ネットフリックス 決算発表に期待されること

  • 2021年7月20日
  • 2021年7月27日
  • BS余話

ネットフリックス(NFLX)は7月20日のマーケット終了後に6月期決算を発表します。

Embed from Getty Images

注目が集まっているのは、加入者数の増加の見通しです。

同社は、2020年に3,660万人の加入者を獲得し、合計で2億人以上の加入者を増やしました。これは、Covid-19ロックダウン中に多くの消費者が同社のビデオストリーミング・サービスを利用したためです。

しかし、投資家は、パンデミック時に新規制作が制限された結果コンテンツが少なくなったこと、昨年の大きな成長による「先食い」効果、一部の市場での最近の値上げなどが重なり、減速を懸念しています。

3月期の新規加入者数は400万人で、当初予想より200万人少なく、6月期の新規加入者数は100万人と同社は予想していました。

6月期の業績見通しは、売上高73億ドル、1株当たり利益3.16ドルとなっており、業界の予測は同社の予測とほぼ一致しています。市場は110万人の純増と見ています。

第3四半期の売上高は74億8,000万ドル、利益は1株当たり2.17ドルに減少すると見ています。第3四半期の加入者純増数は560万人とされていますが、この数字が発表されたときに最も株価の動きに影響を与えると見られます。

もうひとつの注目点は、話題にはなっているものの、これまで発表されていないビデオゲームのストリーミング市場への参入計画についての言及があるかということです。

エバーコアのアナリストであるマーク・マハニー氏は、決算発表のプレビューノートの中で、「ややソフトなコンテンツ群」や「一部の国際市場でのディズニーやHBOとの競争開始」などを考慮すると、9月期の加入者数の伸びについての見通しが強すぎるのではないかと懸念しています。しかし、同氏は、アウトパフォームの評価と655ドルの目標価格を維持しています。

モルガン・スタンレーのアナリストであるベンジャミン・スウィンバーン氏は、消費者経済の回復と2020年の制作遅延の影響の組み合わせが、第2四半期の業績と第3四半期のガイダンスの両方に影響与えるのではと危惧しています。

同氏は、9月期の純増数を400万人と予想していますが、これは業界のコンセンサスを大幅に下回っています。しかし、同氏は、「さらに多くのコンテンツが登場する」と述べ、第4四半期以降、加入者数の増加が加速すると予想しています。同氏は、オーバーウェイトの評価と650ドルの目標価格を維持しています。

BofAグローバル・リサーチ社のアナリストであるナット・シンドラー氏は、投資家が注目するのはガイダンス全般と特に加入者数の伸びであり、6月の四半期決算は「無関係」になるだろうと書いています。

大ヒットSFシリーズ「ストレンジャー・シングス」の新シーズンなど、下半期の「ビッグコンテンツの投入」が、来年の加入者数の伸びを牽引するだろうと同氏は見ています。同氏は、「買い」の評価と680ドルの目標価格を維持しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG