ネットフリックス 肯定的評価相次ぐ

10月19日に2021年7〜9月期決算を発表したネットフリックス(NFLX)「ネットフリックス 9月期決算発表

ドイツ銀行のアナリストであるブライアン・クラフト氏は、このニュースを受けて、ネットフリックスの格付けを「買い」から「ホールド」に引き下げ、株価の目標値を590ドルに据え置きました。これは、現在の水準よりも約5%低い水準です。

クラフト氏は、「ネットフリックスの第4四半期のコンテンツが非常に好調であることや、第4四半期の純増数にオプション性をもたらすことに対する市場の熱狂を共有する一方で、第4四半期の加入者数が上回ることは、すでに株価に織り込み済みであると考えている」と述べています。

しかし、このような弱気な意見は少数派です。少なくとも、12人のアナリストが目標株価を引き上げています。

モルガン・スタンレーのアナリストであるベンジャミン・スウィンバーン氏は、オーバーウェイトの評価を繰り返し、目標値を675ドルから700ドルに引き上げました。

同氏は、第4四半期の強力なガイダンスは、予想を上回る第3四半期の業績に基づいており、過去18ヶ月間に見られたコロナによる事業への影響が薄れ始める中で、ネットフリックスへの投資のケースが強化されると述べています。

「2021年の第1四半期から第3四半期にかけて、ネットフリックスの顧客数の伸びは明らかにネットフリックスらしくないものだった。第4四半期の純増数が850万人のガイダンス通りかそれに近い数字を達成し、予想以上に好調な第3四半期の純増数を受けて、明らかに軌道に乗ったように見える。」 と同氏は書いています。

また、ベースビジネスの見通しの強化に加えて、ゲーム、消費者向け製品、フランチャイズ開発などの新規ビジネス分野に「安価なコールオプション」があるとも述べています。

同様に、エバーコアISIのアナリストであるマーク・マハニー氏は、アウトパフォームの評価を繰り返す一方で、目標値を695ドルから710ドルに引き上げました。マハニー氏は、「Green Light!」という見出しのリサーチノートの中で、同社が「堅調な」四半期を記録したと書いています。

最も重要な点は、第4四半期の加入者数の予測値850万人が、2018年以降に同社が報告してきた第4四半期の加入者数800万人から900万人に匹敵することであり、「コロナによるプルフォワードの逆風がようやく同社の背後にあることを示している」と述べています。

同氏は、2025年までに1株あたり30ドルの利益を上げ、3年以内に900ドルの株価を実現する道筋を引き続き見ていると述べています。

ウィリアム・ブレアのアナリストであるラルフ・シャカート氏も、時間の経過とともに株価が大幅に上昇すると予想しています。

同氏の財務モデルでは、2025年までに30%の複合的な利益成長を実現し、同年末までに全世界で3億2,600万人の加入者を獲得し、ユーザー1人当たりの平均収入は年率10%の成長を遂げ、営業利益率は30%に達するとしています。

株価は2025年までに980ドルに達する可能性があると、同氏は予測しています。

ネットフリックスの株価は、第3四半期の業績が予想を上回ったにもかかわらず、10月20日の市場では下落しています。これは、2ヶ月間で25%の上昇を記録した後で、一部の投資家が利益確定を行ったためだと思われます。

最新情報をチェックしよう!

ネットフリックス NFLXの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG