CATEGORY

ドキュサイン DOCU

月まで飛ぶ勢いのあるスーパー・ハイテク株3つ

Meme stock(ミーム・ストック)の流行でよく使われるようになったフレーズ「To the moon」。「(自分が買った株や仮想通貨が)どこまでも値上がりするように」との願望を示すこの流行のフレーズをつけるのにふさわしい、月まで(そしてその先まで)飛ぶような勢いのあるハイテク株3つを紹介した記事がモトリーフールに掲載されていましたので、ご紹介します。 エヌビディア(NVDA) エヌビディア(N […]

ドキュサイン 決算発表で株価上昇

決算発表を受けてドキュサイン(DOCU)の株価が上昇しています。 4月30日に終了した四半期のの売上は、前年同期比58%増の4億6910万ドルで、1月の四半期の57%増からわずかに加速しました。これは、同社のガイダンスである4億3,200万ドルから4億3,600万ドルの範囲と、業界のコンセンサスである4億3,780万ドルの両方を大幅に上回りました。 当四半期の非GAAPベースの利益は1株当たり44 […]

ハイテク株暴落は長期的な成長の勝者を保有する絶好の機会

ベテラン・アナリストであるウェドブッシュのダニエル・アイブス氏が5月17日、、ローテーションやインフレ懸念がハイテク株の暴落をもたらしているにもかかわらず、このセクターに対する長期的な強気のテーゼは変わらないと述べています。 同氏は、今回のハイテク株の暴落は、投資家が今後3~5年間おけるハイテク株の長期的な成長の勝者を保有する機会を生み出したと考えています。 長期的な成長の勝者には、FAANGのハ […]

ドキュサイン 今がバーゲン価格でお買い得

ドキュサイン(DOCU)の株価は昨年、200%以上も上昇しました。パンデミックの発生とリモートワークへの移行により、電子署名のニーズが急増したからです。 ただ最近の株価の動きは冴えません。5月7日の終値で195.28ドルと2月の高値265ドルから26%も下がっています。決算発表は5月28日の予定ですので、その影響を受けたからではなく、グロース株からバリュー株へという全体の流れの影響を受けての下落と […]

ドキュサイン アナリストが買い推奨

大和キャピタルのアナリスト、スティーブン・バーシー氏は3月29日、ドキュサイン(DOCU)のカバレッジを開始し、「買い」のレーティングと239ドルの目標価格を設定しています。 同氏はドキュサインの現在の株価が割高であることは認めながらも、その長期的な成長見通しには強気であるとしています。 電子署名分野の先駆者として、同社は競合他社に対する圧倒的な優位性を効果的に活用しているとし、強力なブランドを構 […]

過去のデータから不安視されるテック株10

バーンスタインのテック専門アナリスト、Toni Sacconaghi氏が、過去のデータから今後が不安であると考える企業について、そのレポートの中で明らかにしています。 同氏が使った過去のデータはふたつ。ひとつは株価売上高倍率(PSR)。時価総額を年間売上高で割ったこの倍率が高いほど、株価は割高と判断されることが一般的です。 同氏がPSRが15倍以上の銘柄の1970年から2020年までの間のリターン […]

次の10倍株はこれ!(2021年2月版)詳細版・中編

「次の10倍株はこれ!(2021年2月版)」でご紹介した9つの銘柄に間する簡単な説明を詳細版として3回に分けてお届けします。前編に続く中編です。 レッドフィン(RDFN) レッドフィンは、インターネットを通じて不動産仲介事業を展開する。代理店への報酬を、従来型の販売手数料に対する割合ではなく給与で支払うユニークなビジネス・モデルを有することで知られている。この結果、住宅を売却する顧客に対し通常の仲 […]

次の10倍株はこれ!(2021年2月版)

以前ご紹介して大好評だった「次の10倍株(10-Baggers)はこれ!」その2月版をご紹介します。 この1ヶ月間(2021年2月12日〜3月12日)にモトリーフールに掲載された記事から10-Baggersという言葉が使われて推奨された銘柄をピックアップしました。 この1ヶ月間の騰落率をキーにソート。下落幅が大きかった順番に並べています。 会社名 ティッカー 株価(3/11) 株価(2/12) 騰 […]

金利懸念が遠のき、今が「買い」のハイテク株5つ

長期金利の上昇により、その魅力が薄れ、打撃を受けていた成長株。今週に入って長期金利は下げに転じ、先週までのような上昇局面は当面ないとの見方も増えてきたため、成長株、なかでもハイテク株に再び目をむける動きが出てきています。 そんな中、BTIG証券が、ナスダック総合指数(構成銘柄:約3千社)のうち時価総額上位100社(金融を除く)で構成されるナスダック100の構成銘柄をスクリーニング。2020年9月以 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG