CATEGORY

データドッグ DDOG

データドッグ 好調な収益と明るい見通しを示すも株価は下落

クラウドベースのアプリケーションのための監視およびセキュリティソフトウェアのプロバイダーであるデータドッグ(DDOG)が5月5日の市場が始まる前に第1四半期決算を発表しました。 第1四半期の調整後利益は1株当たり24セントで、アナリストが予想していた11セントを上回りました。売上高は3億6,300万ドルで、こちらも予想の3億3,900万ドルを上回っています。同社は、3億3,400万ドルから3億3, […]

素晴らしい長期投資先となるクラウド関連株3つ

クラウド・コンピューティング市場は、多くの企業がビジネスをオンライン化したことにより、過去10年間で大幅に拡大しました。インターネットの高速化により、より多くのデータをオンラインで処理し、オンプレミスのソフトウェアをサブスクリプションベースのクラウドサービスに変換することが実用化されました。 しかし、この高成長市場はまだ成長を止めてはいません。Markets and Marketsによると、世界の […]

データドッグ そのツールへの需要が高いとアナリストが買い推奨

BTIGのアナリスト、グレイ・パウエル氏が、セキュリティ・ソフトウェア会社のデータドッグ(DDOG)は、電子商取引とリモートワークへの投資の増加から利益を得ることができると述べています。 同氏はデータドッグの目標株価を175ドルとし、同社が今後数年間、30%台後半の平均売上成長を維持するとの見通しを示しています。ファクトセットによると、ウォール街のコンセンサス予想は、2023年の売上高が20億ドル […]

ナスダックがベア入りした今だからこそ買うべきグロース株3つ

世界の株式市場は、2021年11月に始まった不確実性の高い株価の動きに苦しんでいます。高インフレ、金利上昇、欧州全域の地政学的緊張などによって市場は冷え込み、ナスダック100テクノロジー指数は20%安となって、テクニカル的にベアマーケットに突入しました。 しかし、悪いニュースばかりではありません。辛抱強く中長期的スタンスで取り組む投資家にとっては、現在の弱気相場は長期的な買い場となるかもしれません […]

データドッグ その将来が期待できる5つの明るい要素

データドッグ(DDOG)の株価は、第4四半期の業績を発表した後、2月10日に12%上昇しました。 売上高は、前年同期比84%増の3億2,620万ドルで、予想を3,480万ドル上回りました。調整後の純利益は、前年同期比268%増の7,020万ドル(1株当たり0.20ドル)となり、これも予想を9セント上回りました。 決算報告を掘り下げて見てみると、この高成長企業の将来性を示す5つの明るい要素が見えてき […]

データドッグ アナリストの前向きな評価相次ぐ

2月10日の市場が始まる前に第4四半期決算を発表したデータドッグ(DDOG)。*「データドッグ 好決算と明るい見通しで大幅上昇」 業績予想を上回り、今後の見通しも明るいとあってアナリストから前向きな評価が相次いでいます。 RBCキャピタル・マーケッツのアナリストであるマシュー・ヘドバーグ氏は、今回の業績報告のハイライトは、12%の売上高の増加であると述べています。 「これは19年第3四半期以降で最 […]

データドッグ 好決算と明るい見通しで大幅上昇

クラウドベースのアプリケーションのための監視およびセキュリティソフトウェアのプロバイダーであるデータドッグ(DDOG)が2月10日の市場が始まる前に第4四半期決算を発表、業績予想を上回り、今後の見通しも明るいことから、時間外取引で10%以上アップと大幅に上昇しています。 同社は、第4四半期に3億2,620万ドルの売上を上げ、1株当たり20セントの利益を得ました。 ファクトセットのまとめによるとアナ […]

マイクロソフトの好決算が確認された今、注目すべき11銘柄

マイクロソフト(MSFT)の好決算が前日1月25日に発表されて、26日の米国市場は一挙に好転しています。「マイクロソフト 好決算を発表、株価は一時の下落から上昇へ」 防波堤としての機能を期待されていたマイクロソフトが見事にその期待に応えてくれました。マイクロソフトの明るいガイダンスはウォールストリートの注目を集めましたが、同社の業績の詳細は、企業向けソフトウェアやクラウドコンピューティングの同業他 […]

データドッグに投資すべき3つの理由

デジタル化が進む今日の世界では、企業が成功するためには信頼できる技術インフラが必要です。顧客は、ストリーミングビデオ、オンライン購入、投資取引などの際に、中断やハングアップを望んでいません。 データドッグ(DDOG) は、技術的な問題の発生を完全に防ぐことはできませんが、その監視プラットフォームは、システムを運用する人々に、そのような問題が発生する前に予防的な洞察や早期警告を与えることに長けていま […]

J.P.モルガンの厳しい評価によりアドビをはじめとするソフトウェア株が急降下

J.P.モルガンのソフトウェアアナリストであるスターリング・オーティ氏は、2022年に向けたグループの再評価の一環として、アドビをはじめとする十数銘柄を格下げしました。 オーティ氏は、長文のリサーチノートの中で、ソフトウェアの評価を決定する一番の要因は、依然として成長率であると述べています。 「これは2000年以降一貫していることで、成長率が維持できるか、あるいはバリュエーションを維持するための許 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG