ファイバー 好決算で一時22%上昇

ファイバー・インターナショナル(FVRR)の株価は、好調だった第3四半期決算に後押しされ、11月10日の朝には22.5%も上昇しました。その後、市場全体の下落の影響を受けて株価は前日比10.24%増の177.48ドルで取引されています(米国東部時間3:23PM)。

2021年第3四半期のファイバーの売上高は、前年同期比42%増の7,430万ドルに跳ね上がりました。平均的なアナリスト予想は、7,110万ドルでした。

また、調整後の収益は、希薄化後の1株当たり0.13ドルから0.19ドルに増加しました。ストリートは1株当たり0.01ドルの純損失を予想していました。

また、第3四半期の業績は、ファイバー社のガイダンスレンジの上端を全面的に上回りました。

さらに、経営陣は年末に向けて強気のガイダンスを発表しました。第4四半期の売上高は約7,600万ドルを目標としており、現在のアナリストによるコンセンサス予想である7,280万ドル付近を大きく上回っています。

基本的なビジネス指標も同様に素晴らしいものでした。ファイバーには、第4四半期末までに410万人のフリーランサーを雇用するアクティブなバイヤーがおり、前年同期比で33%増加しました。

また、バイヤー1人当たりの平均支出額も20%増加しました。この2つのカテゴリーで同時に2桁の高い成長を達成するのは困難ですが、このコンボは、ファイバーが潜在的な顧客を怖がらせることなく料金を引き上げることができることを示しています。

ファイバーは現在、米国、英国、ドイツ、オーストラリアなど、いくつかの重要な市場で野心的なマーケティングキャンペーンを展開しています。ファイバーの経営陣は、フリーランサーとその顧客のためのフル機能を備えたエコシステムを構築したいと考えています。

ファイバーは、巨大な市場機会を開拓する初期段階にあり、世界がコロナウイルスの大流行を克服し始めた今も、ビジネスは好調を維持しています。ギグ・エコノミーは今後も続くものであり、ファイバーは、同社がこの新興分野のリーダーであることを改めて示しました。

MKMパートナーズのアナリストであるRohit Kulkarni氏は、リサーチノートの中で、ファイバーの業績は 「懸念されていたよりも良く、明らかに通りの予想を上回っている」と書いています。また、第4四半期のガイダンスは、「市場のファンダメンタルズが安定から改善に向かうことを示唆している」と述べています。

その一方で、第4四半期のアクティブバイヤーの増加率が33%と、過去4四半期に比べて減速していることを指摘しました。Kulkarni氏は、「ニュートラル」の評価と170ドルの目標を維持しました。

一方、ニーダムのアナリストであるバーニー・マクターナン氏は、「買い」の評価と200ドルの目標を継続し、より高い評価を下しました。同氏はリサーチノートの中で、失望的な6月の四半期決算の後、「最悪の事態は過ぎ去った」と書いています。

*過去記事はこちら「ファイバー FVRR

最新情報をチェックしよう!

ファイバー FVRRの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG