ファイバー・ビジネス登場

ファイバー(NYSE:FVRR)が好調です。Beikoku-stockポートフォリオに組み入れたのは2020年10月の初め。この記事を書いている時点(2021年1月8日終値)でのTotal Gainは+45%となっています。2019年7月のIPO以来だと株価は9倍!

新サービス「ファイバー・ビジネス」

ギグ・エコノミーというと個人間の商売みたいな印象があると思いますが、決してそれだけではありません。ファイバーが最近始めたサービスに「ファイバー・サービス」があります。

「ファイバー・ビジネスと恋に落ちるための1年」というキャッチフレーズで現在は1年間無料(もちろんファイバーに払う費用)で提供されているこのサービス。

通常のサービスとどう違うかですが

  • 専任のパーソナルビジネスサクセスマネージャー
  • キュレーションされたフリランサーのカタログ
  • 連携を容易にするツール
  • カスタマイズされた管理と予算の流れ
  • ビジネスに適した支払い方法

こういったものが提供されることが特色のようです。

プロジェクト、コミュニケーション、納品、予算管理などを1つのダッシュボードで整理・管理することができること。お気に入りのフリーランサーを保存してメンバーと共有して素早く接触できたり、新しいフリーランサーが必要となったときにはファイバーの専任マネージャーに見つけることを依頼できることとかが、通常のサービスとは異なるそうです。

紹介ビデオ

ファイバー・ビジネスを紹介したビデオがこちらです。

*英語の字幕が付いていますので、日本語の自動翻訳で見ることができます。
詳しくはこちらをご覧ください。「YouTubeの翻訳機能が便利すぎる!設定方法から使い方まで解説!

大企業でも広がる利用

このビジネスを紹介するファイバーのホームページでは、ロレアル、ユニリーバ、ByteDance、888.com、MyHeritageといった会社の名前が見られます。

利用は広がりつつある模様。フリーランサーと大企業を結びつけるサービスとして広がりが期待できそうです。

最後に、どうやら「ファイバー」の語源は「five dollar」のようです。IT業界のギグワーカーが5ドルを手っ取り早く稼ぐ方法として始めたことから、この名前がついたみたいです。

最新情報をチェックしよう!

ファイバー FVRRの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG