アマゾン 決算発表への期待高まる

アマゾン(AMZN)が7月29日に発表する6月の四半期決算で、爆発的な業績を上げるのではないかとの期待が高まっています。

Embed from Getty Images

ただ、経済が完全に再開された後、同社の猛烈な成長率が鈍化するかどうかについては、懸念が残っています。

アマゾンは、売上高を1,100億ドルから1,160億ドル、営業利益を45億ドルから80億ドルの範囲で予測しています。

市場のコンセンサスでは、売上高1,154億ドル、営業利益78億ドル、1株当たり利益12.28ドルとなっています。

業績への期待が高まっている背景には、いくつかの理由があります。

ひとつには、これまでのパターンがあるからです。昨年春にパンデミックが発生して以来、同社はすべての四半期で予想を上回っています。

電子商取引とAWSのクラウドコンピューティング事業は、引き続き高い成長が見込まれており、スナップとツイッターの先週の好調な業績報告は、アマゾンが過小評価されている広告事業の成長を加速させる可能性を示唆しています。


ウェドブッシュのアナリストであるマイケル・パクター氏は、アマゾンの収益性は、売上高が増えても営業費用の増加が見られないため、引き続き改善されるはずだと書いています。

パクター氏は、AWS、広告、フルフィルメント事業のすべてが安定した利益率の拡大をもたらし、アマゾンプライム会員サービスの成長が小売業の売上拡大を牽引すると考えています。

同氏は、2021年の売上成長率は昨年の38%から27%に鈍化すると予測していますが、それでもパンデミック前の2019年の20%の成長率を上回ることになります。

同氏は、アウトパフォームの評価と4,300ドルの目標価格を繰り返しています。


クレディ・スイスのアナリスト、スティーブン・ジュ氏も同様にアウトパフォームの評価を繰り返していますが、目標株価を4,000ドルから4,850ドルに引き上げています。

同氏は、アマゾンがEコマースのインフラに積極的に投資しており、当日配送のサービスを拡大していく可能性が高いと指摘しています。

「アマゾンは、集中的な設備投資の後、相対的な収穫サイクルに入るはずだ」と書いています。

営業利益率の拡大が見込まれ、広告事業によってフリーキャッシュフローが予想以上に増加する可能性があると同氏は見ています。また、AWSの売上予測には「上方バイアス」がかかっているとしています。


BofAグローバル証券のアナリストであるジャスティン・ポスト氏は、「買い」の評価を維持していますが、目標価格を4,360ドルから4,350ドルに引き下げています。

同氏は、ここから先の展開について、わずかな懸念を抱いています。

6月期の業績は予想通りになると考えていますが、9月期の業績については、米国政府の景気刺激策の効果が薄れ、実店舗が再開されるなど、Eコマース事業に「逆風」が吹くことを懸念して、予想を下方修正しました。

同氏は、9月の四半期報告書で第4四半期のガイダンスをアマゾンが発表し、そこで「より正常な成長指数」を得られれば、株価はより良いパフォーマンスを示すだろうと述べています。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG