ネットフリックス アナリストが目標株価引上げ

  • 2021年10月8日
  • 2021年10月8日
  • BS余話

J.P.モルガンのアナリスト、ダグ・アンマス氏は10月7日のメモで、ネットフリックス(NFLX)を「オーバーウェイト」とし、2022年12月の目標株価を705ドルとすることを改めて表明しました。10月7日の終値は、前日比1.13%減の631.85ドルとなっています。

アンマス氏は、9月にリリースされた韓国語のサバイバル・スリラー「イカゲーム」が予想外の人気となっていることから、現在の投資家が予想している第3四半期の加入者純増数約350万人や第4四半期の加入者純増数は保守的ではないかと論じています。

この作品は、TikTokなどのソーシャル・メディア・アプリケーションでバイラル的な成功を収めており、経営陣は、「イカゲーム」がプラットフォーム最大のオリジナルヒット作になる可能性があると述べています。

同氏は、Apptopiaのデータを引用し、アジア太平洋地域における9月のダウンロード数が前年同月比で22%増加したことを指摘し、この地域のポテンシャルの高さを示しているとしています。

「重要なのは、イカゲームが、普及率の低いAPAC地域をさらに開拓するのに役立つということであり、ローカルコンテンツがグローバルに通用するもう一つの例である」とアンマス氏は書いています。

アンマス氏は、第4四半期は強力なコンテンツが揃うと考えており、大ヒット番組「ウィッチャー」、「エミリー、パリへ行く」、「ペーパーハウス」、「コブラ会」の新エピソードや、話題の映画「ドント・ルック・アップ」、「レッド・ノーティス」、「The Unforgivable」などが加入者数の増加を牽引すると見ています。

「(第3四半期に強化された)コンテンツスレートは年末にかけて増加し、(第4四半期は)NFLXにとって過去最高のコンテンツ四半期になると確信しています」と同氏は述べています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG