CATEGORY

エアビーアンドビー ABNB

エアビーアンドビー 短期的な見通しへの懸念で格下げ

オンライン旅行代理店関連銘柄は、9月四半期に堅調な成長を記録しました。エクスペディア(EXPE) は22%の増収を記録し、ライバルのブッキング・ホールディングス(BKNG)も29%の増収、エアビーアンドビー(ABNB )も29%の増収を記録しています。 しかし、高いインフレ率とマクロ経済環境の軟化によってこのセクターが影響を受けることが避けられないとの投資家の懸念が高まっています。このような中、ベ […]

エアビーアンドビー 業績は予想を上回るもガイダンスへの失望で下落

エアビーアンドビー(ABNB)は11月1日の市場終了後、第3四半期決算を発表しました。 第3四半期の売上は29億ドルで、前年同期比29%増(為替調整後では36%増)、同社のガイダンス範囲である27億8000万〜28億ドル、アナリストのコンセンサス予想の28億4000万ドルの両方をわずかに上回りました。利益は1株当たり1.79ドルで、コンセンサス予想の1.47ドルを上回りました。 売上総利益は156 […]

エアビーアンドビー 金利上昇で利益を得ることができるグロース株

エアビーアンドビー(ABNB)は世界最大のオンライン代替宿泊旅行代理店です。エアビーアンドビーのマーケットプレイスには豊富な選択肢があり、大都市やその近郊のホテルに宿泊するよりも低コストで、プライバシーも確保できる物件が多くあります。 同社はホームシェアリングでほぼ独占状態にあり、市場シェアは推定74%です。フリーキャッシュフローを大量に生み出し、1兆ドル以上の市場と評価される旅行業界のディスラプ […]

旅行需要の回復でエアビーアンドビーに買い推奨

バーンスタインのアナリスト、リチャード・クラーク氏がエアビーアンドビー(ABNB)のカバレッジを開始し、格付けを「アウトパフォーム」、目標株価を143ドルに設定したことを発表しました。 「エアビーアンドビーは旅行業界ではユニークな企業であり、忠実な顧客を中心に構築された堀を持つ高級以下の価格帯に設定された意欲的なブランド」だとし、バケーションレンタル分野における同社の優位性を評価しています。 同氏 […]

エアビーアンドビー 10万人のウクライナ難民の避難所を支援と発表

ロシアの侵攻以来、ウクライナから逃れた600万人以上のうち、10万人がエアビーアンドビー(ABNB)を通じて無料の一時避難所を見つけたと、同社は9月1日に発表しました。 160カ国、約48,000のエアビーアンドビーのホストが、ウクライナから逃げてきた人々に宿泊を提供したとのことです。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、ロシアの侵攻以来、推定630万人がウクライナからし出国したそうです […]

エアビーアンドビー 第2四半期の売上が予想に届かず時間外で下落

エアビーアンドビー(ABNB)は8月2日の市場終了後、第2四半期決算を発表しました。業績はほぼ同社の見込み通りだったものの、投資家が期待していたほどではなかったようで、株価は決算発表後の時間外取引で8%ほど下落しています。 売上高は前年同期比58%増の21億ドルで、会社予想の20億3000万ドル〜21億3000万ドルとほぼ同じでしたが、アナリストのコンセンサス予想の21億1000万ドルを若干下回る […]

エアビーアンドビー等オンライン旅行銘柄の決算プレビュー

今週8月第1週は、エアビーアンドビー(ABNB)、エクスペディア(EXPE)、ブッキング(BKNG)が6月期の決算を発表し、オンライン旅行セクターにとって大きな1週間となりそうです。 発表を前にアナリストが第2四半期決算のプレビューノートを発表していますが、ほとんどが第2四半期の業績は好調に推移すると考えている一方で、第3四半期の見通しについては、意見が分かれています。 そして、最も問われているの […]

エアビーアンドビーが魅力的に見える3つの理由

旅行業界の多くの銘柄には多くの懸念される点がありますが、エアビーアンドビー(ABNB)はこれらの懸念に耐えうるように見えます。旅行需要が長期的にも短期的にも高まる中、エアビーアンドビーが同業他社よりも優位に立ち、パフォーマンスを上げる可能性がある理由は以下の通りです。 旅行需要の高まり ここ何年か旅行の抑制を余儀なくされた後、米国の消費者はこの夏、休暇に行きたくてうずうずしています。米国旅行協会の […]

売られ過ぎの3つの株を購入することで人生を豊かに

弱気相場の現在は、実力以上に売られ過ぎの銘柄を選別し購入する絶好の機会です。市場が反転したときに容易に立ち直り、長期間の利益をもたらしてくれる優良銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 ショッピファイ(SHOP) eコマース大手のショッピファイの株価は今年に入って76%下落しています。ハイテク株や小売株は敬遠され、どんな不況にも耐えうる堅実なバリュー株が好まれています。 […]

この夏買うべき大きく下落した2つのサマーストック

消費者の消費がモノからサービスへとシフトするこの夏、投資家が買うべき旬な銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 ウォルト・ディズニー(DIS) テーマパークを含むディズニー部門は、ここ数四半期、好調に推移しています。4月2日に終了した直近の四半期では、売上高が前年同期比2倍以上の66億ドルに達しました。テーマパークでの消費者支出は、コロナ流行前の2019年の同四半期と比較 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG