CATEGORY

アップスタート UPST

アップスタート アナリストの大幅な目標株価引き下げで急落

モルガン・スタンレーのアナリスト、ジェームズ・フォーセット氏は6月29日朝、アップスタート(UPST)の株式を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に格下げし、目標株価を88ドルから19ドルに引き下げました。 TheFly.comによると、フォーセット氏は投資家向けメモで、同社の引受成績が「悪化」していることに言及し、同社に対する見方が「徐々にネガティブに」なっていると述べています。 投資家 […]

アップスタート アナリストが「アンダーパフォーム」評価を再度発表

アップスタート・ホールディングス(UPST)の今後の見込みについて弱気派で知られるウェドブッシュのアナリスト、David Chiaverini氏が6月28日、アップスタートを「アンダーパフォーム」と評価する格付けを再度発表しました。 5月にも同様の発表をした同氏ですが「アップスタート アナリストの目標株価引下げで大幅下落」、クロール債券格付け会社(KBRA)が分析・格付けしているアップスタートの証 […]

10倍以上が期待できるアップスタートの10年後

アップスタート・ホールディングス(UPST)は10年後にどのような企業になっているでしょうか。そんな楽しい未来図をモトリーフールが描いていますので、ご紹介します。 アップスタートは、2020年12月の上場以来、投資家をジェットコースターのような旅に誘ってきました。1株20ドルで市場に登場し、その後2000%以上のロケット高を記録、2021年10月には史上最高値の401ドルに達しました。 しかし、金 […]

ナスダックのベアマーケットにおいて押し目買いするべき成長株4つ

ナスダックが暴落している今、革新的な成長株の数々が信じられないほどお買い得に見えます。こんな急落時に買わなかったことを後悔するような、注目の成長株をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 ブロック(SQ) ナスダックの弱気相場で投資家が自信を持って購入できる革新的企業の筆頭にあげられているのが、フィンテック銘柄のブロック(SQ)、旧スクエアとして知られる会社です。 暗号通貨の低 […]

アップスタート 政府機関との関係終了が意味するもの

アップスタート(UPST)と米国の政府機関である消費者金融保護局(CFPB)との関係が終了したことが最近明らかになりました。具体的には、CFPBが認めている “ノーアクションレター(NAL)”のリストからアップスタートを削除することに合意したというものです。 ノーアクションレターの意味合いは、特定の金融テクノロジー企業に対して、公正貸与法に違反したとしてCFPBか […]

アップスタート アナリストの目標株価引下げで大幅下落

アップスタート・ホールディングス(UPST)の株価は5月20日、アナリストの目標株価引下げで大きく下落しました。5月20日の終値は13.34%減の44.7ドルでした。 ウェドブッシュのアナリスト、David Chiaverini氏は、「アンダーパフォーム」の格付けを維持しつつ、目標株価を20ドルから15ドルに引き下げたことを明らかにしました。同氏は1週間前にアップスタートの目標株価を35ドルから2 […]

アップスタートが23%上昇した理由

アップスタート・ホールディングス(UPST)の株価は5月17日の終値で前日比23.47%増の46.66ドルと急上昇しました。 アップスタートが先週大きく下落した理由のひとつが、アップスタートが過去に行ったように、ローンを投資家に売却するのではなく、貸借対照表に残しているように見えたことを投資家が危惧したことによるものでした。 アップスタートが新しい融資市場に参入する際、コンセプトの実証のためにいく […]

アップスタート 問われているのはAI融資の性能

先週50%以上も下落したアップスタート・ホールディングス(UPST)。下落した直接的な原因は2022年の売上高のガイダンスを下方修正したことですが、不安の源泉となっているのは、その自慢の人工知能(AI)を用いた信用引受モデルが不況下でも機能するかということです。 アップスタートはAI使って、「真のリスクに基づく楽な与信を可能にする」消費者金融プラットフォームであり、クレジットスコアのような従来の方 […]

アップスタート 暴落の原因のおさらいと今後への期待

5月11日も大きく下落し続けているアップスタート(UPST)ですが、今回の下落の原因と思われることをおさらいしつつ、今後期待されることについて書きたいと思います。 アップスタートの今回の決算報告で投資家を最も驚かせたのは、通年のガイダンスを引き下げたことでした。2021年第4四半期に、同社は2022年の売上高を14億ドルとガイダンスしていましたが、今回の発表では12億5000万ドルに引き下げられま […]

アップスタート 決算報告で明らかになったポジティブな側面

1日して時価総額の半分以上が吹き飛んだアップスタート(UPST)について、暴落の原因となった二つの懸念について「アップスタート 大暴落を引き起こした2つの懸念」に書きました。 ここでは、今回の決算報告で明らかになったポジティブな側面について書いてみたいと思います。 金利上昇により無担保ローンの需要が減退する可能性はあるものの、自動車ローン市場への参入により、同社の融資額は今後も大幅に増加するものと […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG