ツイッター 「パワーユーザー」向けサブスクリプションサービスを開始

ツイッター(TWTR)が、待望のサブスクリプションサービスを発表しました。これは、ソーシャルネットワークの広告収入への依存度を軽減するための取り組みの一環として、ツイートの取り消しや投稿の整理などの専用機能を有料会員に提供するもので、まずオーストラリアとカナダで展開すると発表されています。

「Twitter Blue」と名付けられたこの製品は、月額2.99ドルで、公開前の投稿を「取り消す」機能、ブックマークしたツイートをフォルダに整理する機能、長いツイートのスレッドをより簡単に読むことができる機能などを利用することができます。また、カスタマーサポートへの迅速な対応や、アプリの新しい色の選択、iOSデバイス上でのツイッターアプリのアイコンを変更する機能なども提供されます。

このサブスクリプション・モデルは、パンデミックによりデジタル広告への依存度が高まる中、ツイッターのビジネスの多様化につながる可能性があります。同社は、売上の85%以上を広告から得ており、残りはデータライセンス事業から得ています。昨年の第2四半期には、パンデミックの影響で世界中が閉鎖され、イベントが中止になったため、同社の売上は19%減少しました。Twitter Blueは、規模は小さくても、より安定した収益源となる可能性があります。

Twitter Blueは、ジャーナリスト、ソーシャルメディアマネージャー、ニュースソースとしてツイッターを利用しているユーザーなど、ツイッターの1日あたりの利用者数が2億人を超えるユーザーを対象としていると、サブスクリプションを担当するプロダクトリードのサラ・ベイクプール氏は述べています。

同氏は、また、「Twitter Blueは、最も熱心で、最も情熱的なスーパーユーザーであり、自分の体験を次のレベルに引き上げたいと考えているお客様を対象としています。このグループには何か特別なものがあり、私たちはそれを理解しようとしています」と述べています。

同社は、何年も前からサブスクリプションの販売を検討してきましたが、これまでは社内でのテストや調査に留まっていました。サービス開始時にはカナダとオーストラリアでしか利用できませんが、近いうちに他の市場にも拡大する予定だとベイクプール氏は述べています。

新サービスでは、ユーザーは、エンゲージメントボタンがなくても、複数のツイートをあたかも一つの長いコンテンツのように表示する「リーダーモード」で、長いスレッドを見ることができるようになります。

また、加入者の不満を解決するために専用のカスタマーサービスキューを設け、有料ユーザーには「送信取り消し」オプションを提供します。このオプションにより、ユーザーはツイートを公開した後に、そのツイートを呼び出して編集できる短い時間を設定することができます。これは、多くのユーザーが長い間切望していた編集ボタンとは異なり、事前に設定した時間が経過するまで、そのツイートは誰にも表示されません。

ベイクプール氏は、送信取り消し機能は、誤字脱字などの編集ボタンの「ユースケースの一部に役立つ」と述べ、他のオプションを検討する前に「ここから始めてフィードバックを得たい」としています。

最終的には、ツイッターはサブスクリプションサービスを拡大して、より多くの機能や特典を追加したいと考えており、同社は追加の製品を研究しているとベイクプール氏は述べています。複数のフィードを1つのダッシュボードで管理できる無料サービス「TweetDeck」は、基本サービスを無料で提供しながら、プレミアム機能やアクセスに課金する「フリーミアム」モデルに移行する可能性があるそうです。

同社は、人気のあるユーザーがソーシャルメディアのアカウントで収益を上げることを可能にする、他のサブスクリプションおよび決済製品を構築しています。ツイッターはここ数カ月の間に、ユーザーがフォローしている人に寄付できるチップ機能や、Spacesと呼ばれるアプリのライブオーディオルームへのアクセスに課金できるチケット商品など、クリエイター向けのツールを発表しました。

また、同社が取り組んでいる収益化プロジェクトの一つに、「Super Follows」という月額制の商品があります。これは、フォロワーにツイートやニュースレター、音声会話へのアクセスなどの限定コンテンツを提供するために課金するものです。シニアプロダクトマネージャーのEsther Crawford氏によると、この機能はまだ提供されていませんが、月額2.99ドル、4.99ドル、9.99ドルの3種類の価格設定を予定しているそうです。

ツイッターは、フェイスブック、グーグルの「YouTube」、スナップの「Snapchat」などの他のソーシャルネットワークに対抗するために、このような機能を追加する可能性があります。これらのソーシャルネットワークも、お金になる新しい製品でクリエイターを誘致しようとしています。

最新情報をチェックしよう!

ツイッター TWTRの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG