CATEGORY

アップスタート UPST

アップスタート 第3四半期の業績不振の原因

前日に第3四半期決算を発表したアップスタート・ホールディングス(UPST)の株価が11月9日、大きく下落しています。取引開始時に26.4%も急落しましたが、その後値を戻しこの記事を書いている時点(米国東部時間1:11PM)では12.61%安の16.64ドルで取引されています。 下落の理由は「アップスタート 業績、見通しともに予想を下回り暴落」に書きましたとおり、業績とガイダンスがアナリストの予想を […]

アップスタート 業績、見通しともに予想を下回り暴落

アップスタート・ホールディングス(UPST)は11月8日の市場終了後に第3四半期決算を発表しました。 総売上は、2021年第3四半期から31%減の1億5,700万ドルでした。手数料収入合計は1億7,900万ドルで、前年同期比15%減となりました。アナリストは1億6900万ドルの売上を予想していました。 第3四半期の純損失は5620万ドル(1株当たり69セント)となりました。前年同期は2780万ドル […]

アップスタートの成功を見極める2つのポイント(2022年第2四半期)

「アップスタート 第2四半期決算を発表、基本方針の一時的な変更が明らかに」でお伝えしたように決算発表を行ったアップスタートですが、「アップスタートの成功を見極める2つのポイント」で述べた成功を見極める2つのポイントがどうなったのか、今回の発表でも説明されています。 FICOスコアより優れた成績を維持できるのか 前回第1四半期決算で示された表が7月29日時点のデフォルト率として更新されて今回も説明資 […]

アップスタート 第2四半期決算説明電話会議で明らかになった「貸し手」に回る意味

8月8日に行われたアップスタート・ホールディングス(UPST)の決算発表後の電話会議の議事録にざっと目を通してみました。アナリストを集めて行われたこの日の電話会議の白眉は、やはり「貸し手にならないとい」うこれまでの方針を変えることをアップスタートの共同創業者兼CEOのデイブ・ジルーアード氏が表明したことです。 要旨は「アップスタート 第2四半期決算を発表、基本方針の一時的な変更が明らかに」でお伝え […]

アップスタート 第2四半期決算を発表、基本方針の一時的な変更が明らかに

アップスタート・ホールディングス(UPST)は8月8日の市場終了後に第2四半期決算を発表しました。 第2四半期は、前年同期に3730万ドル(1株当たり39セント)の純利益を計上したのに対し、2990万ドル(1株当たり36セント)の純損失を計上しました。調整後の1株当たり利益は1セント、前年同期は62セントの調整後1株当たり利益を記録していました。ファクトセットの調べではアナリストのコンセンサス予想 […]

アップスタートの成功を見極める2つのポイント

アップスタート・ホールディングス(UPST)の第2四半期決算の発表が8月8日に行われます。2020年後半の新規株式公開後に1,200%以上上昇したあと、現在の株価はピークから90%以上低下しており、その乱高下の激しさは最近の米国市場の中でも飛び抜けているアップスタートですが、同社が今後再び成長軌道に戻れるのかを見極めるには2つのポイントがあると考えられます。 FICOスコアより優れた成績を維持でき […]

アップスタート 第2四半期に最も急速に成長している自動車小売ソフトウェアに選出

アップスタート・ホールディングス(UPST)は7月27日、Automotive Market Dataが発表したデータによって、2022年第2四半期に米国で最も急速に成長している自動車小売ソフトウェアに選出されたことを発表しました。 4月から6月にかけて、約240のディーラーがアップスタート・オート・リテールを使用して稼動し、これは調査対象の数十の自動車ソフトウェアプラットフォームの中で最高レベル […]

暴落したアップスタートの今後について、論点の整理

先週、予想を大幅に下回る2022年6月30日までの第2四半期の未監査決算(速報値)を発表した(「アップスタートが未監査の決算速報を発表し、株価は時間外で急落」)アップスタート(UPST)の株価は、現在、高値から93%下落しています。 アップスタートの今後についてどのように見るべきなのか、論点をうまく整理した記事をモトリーフールが掲載していましたので、その内容をご紹介します。 アップスタートは、第2 […]

次のアマゾンは?注目の12銘柄

米国の経済誌バロンズが「次のアマゾンは?」というタイトルの記事を掲載しています。この記事が言っている「次」というのは、アマゾン・ドット・コム(AMZN)が持つ大暴落から立ち直った歴史のことを指しています。 アマゾンは2002年、1999年12月に付けたその当時の最高値から95%下落したことがありました。先日行われた1対20の株式分割後の株価で換算すると、1株5.65ドルから28セント以下まで株価は […]

アップスタート ゴールドマン・サックスが格下げ

ゴールドマン・サックスのアナリストが、人工知能を使った融資を行うアップスタート・ホールディングス(UPST)の格付けを引き下げました。 ゴールドマン・サックスのアナリスト、Michael Ng氏は7月10日付けのリサーチノートでアップスタートの格付けを「ニュートラル」から「売り」に変更し、目標株価を40ドルから14ドルに引き下げました。 リサーチノートの中で、Ng氏は、競争が激化する中で同社の売上 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG