CATEGORY

デジタルオーシャン DOCN

デジタルオーシャン 20%の値上げで顧客の忠誠心を試す

中小企業専用のクラウドプラットフォームを提供するデジタルオーシャン(DOCN)が7月1日、値上げを予定しています。 同社の現在の価格は、基本的な仮想サーバは月額5ドル、クラウドストレージは1ギガバイトあたり0.02ドル、マネージドデータベースは月額15ドルからと、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)を下回る価格で提供されています。開発者は、迅速かつ安価にリソースを立ち上げ、ボタンをクリックするだけ […]

デジタルオーシャン 今すぐ投資したい4つの理由

これだけ多くの銘柄が売られると目移りして困りますが、そんな中でもより魅力的になって来ているのが、デジタルオーシャン(DOCN)です。 デジタルファーストの世界で競争力を維持するために、あらゆる規模の企業がクラウド技術を採用するようになってきています。大企業には、アマゾン、マイクロソフト、アルファベットなど、クラウドの野望を実現するための熱心なパートナーが複数いる一方で、中小企業はしばしば、自分たち […]

デジタルオーシャン 長期的な展望の明るさから逆行高

多くの成長株、テック株が大きく下落した5月6日の市場でデジタルオーシャン(DOCN)が一時7%近く上昇、終値は0.48%増の35.83ドルと逆行高となりました。 クラウドコンピューティング・プロバイダーである同社は5月5日に発表した第1四半期で1株当たり利益がコンセンサス予想に届かなかったため5日の市場では20%近く下落しました。「デジタルオーシャン 1株当たり利益の未達で大幅下落」 5日に引き続 […]

デジタルオーシャン 1株当たり利益の未達で大幅下落

デジタルオーシャン(DOCN)は5月5日の市場が開く前に第1四半期決算を発表しました。 売上高は前年同期比36%増の1億2,730万ドルに達し、アナリスト予想の1億2,630万ドルをわずかに上回りましたが、調整後(非GAAP基準)の1株当たり利益が0.07ドルで、アナリストのコンセンサス予想0.12ドルを下回ってしまいました。 このボトムラインの未達が株価の大幅な下落を招いています。発表後のプレマ […]

この3銘柄に10万ドル投資すれば10年後には億り人

10万ドルを今後10年間で100万ドルにしたいと願う投資家へ、その可能性を持つ3つのハイテク株をモトリーフールが推奨していますので、ご紹介します。 ブロック(SQ) ブロックは、多くの先進国でフィンテックの中心となる企業として位置づけられています。ビジネス向けのスクエア・エコシステムとキャッシュアプリは、新規市場への進出と既存国での事業範囲の拡大により成長を続けています。 ブロックは今年初め、スペ […]

デジタルオーシャン 中小企業向けクラウドサービスの力強い成長で株価が急上昇

デジタルオーシャン(DOCN)は2月24日の市場が開く前に堅調な第4四半期決算を発表し、CEOのYancey Spurli氏は、今後何年にもわたって大きな成長が続くと見ていると述べました。 第4四半期の売上は、前年同期比37%増の1億1,970万ドルで、ウォール街のコンセンサス予想である1億1,910万ドルをわずかに上回りました。調整後ベースでは、1株当たり10セントの利益となり、アナリストの予想 […]

2月に購入すべきトップクラウド銘柄3つ

ある情報筋によると、世界のクラウドコンピューティング市場は、2026年には9,000億ドルを超えると推定されています。この見積もりが少々強引だとしても、この市場が広大で急成長していることは間違いありません。 クラウドコンピューティングビジネスは活況を呈しており、今後もその状態が続くはずです。そんなクラウド市場で投資家に長期的に報いてくれるトップ銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹 […]

デジタルオーシャン 今が保有の好機

デジタルオーシャン(DOCN)の株価は、2021年に驚くほどの好成績を収めましたが、最近になって下落しています。先週の後半に持ち直しましたが、過去1カ月間で、株価は20%以上下落しています。しかし、これは主に、ハイテクセクター全体がここ数カ月間低調であることの影響を受けたものです。 今回の下落はビジネスのパフォーマンスがもたらしたものではありません。実際のところ、デジタルオーシャンは極めて順調に業 […]

NISAは10倍株枠 2022年は何を選ぶ?

もうすぐ来年2022年のNISA枠が使えるようになります。2014年にNISAが生まれてから7年。私は毎年、この枠を米国株に使っています。 最も成功した例と最も失敗した例だけ書きますと、最も成功したのは2014年と2015年のアマゾン(AMZN)。この2年は上限が100万円だったのですが、ともに目一杯使ってアマゾンを購入しました。 結果は2014年が10倍、2015年が5倍という大成功。ロールオー […]

2022年に買いたいトップIPO株3つ

現在、米国市場における成長株は調整局面にあると言って良いかと思います。そんななか、多くの成長株の株価が大きく下落していますが、そのなかには今年のIPO(新規株式公開)銘柄も含まれており、特に上場したばかりで不安定な立場にあるだけに株価が変動しやすくなっています。 しかし、今回の売りは、長期的な視点を持つ投資家にとっては、またとない素晴らしい買い場に見えます。2021年のIPOの中で、今後の将来性が […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG