ファイバー 期待はずれのガイダンスで暴落

フリーランス専門サービスのマーケットプレイスであるファイバー(FVRR)の株価が8月5日、暴落しています。

前日の5日に第2四半期の決算を発表した同社。予防接種を受けた多くの人々が家を出て、より通常の仕事やレジャー活動に戻ることによる経済の再開によって、今年の残りの期間の売上が減少すると警告したことを受けて、株価は大幅に下落しました。

第2四半期の売上高は、前年同期比60%増の7,530万ドルで、同社のガイダンスレンジである7,300万ドルから7,500万ドルと、業界のコンセンサス予想である7,480万ドルの両方を上回りました。

アクティブバイヤー数は43%増の400万人、バイヤー一人当たりの購入額は23%増の226ドルとなりました。

非GAAPベースの収益は1株当たり19セントで、業界予想の10セントを大幅に上回りました。

調整後のEBITDA(金利、税金、減価償却費および償却費控除前利益)は740万ドルで、前年同期は310万ドルでした。

このように好決算でしたが、期待外れのガイダンスが失望を呼びました。

CEOのMicha Kaufman氏は、最近の傾向を踏まえて「慎重になるため」ガイダンスを引き下げたと述べています。

CEOのMicha Kaufman氏は、8月5日に行われたアナリストとの電話会議に向けて準備した発言の中で、「過去18ヶ月間、世界のほとんどの人が家に閉じこもっていた」と述べました。

そして「5月後半に欧米でコロナ規制が解除されたとき、人々は家の外に出て、画面外の時間を過ごすことを切望していた。夏休みや学校の休暇に合わせて、人々は休暇を取っており、これは本当に健康的なことで、それはオンラインで過ごす時間を減らすことにつながりる」と述べています。

ファイバーは、第3四半期の売上高を6,800万ドルから7,200万ドルと予想していますが、これは8,000万ドルというストリート・コンセンサスを下回っており、調整後のEBITDAは250万ドルから350万ドルとなります。

通期では、売上高を2億8,000万ドルから3億2,000万ドル、調整後のEBITDAを1,200万ドルから1,400万ドルと見込んでいます。

前回の通期ガイダンスでは、売上高は3億200万ドルから3億800万ドル、調整後のEBITDAは1,950万ドルから2,450万ドルとしていました。

Kaufman氏は、「当社のファンダメンタルズは引き続き非常に強く、パンデミック前よりもはるかに好調だが、オンラインでの活動が減少したことにより、新規顧客数は減少し、休暇を取っている顧客の活動も減少している」とも述べています。

ファイバーの株価は8月5日、前日比23.74%減の175.84ドルと暴落しています(米国東部夏時間11:34AM現在)。

最新情報をチェックしよう!

ファイバー FVRRの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG