米国株投資で幸せ作り

アマゾン コスト構造の改善で株価復活へ

アマゾン(AMZN)の株価は今年に入ってから43%も下落していますが、今の状態を「トンネルの終わりにいる」と見て、株価を取り巻くセンチメントが改善されるとアナリストが予想しています。 そんな見解を表明しているのは、モフェットネイサンソンのアナリスト、マイケル・モートン氏で、同氏が電子商取引ソフトウェア・セクターのカバレッジを開始してレポートを発表したことは「アマゾン Eコマースのベスト企業として「 […]

アップルによる買収報道でマンU株が急騰

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(MANU)の株価が、アップル(AAPL)が同クラブの買収を検討していると報じられたことで急騰しました。11月25日の終値は12.82%高の21.21となっています。 マンチェスター・ユナイテッドは今週初め、同社の取締役会が成長を強化するために「クラブの戦略的選択肢を検討するプロセスを開始する」とする声明を発表。これらの選択肢の中には、新た […]

厳しい経済環境下でも成長が期待できる半導体株

ウォール街のアナリストたちは、アナログ・デバイセズ(ADI)について、経済環境が厳しくなっても成長が期待できる半導体株として評価しています。 同社は11月22日に四半期決算を報告しましたが、四半期の業績と経営陣による今期の業績予想は、いずれもウォール街の予想を上回りました。 バーンスタインのアナリスト、ステイシー・ラスゴン氏は23日、同社の目標株価を190ドルから200ドルに引き上げ、同社の格付け […]

エアビーアンドビー 短期的な見通しへの懸念で格下げ

オンライン旅行代理店関連銘柄は、9月四半期に堅調な成長を記録しました。エクスペディア(EXPE) は22%の増収を記録し、ライバルのブッキング・ホールディングス(BKNG)も29%の増収、エアビーアンドビー(ABNB )も29%の増収を記録しています。 しかし、高いインフレ率とマクロ経済環境の軟化によってこのセクターが影響を受けることが避けられないとの投資家の懸念が高まっています。このような中、ベ […]

バークシャー、日本への投資で大成功

ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハザウェイ(BRK/A, BRK/B)が日本の商社5社の株式を6.2%から6.8%保有していることが明らかになりました。 バークシャーのここ数年の大きな投資成果の一つは、日本の商社5社への投資であり、約62億ドルの初期投資に対して現在約40億ドルの利益をあげていると推定されています。 バークシャーの米完全子会社ナショナル・インデムニティー・カンパニーが […]

ズーム・ビデオ 決算発表後に急落

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)の株価が決算発表後のアフターマーケットで急落しています。 11月21日の市場終了後に発表された第3四半期決算の売上高は11億ドルで、前年同期比5%増、為替調整後では7%増となりました。これは、同社のガイダンスである10億9500万ドル〜11億ドルの範囲の上限であり、アナリストのコンセンサス予想に沿ったものでした。 非GAAPベースの利益は1株当たり1.0 […]

投資会社が選んだ10倍株候補のハイテク株5つ

投資会社のアライアンス・バーンスタインが今後5年間で株価が10倍になる可能性のある5つのハイテク株を発表していますのでご紹介します。 アライアンス・バーンスタインによれば、この5銘柄は将来の利益成長が確実視されているだけでなく、歴史的に見ても、10倍株の出発点としては安すぎるバリュエーションで取引されているとのことです。 これらのハイテク企業は、従来のやり方を破壊するイノベーションによって急成長を […]

オンラインデートのマッチは今が買い時

TinderやHingeなどのオンラインデート・プラットフォームを所有するマッチ・グループ(MTCH)の株価は2022年に入り65%も下落しました。同社は売上の半分以上を海外から得ているため、ドル高と製品展開の遅れが株価に打撃を与えています。 そのマッチについて、米国の経済誌バロンズが今が買い時との推奨記事を掲載しています。 製品展開の遅れについてバロンズは、新機能がユーザーをより高価な購読プラン […]

100万円から始める米国投資(2年目第47週の結果)

「100万円運用ポートフォリオ」運用結果 これから米国株をはじめたい!そんな方の参考になればと始めた「100万円運用ポートフォリオ」です。2020年12月24日からスタートして2年目を迎えました。その第47週の運用結果です。ポートフォリオの考え方などはこちらをご覧ください。ここにある通り当初は1年間で終わる予定でしたが、期間を延長(当面の目標は5年間)して運用を続けていきます。 2年目第47週(2 […]

アプライドマテリアルズ アナリストが目標株価を引き上げ

アプライド マテリアルズ(AMAT)が11月17日に発表した決算に感銘を受けたウォールストリートのアナリストたちは、この半導体装置メーカーの株価について強気な姿勢を強めています。「アプライドマテリアルズ 決算発表後に株価上昇」 バーンスタインのアナリスト、ステイシー・ラスゴン氏は18日、同社の目標株価を120ドルから130ドルに引き上げ、「アウトパフォーム」の格付けを繰り返しました。 「AMATは […]

CATEGORY カテゴリ最新記事

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG