月300ドルで億り人になれる株3つ

モトリーフールが時々掲載している億り人特集(勝手に私がそう呼んでいます)。月300ドルといった少額投資の継続でやがては百万ドル長者になれる可能性があるという3つの株が取り上げられていましたので、ご紹介します。

オープンドア・テクノロジーズ(OPEN)

オープンドア・テクノロジーズ(OPEN)は、株式市場では新しい企業です。2020年後半に特別目的買収会社(SPAC)との合併によって上場しました。同社はテクノロジーと不動産の交差点に立っており、同社のiBuyerプラットフォームは、人々が家を売買する方法を破壊しようとしています。

同社は、住宅のリストアップ、オファーの募集、交渉、調査、クロージングといった長いプロセスを経るのではなく、全米の何十もの大規模市場で、売主となる人々に直接オファーを出します。オープンドアのプラットフォームを利用することで、数ヶ月ではなく数日で取引を完了することができます。

好調なスタートを切ったオープンドアですが、今後も意欲的な計画を立てています。2021年末までにさらに9つの新市場に参入し、最終的には全米で最も大きな100の地域にネットワークを広げることを目標としています。

また、市場シェアを拡大するために、住宅ローンなどの付帯サービスの提供も検討しています。ライフスタイルの変化を求める人が多い現在、不動産市場は活況を呈しており、オープンドアの「iBuying」サービスが提供する柔軟性へのニーズはこれまで以上に高まっています。

オープンドアは、株式公開後に急上昇した後、過去の最高値から半分以下に下落しています。投資家にとっては、資金を投入する絶好のチャンスです。

ファイバー・インターナショナル(FVRR)

ギグ・エコノミーは急速に成長しており、通常のオフィス環境に戻ることに消極的な多くの労働者は、フリーランスの機会を真剣に検討しています。ファイバー・インターナショナル(FVRR)は、技術やその他の需要のある仕事のスキルを持つ労働者と、彼らのサービスを試してみたいと思っている企業とを結びつけるプラットフォームを持っており、買い手と売り手の両方が評価できる評判を築くことで、大きな利益を上げています。

ファイバーは、雇用市場の機会をうまく利用しています。直近の四半期において、同社の売上は前年同期比で倍増しています。これは、アクティブなバイヤーが56%増加し、彼らがフリーランサーのサービスに平均22%多く費やしたことによるものです。

また、ファイバーは、経済全体のデジタルトランスフォーメーションが、ギグエコノミープラットフォームが集めた労働者の集中に有利に働くことから、2021年以降も健全な売上成長が続くと予想しています。

同社の株価は2020年に約8倍に高騰しましたが、現在は2月の直近の高値で取引されていた時よりも40%近い割引価格で株を手に入れることができます。これから何年も成長を続けるファイバーは、成功への長い道のりを歩むことになりそうです。

ピードモント・リチウム(PLL)

現在、電気自動車(EV)が流行しており、EV関連企業は自動車業界に革命を起こす方法を模索しています。その中でもバッテリー技術は重要な役割を果たしており、EV用バッテリーに使用されるリチウムの需要はかつてないほど高まっています。多くのリチウム生産者は中国などの外国にいますが、米国企業であるピードモント・リチウム(PLL)は、米国、欧州、およびその他の地域のEVメーカーに、より信頼性の高いリチウム供給源を提供しようとしています。

同社は、完全に垂直統合された事業運営を行う計画の一環として、ノースカロライナ州のリチウム採石場の開発を行っています。リチウムを採掘するだけでなく、大手自動車メーカーが使用可能な形に加工するための設備を揃えることで、業界の多くの企業が抱えるサプライチェーンの課題を解決したいと同社は考えています。すでに業界大手のテスラ(TSLA)と大規模な供給契約を締結しており、その取り組みが完成に近づけば、さらなる取引に期待を寄せています。

EV市場は投資家にとって非常に不安定な市場であり、ピードモントの株価は今年初めの最高値から約25%下落しています。リチウムに対する世界の需要は高まる一方であるため、同社は、世界の優れたEV企業の主要なサプライヤーとなる機会を活かすことができれば、大きな利益を得ることができます。

最新情報をチェックしよう!

ファイバー FVRRの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG