IBMが7月19日決算発表 ハイテク株の決算シーズンスタート

  • 2021年7月18日
  • 2021年7月18日
  • BS余話

7月19日のIBMの6月期決算の発表を皮切りに、ハイテク株の決算シーズンが始まります。

Embed from Getty Images

ウォールストリートのコンセンサスでは、IBMの売上高は183億ドル、前年同期比で約3%増、1株当たりの利益は2.29ドルと予想されています。

今期の他の多くのハイテク企業と同様に、IMBの業績も、低い数字だった前年同期との比較から恩恵を受けることになるでしょう。前年同期は、米国の国内総生産が34%減少したため、売上高は5.4%減少しました。

なお、9月期の予想は、売上高が176億ドル、1株当たりの利益が2.59ドルになるとしています。

IBMのビジネスは、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに対する企業の支出が回復することで利益を得られるはずです。調査会社ガートナー社は今週、2021年の情報技術関連支出が8.6%増加すると予測しており、2020年の0.9%増から大幅に改善するとしています。

市場は、IBMが現在申請中のマネージド情報サービス事業のスピンオフ(現在の社名はKyndyl)の財務詳細を待っています。同社は、この取引を年末までに完了させる予定であると述べています。

モルガン・スタンレーのアナリストであるケイティ・ヒューバティ氏は、6月期四半期の業績を予測するリサーチノートの中で、業績は市場予測と同程度になるだろうと書いています。

同氏は、持続的な成長に焦点を当てたArvind Krishina CEOの戦略を高く評価しており、2022年には株価がより良いパフォーマンスを示すようになると述べています。

同氏は、来年、IBMは新しいメインフレームのサイクルに入ると述べ、「歴史的に見て、株式はスピンオフの後にアウトパフォームし始める 」と見ています。また、IBMの機関投資家の保有率は依然として史上最低水準であると指摘しています。

ヒューバティ氏は、株価の目標値を152ドルとし、イコール・ウェイトの評価を維持しました。

エバーコア ISIのアナリストであるAmit Daryanani氏も同様に、業績は予想通りになると予想しています。同氏は、決算後の電話会議での最大の焦点は、Jim Whitehurst社長の退任をはじめとする、最近の同社における経営陣の交代劇であると述べています。

6月期四半期については、他のエンタープライズITベンダーが好調な業績を発表していることを同氏は指摘し、オラクルとアクセンチュアの両社の最新の数字を紹介しています。景気の回復により、小売業や旅行業などの市場の需要が高まるだろうと同氏は述べ、IBMの求人情報が5月に前年同月比と前月比の両方で大幅に増加したことを指摘しました。

Daryanani氏は、目標価格を150ドルに設定し、同株に対するイン・ラインの評価を維持しました。

7月16日、IBMの株価は約0.8%減の139.38ドルとなりました。同株は今年に入ってから現在までに12%上昇しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG