも同じような下落幅を記録しています。 AJ Bellのアナリスト、ラス・モールド氏は市場が開く前、「試練の時を経て市場が落ち着くことを期待していた人は、またしても激動の週を迎えることになり、失望することになるだろう」と語っていま […]

CATEGORY カテゴリ最新記事

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG