パランティア 増収も収益が予想を下回り大幅下落

パランティア・テクノロジーズ(PLTR)の株価は、第4四半期に予想以上の増収を記録し、ウォール街の予想を上回る第1四半期のガイダンスを出したにもかかわらず、1株当たりの収益が予想を下回ったため、2月17日の市場で13%減の12ドルと大きく下落しています。

第4四半期のパランティアの売上は、前年同期比34%増の4億3,300万ドルで、同社の目標値である4億1,800万ドルを上回りました。また、調整後の1株当たりの収益は2セントで、市場予想を2セント下回りました。一般に公正妥当と認められた会計原則では、同社は当四半期、1株当たり8セントの損失を計上しました。

データ分析ソフトウェア企業である同社は、第4四半期の商業売上が47%増加したと発表しました。これには、米国の商業事業の132%の成長が含まれます。政府契約収入は26%増加しました。

同社は、第4四半期に100万ドル以上の取引を64件、500万ドル以上の取引を27件、1,000万ドル以上の取引を19件成立させたことも発表しています。

通年では、売上高は15億4,000万ドルで、41%の増加となりました。商業部門の売上は34%増の6億4,500万ドル、政府部門の収益は47%増の8億9,700万ドルでした。

パランティアの最高執行責任者(COO)であるShyam Sankar氏は、バロンズとのインタビューで、同社の米国における商業事業が2021年に2年連続で倍増したことを指摘しました。

また、2021年を通して商業売上の伸びが加速したことにも言及し、同社の米国の商業顧客は、1年前の17社から現在は80社になったと述べています。米国の商業事業は現在、売上の13%を占めており、過去2年間で2倍以上に増加しています。

Sankar氏によると、この成長は同社の米国販売組織の構築を反映しており、2021年には175人を追加する予定です。また、2022年にはヨーロッパに直販部隊を設置する予定です。

パランティアは、第1四半期の売上高を4億4,700万ドルと予想しており、ウォール街のコンセンサス予想である4億3,900万ドルをやや上回り、調整後の営業利益率は第4四半期の29%から23%に低下しています。

また、通期の営業利益率は、2021年の31%から27%に低下すると見ています。Sankar氏は、営業利益率の低下は、より多くの従業員がオフィスに戻ることと、企業の出張が増えることの両方を見込んでいることを反映していると述べています。

パランティアは、2025年までの年間売上成長率を30%以上とする見通しを改めて示しました。

昨年、SPAC合併により上場する企業に関連するプライベートエクイティラウンドに投資するという戦略について質問されたSankar氏は、SPAC市場が閑散としているため、パランティアはこの戦略を減速したと述べました。しかし、パランティアのファウンドリー・ソフトウェアプラットフォームを採用している中小企業への投資機会はまだあると付け加えています。

*過去記事「パランティアは2022年に爆発するか?

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG