3年後のIBMはどうなっている?

IBM (IBM) の株価は過去3年間で約5%下落しています。一方その間、S&P 500は約50%上昇しました。多くの投資家は、老舗のこの巨大ハイテク企業が安定した売上成長を実現できずに苦しんでいることから、敬遠していました。

IBMのビジネスソフトウェア、ハードウェア、ITサービス部門の継続的な落ち込みが、クラウド指向の新しい部門の成長を相殺し、投資家はIBMの低迷する再建努力に我慢できなくなっていました。

IBMは、2019年にレッド・ハットを340億ドルで買収することで、この状況を変えようとしました。2020年にレッド・ハットの売上は18%上昇しましたが、パンデミック関連の混乱に苦しんだIBMの総売上は5%減少しています。

昨年4月、IBMのクラウド担当チーフであったアルヴィンド・クリシュナ氏が同社の新CEOに就任し、ハイブリッドクラウドや人工知能(AI)市場でのプレゼンス拡大を目標に掲げました。その半年後、IBMはグローバル・テクノロジー・サービス部門のマネージド・インフラストラクチャ・サービス部門をスピンオフすることを発表しました。

このスピンオフが今年末に終了すると、「新生」IBMはハイブリッドクラウドとAI事業の拡大を続け、新たなスピンオフ企業であるキンドリルが、最も成長の遅い事業のひとつを引き継ぐことになります。

IBMのスピンオフ計画は多くの投資家を喜ばせるものではありませんでしたが、同社は最近、投資家向け説明会を開催し、それらの計画を明確にし、財務目標の概要を説明しました。その説明会での主な内容を確認し、今後3年間のIBMの株価にどのような影響を与えるかを見てみましょう。

一桁台半ばの売上成長

IBMは、2022年から2024年にかけて、「一桁台半ばの持続的な売上成長」、つまり毎年約30億ドルの新たな売上を上げることができると考えています。これは、ハイブリッド・クラウド、コンサルティング、およびセキュリティの各事業の成長が、残りのインフラストラクチャ関連事業の成長の鈍化を相殺すると考えているためです。

キンドリルをスピンオフした後、IBMは、成長率の高いソフトウェア部門とコンサルティング部門からより多くの売上を得ることを期待しています。

これらの高成長部門は、2020年には同社の売上の55%を占めていましたが、スピンオフ後はその割合が約70%に上昇します。IBMが残しているソフトウェア事業は、2020年には同社の経常売上の45%を占めていましたが、スピンオフ後にはその割合が65%にまで上昇します。

よりシンプルなビジネスモデル

分社化後、IBMは報告セグメントを5つから4つに減らします。コンサルティング(2020年の継続事業からの売上の29%)、ソフトウェア(42%)、インフラ(25%)、ファイナンス(2%)です。

コンサルティング事業では、ビジネス・トランスフォーメーション、テクノロジー・コンサルティング、アプリケーション・オペレーション・サービスを提供します。2022年から2024年にかけて一桁台後半の売上成長を見込み、税引前利益率は10%台前半になると予想しています。

ソフトウェア事業には、レッド・ハットとIBMのハイブリッド・クラウド、AI、セキュリティ、トランザクション・プロセッシングの各部門が含まれます。レッド・ハットの売上高は10%台後半、ソフトウェア事業全体の売上高は1桁台半ばの成長、税引前利益率は30%近くになると予想しています。

インフラストラクチャー事業では、IBMのインフラストラクチャー・ハードウェア製品およびサービス、パブリック・クラウド、エッジ・コンピューティング・サービスを提供します。このセグメントの中期的な売上高成長率はほぼ横ばいで、税引前利益率は10%台半ばになると予想しています。

安定したフリーキャッシュフローの増加

IBMは、これらの改善により、2022年から2024年の間、フリーキャッシュフロー(FCF)が毎年一桁台後半で増加すると予想しています。この予測は、毎年約7億5,000万ドルのFCFの増加に相当し、今後3年間の累積FCFは350億ドルになります。IBMは、これらの現金の一部を株主に還元し、残りを新たな投資に充てる予定です。

投資家は、IBMが自社株の買い戻しや配当の増額ではなく、投資や買収、特にソフトウェア事業やコンサルティング事業の強化に現金を多く使うことを期待しているはずです。IBMとキンドリルは、当初はIBMの現在の配当金と同等の配当金を合わせて支払う予定ですが、両社が別々の道を歩むことになった後は、配当金を減らす可能性もあります。

Embed from Getty Images

IBMの計画は有望に思えますが、ソフトウェアやコンサルティング市場では依然として厳しい競争に直面しています。

アマゾン(AMZN)やマイクロソフト(MSFT)は、パブリッククラウドのプラットフォームを「仮想プライベートクラウド」でハイブリッドクラウド市場に拡大しており、アクセンチュア(ACN)やグローバント(GLOB)などの急成長しているIT企業は、コンサルティング市場を切り開いています。

しかし、IBMが成長目標を達成すれば、同社の株価は再び上昇する可能性があります。現在、IBMの株価はフォワード利益の12倍と非常に安く、キンドリルをスピンオフさせた後はさらに魅力的になる可能性があります。

すでにIBM株を保有している投資家は少し我慢して3年間の再建計画の成果を見極めることで大きなリターンを手にすることができるかもしれません。

まだ保有していない投資家は、スピンオフが終了するのを待って、「新しい」IBMを見直し、購入を考えても良いかもしれません。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG