CATEGORY

ロク ROKU

ロク 過去最大の23%の暴落後も一部のアナリストは強気

ストリーミングTVソフトウェアおよびハードウェア企業であるロク(ROKU)の株価は、2月18日、22.3%減の112.46ドルで終了しました。これは、同社の1日の下落率としては過去最大であり、1日で時価総額の4分の1近くを失いました。2021年7月26日の史上最高値479.50ドルから77%も下落しています。*「ロク 売上が予想を下回り時間外で20%超の暴落」 Pivotal Researchのア […]

ロク 売上が予想を下回り時間外で20%超の暴落

第4四半期決算を発表したロク(ROKU)の株価が2月17日のアフターマーケットで20%を超える下落を見せています。 同社は第4四半期において、総売上高8億6530万ドルに対し、純利益2,370万ドル(1株当たり17セント)を計上しました。ファクトセットによると、ウォールストリートのコンセンサス予想は、売上高が8億9,400万ドル、1株当たりの利益が5セントでした。 アクティブアカウント数は、前年同 […]

ロクは次のネットフリックスになれるか

ネットフリックス(NFLX)は、DVD映画をレンタルする通販サービスとしてスタートしましたが、コンテンツのストリーミングに軸足を移したことが、現在のトップコンテンツプロバイダーになるための大きな一歩となりました。 ロク(ROKU)も同じような道を歩もうとしています。ストリーミング・ドングルとテレビ・ソフトウェアで業績を伸ばし、中立的なストリーミングプラットフォームから、オリジナルコンテンツの独自の […]

ロク アナリストの厳しい評価で下落幅拡大

成長株全体が大きく下落する中、ロク(ROKU)の株価は1月5日、11.72減の196.71ドルとより大きく下落しました。 これは、このほどロクのカバレッジを開始した、Atlantic Equitiesのアナリスト、ハミルトン・フェイバー氏が「アンダーウェイト」の格付けをしたことが影響しているようです。 同氏は、デジタルメディアプレーヤーを製造し、世界最大のストリーミング・プラットフォームの一つとな […]

ロク 2022年に巻き返しが期待できるストリーミングのトップ銘柄

ネットフリックス(NFLX)は間違いなく、インターネットを介して最高品質のコンテンツを視聴者に直接提供するストリーミング・エンターテインメントの先駆者です。現在の時価総額は2,700億ドルに迫り、会員数は2億1,400万人に達しています。このモンスター級の成功にあやかろうと、ライバル企業は顧客獲得のために独自のサービス展開して追い上げに懸命です。 ロク(ROKU)が魅力的な銘柄であるのは、そんなス […]

お手頃価格になった有望成長株3つ

ここ数ヶ月の調整により多くの成長株が大きく下落しています。以前は割高に思えた株の多くがより妥当なバリュエーションになっています。現在の割安な価格と有望な成長の見通しから、今おすすめの成長株をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 グロージェネレーション(GRWG) グロージェネレーションの知名度はまだ高くありません。しかし、同社は、カリフォルニア州からメイン州にかけての62店舗 […]

ロク ユニバーサル・エレクトロニクスが特許訴訟での勝利を主張したため急落

12月15日の市場全般が大きく上昇した中、ロク(ROKU)の株価は前日比8%減の203.94ドルと逆行安となってしまいました。 これはロクが特許を侵害していると訴えていたユニバーサル・エレクトロニクス(UEIC)が訴訟で勝利したと主張したためです。これを受けて同社株は5%上昇しました。 ユニバーサルによると、米国国際貿易委員会(ITC)は、ロクが同社の特許を侵害する「テレビ、セットトップボックス、 […]

ロク グーグルとの和解発表により急騰

12月8日、コネクテッドテレビのロク(ROKU)の株価は、同社のプラットフォームでのYouTubeストリーミングをめぐるグーグルとの紛争を解決したと発表したことで急上昇しました。 ロクは以前、グーグルの親会社であるアルファベット(GOOGL)がYouTubeのサービスをロクのプラットフォーム上で維持するための交渉を行っていた際に、グーグルを反競争的な行為であると非難していました。8日、ロクとグーグ […]

ロク 格下げで10%を超える大幅下落

ウォールストリートのアナリストが、コネクテッドテレビ企業、ロク(ROKU)のパンデミック後の見通しについての予想を引き下げたため、11月17日のロクの株価は約1年ぶりの大幅な下落を記録しています。 MoffettNathansonのアナリストであるMichael Nathanson氏は、17日のメモで、ロクの株式に対する評価を「ニュートラル」から「売り」に引き下げました。また、目標株価を330ドル […]

11月第1週の米国市場の動向

先週、11月第1週には今後の米国市場の行方を占うような各分野の銘柄の変動がありました。 エドテックの崩壊 先週最大の衝撃を与えたのは、高校生や大学生向けにオンラインで家庭教師や宿題の手伝いなどのサポートサービスを提供しているチェグ(CHGG)でした。 チェグの株価は、生徒数の減少を警告した後、50%も下落しました。株価のコロナ禍時代の上昇分は、今ではすべて消えてしまいました。 チェグは、一部の大学 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG