スクエアに買い推奨 音楽事業への進出を評価

  • 2021年3月19日
  • 2021年3月19日
  • BS余話

グッゲンハイムのアナリスト、ジェフ・キャントウェル氏は3月18日、スクエア(SQ)の「買い」評価を継続し、目標株価を288ドルから290ドルに引き上げました。

同社による音楽ストリーミングサービス「タイダル」の買収を評価。まだ初期段階ではあるが、両社の間に明確な相乗効果があることから、タイダルの買収はスクエアにとって重要な意味を持つと考えているとしています。

スクエアは3月4日、ジェイ・Zが共同所有するタイダルの過半数の株式を、現金と株式で2億9700万ドルで購入する計画を発表。ジェイ・Zはスクエアの取締役に就任することが決まっています。

加入者数300万人と推定される小規模なストリーミングサービスに3億ドル近くを支払うことを疑問視する向きもありますが、キャントウェル氏は、タイダルを加えることでスクエアの決済アプリを音楽・エンターテインメント事業に拡大することになり、最終的にスクエアに1億1,000万ドルの年間売上増をもたらすと予想しています。

タイダルはストリーミングでは大きなプレーヤーではありませんが、他のサービスよりも若干高いロイヤリティを支払っていることもあり、アーティストに人気があります。また、タイダルは、グッズやコンサート、ビデオなどのコンテンツを宣伝しており、ミュージシャンとファンをつなぐソーシャルメディアの架け橋としても活用できると見られます。

タイダルの共同所有者には、ビヨンセ、クリス・マーティン、リアーナ、マドンナなどおり、インスタグラムのフォロワー数が1億6900万人のビヨンセが参加することによる “ハロー効果 “は相当なものになるとキャントウェル氏は見ています。

同氏は、スクエアが、音楽レッスンやコンサート、グッズなど、エンターテインメント業界の収益源のための決済プラットフォームになると見ています。

Cash Appは現在、3600万人の月間アクティブユーザーを抱えており、「熱心で技術に精通した消費者のコミュニティ」であると同氏は評していますが、ミュージシャンがより多くの収入を得るためにスクエアが役立つことは想像に難くありません。スクエアは、ミュージシャンがCash AppやSeller Appを利用するインセンティブとして、口座を開設して口座振替を利用すれば、ストリームごとの収入ボーナスを彼らに提供することもできます。


興味深い推奨内容ではあるものの、これがスクエアにどれだけの収益をもたらすかは、そう簡単に定量化できるものではなく、年間1億1,000万ドルの追加収入があっても、スクエアの損益計算書や最近低迷している株価にはあまり影響がないかもしれない。目標株価290ドルは、2022年の推定売上の11倍の倍率となるが、ビヨンセとジェイ・Zが参加しているとはいえ、市場の基準からするとまだかなり割高である。

と、買い推奨を紹介したバロンズは評しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG