CATEGORY

デュオリンゴ DUOL

デュオリンゴ 決算発表後34%高騰

言語教育テクノロジー企業であるデュオリンゴ(DUOL)は第1四半期決算を発表した翌日の5月13日、34%増と高騰しました。 デュオリンゴは、世界で18億人が外国語を学んでおり、2025年までに、デジタルでの教育におけるその機会は年間470億ドルを超える可能性があると推定しています。同社はすでに、アップルの App StoreとアルファベットのGoogle Play Storeの両方で、教育カテゴリ […]

デュオリンゴ 予想を上回る決算、見通しの引き上げで急騰

言語教育テクノロジー企業であるデュオリンゴ(DUOL)は3月12日のマーケット終了後、第1四半期決算を発表しました。 売上高は前年同期の5,540万ドルから8,120万ドルに増加し、予約高は前年同期の6580万ドルから1億250万ドルに増加しました。 同社は第1四半期に1,220万ドル(1株当たり31セント)の損失を計上しました。前年同期は1,350万ドル(1株当たり1.04ドル)の損失でした。 […]

デュオリンゴ 予想を上回る決算、見通しの発表で急騰

言語教育テクノロジー企業であるデュオリンゴ(DUOL)は3月3日のマーケット終了後、第4四半期決算を発表しました。 同社は第4四半期に1,750万ドル(1株当たり46セント)の損失を計上、前年同期は1,040万ドル(1株当たり82セント)の損失を計上していました。 売上高は前年同期の4,830万ドルに対し、7,300万ドルに増加しました。 ファクトセット調べのアナリストのコンセンサス予想では、売上 […]

2030年までに5倍の成長が期待できる高成長株2つ

2022年の株式市場は波乱含みのスタートとなりましたが、ポートフォリオを長期的な視点で見るのにこれほど適した時期はありません。テクノロジーを中心としたナスダック100指数は、今年に入ってすでに14%の下落となっていますが、過去10年間で481%の上昇を記録していることを忘れてはなりません。 独自のビジネスモデルと強力な財務実績により、2030年までに5倍の成長が期待できる高成長株をモトリーフールが […]

デュオリンゴ 57%下落した今が買いのチャンス

米国のテクノロジーセクターは2021年11月から始まった持続的な売りにさらされています。高成長の個別銘柄の多くは、50%以上も急落しており、定義上は弱気相場の領域に入っています。 歴史を振り返ると、このような市場の下落はしばしば買いのチャンスとなります。言語教育テクノロジー企業であるデュオリンゴ(DUOL)の株価は史上最高値である1株205ドルから57%も下落しています。 健全な基礎事業を持ち、対 […]

億り人になりたければ、20万ドルをこの銘柄に投資して2030年まで待ってみて(2)

多くの方に読んでいただいた「億り人になりたければ、20万ドルをこの銘柄に投資して2030年まで待ってみて(1)」の続編です。2030年までに5倍に成長する可能性があり、辛抱強い投資家に報いることができる2つの銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 デジタルオーシャン(DOCN) デジタルオーシャンは、Azureプラットフォームを持つマイクロソフト(MSFT)や、Amazo […]

デュオリンゴ 売上が予想を上回り、格上げ

言語学習アプリメーカーのデュオリンゴ(DUOL)が第3四半期に予想以上の増収を達成し、エバースコア ISIのアナリストであるマーク・マハニー氏が株価のレーティングを引き上げました。この結果、デュオリンゴの株価は11月11日に上昇しています。 デュオリンゴの第3四半期の売上高は6,360万ドルで、前年同期比40%増となり、同社のガイダンス範囲である6,300万ドルから6,600万ドル、およびアナリス […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG