CATEGORY

メルカドリブレ MELI

今買って10年保有するべき3つのノーブレインストック

既に有名な株を購入して、10年保有する。それだけで大きなリターンを手にすることができる可能性が高いことが米国株投資の大きな魅力です。 銘柄の選択に頭を悩ますことはありません。すでによく知られていて、一貫して好調な業績を上げている企業を選んで長く保有するだけ。それだけで投資家は豊かになることができます。 そんなノーブレインストックの中で今買うべき銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹 […]

シンガポールのショッピーがブラジルのEコマース市場で躍進

シンガポールのSea(シー)の傘下にある電子商取引プラットフォーム、ショッピーは、わずか2年でブラジルで最もダウンロードされたショッピングアプリになりました。 アプリ内のミニゲームでクーポンを提供するという、Eコマースに対する画期的なアプローチで、低価格のマーケットプレイスでユーザーを獲得しています。 シンガポールを拠点とする同社は、オンラインショッピングと、独立したモバイルゲーム部門であるガレナ […]

メルカドリブレとデータドックの成長が止まらない! 

決算発表のあと、暴落する銘柄がある一方で、逆に高騰する銘柄も見られます。 8月5日の市場で高騰したのが、ラテンアメリカの電子商取引大手メルカドリブレ(MELI)と、クラウドベースのデータ分析専門企業データドック(DDOG)でした。 メルカドリブレ メルカドリブレの株価は、8月5日の朝に13%上昇しました。電子商取引を専門とするメルカドリブレの第2四半期の決算には、ラテンアメリカ経済の回復力と、そこ […]

メルカドリブレ 予想を大きく上回る決算を発表

Embed from Getty Images 南米の電子商取引大手、メルカドリブレ(MELI)が8月4日に発表した第2四半期の純売上は93.9%増の17億ドルとなり、予想の14.8億ドルを大きく上回りました。 ブラジルとメキシコでの売上の伸びは2倍以上で、同社が拠点を置くアルゼンチンでは53%増となっています。 パンデミック時に大きな恩恵を受けたメルカドリブレは、アマンゾン・ドットコム(AMZN […]

手軽な金額で気軽に投資 中長期保有でお得な銘柄3つ

どのタイミングで株を買うべきか、投資家なら誰もが頭を悩ませる問題です。 はっきりしているのは、正解などないこと。そしてもうひとつはっきりしているのが、どんなタイミングで購入しようとも、時間をかけて保有すれば、成功の確率は上がるということです。 だったら、タイミングなど気にせず、自分にとって手軽な金額で気軽に投資しようとモトリーフールが提案しています。 もちろん、購入するのは、中長期の保有に耐えられ […]

月300ドルで億り人になれる株3つ(2021年6月末)

モトリーフールが時々掲載している億り人特集(勝手に私がそう呼んでいます)。月300ドルといった少額投資の継続でやがては百万ドル長者になれる可能性があるという3つの株が取り上げられています。*前回はこちら「月300ドルで億り人になれる株3つ」 新しく3つの株がピックアップされていましたので、ご紹介します。 ソーファイ・テクノロジーズ(SOFI) Embed from Getty Images フィン […]

メルカドリブレを更に買うべき3つの理由

ラテンアメリカのアマゾンなどと言われることも多いメルカドリブレ(MELI)。 ラテンアメリカで有数のオンライン・マーケットプレイスとフィンテック・プラットフォームを運営している同社のビジネスは、消費者が現金や伝統的な小売から離れていく中で、デジタル化の恩恵を大きく受けています。 同社の株価は過去3年間で400%上昇し、市場平均を容易に凌駕しています。ここからさらに上昇する余地があるのか、懸念が生じ […]

メルカドリブレがビットコインを保有する意味

ラテンアメリカのアマゾンとして知られるメルカドリブレ(MELI)がビットコインの購入を始めています。第1四半期の決算報告の中でビットコインを750万ドル相当購入したとの記載があり、「財務戦略」の一環であるとされています。 ビットコインをはじめとする暗号通貨を保有する理由のひとつに、「価値の貯蔵庫」というものがあります。これは、政府が発行して裏付けされた不換紙幣よりも価値を維持できることを意味します […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG