CATEGORY

ペイパル PYPL

デジタル決済の両雄、ブロックとペイパルに買い推奨

2022年に大きく落ち込んだデジタル決済企業の両雄、ブロック(SQ)とペイパル・ホールディングス(PYPL)について2人のアナリストが強気の見方を示しました。 ベアードのデビッド・コニング氏は1月3日、これまで2年間、「ニュートラル」としていたブロックの格付けを「アウトパフォーム」に格上げしました。また、トゥルイストのアンドリュー・ジェフリー氏は「ホールド」としていたペイパルの格付けを「買い」に変 […]

ペイパル 決算発表後に下落もアナリストは長期展望を評価

11月3日に第3四半期決算を発表したペイパル・ホールディングス(PYPL)。好業績が発表された決算でしたが、投資家は同社の2022年の売上ガイダンスが100ベーシスポイントとわずかに下方修正されたことに懸念を抱いているようで4日のマーケットで株価は下落しています。 決算発表を受けてモルガン・スタンレーのアナリスト、ジェームズ・フォーセット氏はペイパルはコントロールできる状況下でうまく実行している」 […]

ペイパル 業績が予想を上回るも株価は時間外で下落

ペイパル・ホールディングス(PYPL)は11月3日、第3四半期決算を発表しました。 第3四半期の売上は68億5000万ドルで1株当たり1.15ドルの利益。調整後ベースでは、1株当たり1.08ドルの利益でした。 この数字は、ファクトセットが調査したアナリストのコンセンサス予想を大きく上回るもので、アナリストは売上高68億ドルで1株当たり63セントの利益。調整後ベースで1株当たり96セントの利益と予想 […]

ペイパル 風向きが変わりつつあり、2人のアナリストが格上げ

ペイパル・ホールディングス(PYPL)の株価は、電子商取引のトレンドが減速しポストパンデミックと呼ばれる世界でアナリストが予想を大幅に見直したため、今年に入って約50%も下落しました。 しかし、このところ風向きが変わって来ており、この1ヶ月足らずの間に2人のアナリストが格上げを行っています。レイモンド・ジェームズのアナリスト、ジョン・デイビス氏は9月14日、格付けを「マーケットパフォーム」から「ア […]

ペイパル 好決算を発表して時間外で急騰

ペイパル・ホールディングス(PYPL)は8月2日、第2四半期決算を発表しました。業績が予想を上回ったことやアクティビストのエリオット・マネジメントが大株主になったことが好感され、株価はアフターマーケットで11%高くなっています。 第2四半期の売上は68億ドルで1株当たり29セントの損失を出しました。しかし、税金費用と同社の戦略的投資ポートフォリオにおける純損失を調整すると、1株当たり93セントの利 […]

ペイパル 2022年の見通しを下方修正も売上高は予想を上回る

ペイパル・ホールディングス(PYPL)は4月27日、第1四半期決算を発表しました。第1四半期は堅実なスタートとなりましたが、決済量の弱含みに備え、通期の見通しを下方修正しました。 通期の調整後の1株当たり利益予想は3.81ドルから3.93ドルの範囲となり、事前予想の4.60ドルから4.75ドルに引き下げられました。純売上は11%から13%増加し、15%から17%という事前予想から減少する見込みです […]

インフレ耐性の強い3つのハイテク株

インフレは、多くの成長ハイテク銘柄に打撃を与えています。金利の上昇は利用可能な資金を減らし、債券投資の魅力を高めますが、これらはいずれも成長株にとって悪い材料です。 しかし、一部のハイテク株は、インフレ環境下でもより高い収益を上げることができるビジネスモデルを構築しています。そんなハイテク株をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 アマゾン(AMZN) アマゾンの株価は、ロック […]

フィンテック関連株は割安とウェルズ・ファーゴが買い推奨

カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置く米国の証券会社ウェルズ・ファーゴがフィンテック関連株について強気の見方を示しました。 アナリストのジェフ・キャントウェル氏は、4月5日、以下の13社を「強気のスタンス」でカバレッジし、すべてを買いに相当する「オーバーウェイト」に格付けしました。 Adyen (ADYEY)ビル・ドットコム・ホールディングス(BILL)フィデリティ・ナショナル・インフォメー […]

ペイパル 失望の決算発表に目標株価の引下げ相次ぐ

予想を下回る業績とガイダンスを発表したペイパル・ホールディングス(PYPL)の株価が2月2日の市場のマーケットで大きく下落しています。*「ペイパル 予想を下回る決算とガイダンスで急落」 株価は26%下落して130ドル近辺で取引されています。 同社は、2022年度の1株当たり利益を4.60ドルから4.75ドルと予想しており、予想の5.25ドルを下回っています。また、売上高の成長率は15%から17%と […]

ペイパル 予想を下回る決算とガイダンスで急落

2月1日の市場終了後に発表されたペイパル・ホールディングス(PYPL)の第4半期決算とガイダンスは予想を下回るものでした。 売上高は69億2,000万ドルと予想の68億9,000万ドルを上回りましたが、1株当たりの利益が1.11ドルとなり、予想の1.12ドルを下回りました。また、ペイパルは、2022年度の収益を4.60ドルから4.75ドルと予想しており、予想の5.25ドルを下回っています。 ペイパ […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG