4月に買いたい高利回りハイテク株3つ

  • 2022年4月13日
  • 2022年4月13日
  • BS余話

インフレと金利上昇により、ハイテクセクターの高価な「ハイパーグロース」銘柄の魅力が低下しています。ハイテク株の魅力が急速に薄れていますが、だからと言って全てのハイテク株から目を逸らせるのは早計です。ハイテク株の中にも安定した利益と低いバリュエーションで、より利回りの高い銘柄が存在します。そんなハイテク株をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。

シーゲイト・テクノロジー・ホールディングス(STX)

シーゲイト・テクノロジーは、企業・消費者市場向けデータストレージのためのハードディスクドライブ(HDD)の大手サプライヤーです。ここ数年、HDDは、より小型で高速、電力効率が高く、破損しにくいフラッシュベースのソリッド・ステート・ドライブ(SSD)との競争にさらされています。

シーゲイトのライバルであるウェスタンデジタル(WDC)は、このトレンドに対抗するため、ファーストパーティのフラッシュチップとSSDに進出しました。しかし、シーゲイトはHDDを倍増させ、代わりにコスト意識の高い企業やデータセンターの顧客に、より安価で大容量のドライブを販売することに注力しました。

この保守的な戦略により、シーゲイトは安定した成長と豊富なキャッシュを生み出し、そのほとんどを大規模な自社株買いや配当を通じて投資家に還元することができました。シーゲイトは、過去5年間で株式数を26%削減し、10年以上にわたって継続的に配当金を支払っています。

シーゲイトは3.3%の配当利回りを実現しており、3年連続で毎年配当金を引き上げています。過去12ヶ月のフリー・キャッシュ・フロー(FCF)の43%しか支払いに充てておらず、将来の増額余地は十分にあります。

シーゲイトは、サプライチェーンの課題やロックダウン後のPC販売の減速に直面していますが、クラウドおよびデータセンター事業の堅調な成長により、これらの逆風を相殺しつつあります。その結果、アナリストは2022年度(7月決算)の売上と利益がそれぞれ12%と58%成長すると予想しています。この成長率は、将来利益のわずか9倍で取引される銘柄としては驚異的なものです。

クアルコム(QCOM)

クアルコムは、モバイルベースバンド・モデムとシステムオンチップ(SoC)の世界最大のメーカーの1つです。これは、スマートフォンメーカー向けにCPU、GPU、モデムを1つのパッケージにまとめた便利な製品です。また、同社はワイヤレスに関する膨大な特許を所有しており、世界中で販売されるすべてのスマートフォンから利益を得ることができます。たとえそれが、同社のチップを使用していなくてもです。

スマートフォンの販売減速やその他のマクロ経済的な逆風を懸念する投資家の売りにより、クアルコムの株価は今年、25%を超える下落幅を記録しています。しかし、この下落により、クアルコムの将来株価収益率はわずか13に低下し、将来配当利回りは約2%に上昇しました。

クアルコムは過去12カ月間、FCFの41%を配当金に充当し、20年近く毎年増配を続けています。また、過去5年間で株式数を24%減少させています。

投資家はクアルコムの短期的な課題を懸念しているかもしれませんが、クアルコムは大規模な自社株買いと配当によってFCFのほとんど(昨年は74%)を投資家に還元しているため、主要ライバルであるメディアテックに対して高級スマートフォン市場でのシェアを伸ばし続けています。

アナリストは、今年の売上と利益はそれぞれ27%と39%成長するものの、2023年には減速すると予想しています。しかし、クアルコムはこれまでにも多くの景気後退を乗り越えてきており、今はこのチップメーカーの株をさらに積み増す良い機会かもしれません。

*過去記事「高騰する前に今買うべき5G関連銘柄3つ

ブロードコム(AVGO)

ブロードコム は、アップル(AAPL) の主要サプライヤーとして認識されており、昨年の売上の約 20 % をアップル向けが占めています。しかし、同社は、データ センター、ネットワーキング、ソフトウェア、ストレージ、および産業市場向けの幅広いチップも製造しています。また、売上の4分の1近くをインフラストラクチャー・ソフトウェアから得ています。

現在のブロードコムは、以前はアバゴ・テクノロジーズというシンガポールのチップメーカーでしたが、2016年に本家ブロードコムを買収してそのブランドを継承しています。

同社は通常の成長と合わせて大型買収による成長を続けており、2016年にネットワークスイッチメーカーのブロケード、2018年に企業向けソフトウェアプロバイダーのCA テクノロジーズ、2019年にシマンテックの企業向けセキュリティ事業を買収しています。

2016年から2021年にかけて、ブロードコムの年間売上は年平均成長率(CAGR)15.7%で増加し、調整後の1株当たり利益(EPS)はCAGR19.6%で増加しました。アナリストは、今年の売上と EPS はそれぞれさらに 16% と 27% 成長すると予想しています。

これらの成長率は素晴らしいものですが、ブロードコム の株価は将来利益のわずか 17 倍です。また、配当利回りは 2.8% と高く、10 年以上にわたって毎年配当金を引き上げています。過去 12 か月の配当金は FCF の 47% に過ぎず、今年も前年度の FCF の約半分を配当金に充てる予定です。

ブロードコム は、株主に優しい施策、多様性に富んだビジネス、低い評価額など、多くの魅力を持っており、この不安定な市場において安心して投資できる銘柄です。

*過去記事「市場が低迷している間に買うべき配当型ハイテク株2つ

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG