ソーファイ 決算発表後の暴落は買いのチャンス

  • 2021年8月17日
  • 2021年8月17日
  • BS余話

フィンテックのソーファイ・テクノロジーズ(SOFI)が暴落しています。
*同社の簡単な紹介はこちら「月300ドルで億り人になれる株3つ(2021年6月末)」

8月12日に発表した第2四半期決算で、かなりの赤字と期待を下回る見通しを発表したことで、13日に14%も下落、週が開けた16日の市場でも4.4%下落しています(米国東部夏時間11:06AM)。

同社が事業の一部で逆風にさらされているのは事実ですが、それはささやかなもの。この暴落は押し目買いのチャンスかと思われます。

Embed from Getty Images

純損失について

ソーファイは、1億6,530万ドル(1株あたり0.48ドル)の純損失を計上しました。これは、コンセンサス予想である1株当たり0.06ドルの損失を大幅に下回るものでした。

注目すべきは、特別目的買収会社(SPAC)との合併が完了したのがつい最近であったため、同社をカバーしているアナリストが2人しかいなかったことです。アナリストがモデルをキャリブレーションするには少し時間がかかります。

さらに重要なのは、純損失の主な要因が2つあることです。それは、評価引当金の減少と、発行済みワラントの市場変動の会計処理です。

ソーファイは昨年、ガリレオの買収に関連する繰延税金負債に関連して評価引当金を再評価し、9,980万ドルを減額しました。

評価性引当金は、繰延税金資産を相殺するために設定される会計上の準備金で、基本的には将来の税金の支払いに充てられます。

評価性引当金を減少させることは良いことであり、企業は経営陣が将来的にこれらの税効果を利用できると確信した場合にこれを行います。言い換えれば、ソーファイは事実上、収益性の期待値を高めたことになります。

4月、SECはSPACの新しいガイダンスを発表し、企業はワラントの残高を負債として会計処理し、市場の変動を損益計算書に計上することを求めました。

6月末にソーファイの株価が上昇したことで、ワラントの価値も上昇し、ソーファイの業績にマイナスの影響を与えていました。

ワラントは大きな変動を伴うデリバティブであるため、この再分類はSPACの収益をより不安定にするものでした。ワラントの公正価値の変動(ソーファイの基本的な業務とは無関係の非現金支出)は、第2四半期に7,100万ドル近くにのぼり、報告された損失の40%以上を占めています。

ソーファイは、「非現金支出の株式ベースの報酬費用や、主にソーファイの株式の公正価値に関連するワラントの公正価値の変動とともに、この税効果の不在が当期の純損失の最大の要因となりました」と述べています。

事業の全体像

この純損失の問題を別にすると、ソーファイの主要な営業指標のほとんどが印象的でした。

総会員数の増加は再び加速し、113%増の260万人に達しました。商品総数は123%増の370万点、ガリレオアカウントは7,900万点に達しています。

ソーファイ・インベストとソーファイ・マネーがこの分野の大幅な成長を促進しており、ソーファイの追加金融サービス商品への拡大は、消費者を明らかに引きつけています。金融サービス事業の商品数は3倍以上の270万に達しています。

逆風としては、融資事業がいくつかの要因の影響を受けています。

バイデン政権は先日、CARES法の一環として学生ローンの支払いモラトリアムを2022年1月末まで延長しましたが、学生ローン全体の組成量はパンデミック前に比べて落ち込んだままです。

また、SPACとの合併で株式公開を準備しているApex Clearingが、ソーファイが以前保有していた少数株式を買い戻したことにより、ソーファイのテクノロジープラットフォーム事業の売上が若干減少します。

そんな問題はありつつも、ソーファイの理念の中核となる柱は、合併後の今もしっかりと受け継がれています。製品ポートフォリオを拡大することで、十分なクロスバイの機会とマーケティングの効率化を図ることができます。

アナリストとの電話会議でCEOであるアンソニー・ノト氏は、会員間のクロスバイが加速していることや、ソーファイが連邦規制当局から銀行免許を取得するための手続きが進んでいることを指摘しました。

この動きにより、銀行となったソーファイは、より安価な資本にアクセスできるようになり、その結果、利益率が拡大します。

フィンテックの競争が激化していることは間違いありませんが、ソーファイは新世代の消費者のための総合的な金融サービスプラットフォームになる非常に有利なポジションに立っています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG