CATEGORY

BS余話

アナリストの推奨でクラウドテレコム関連株が上昇

ニーダムのアナリストであるライアン・クーンツ氏の強気のコメントで、クラウドテレコム関連株が6月22日、上昇しています。 リングセントラル(RNG)の株価は、同氏がカバレッジを開始し、「買い」の評価と360ドルの目標価格を設定、ニーダムの「確信リスト」に加えたことで上昇しました。 リングセントラルを、「ユニファイド・コミュニケーション・アズ・ア・サービス」(UCaaS)と呼ばれる分野の「グローバル・ […]

医師向けSaaSのDoximity 2021年で最もホットなIPO

医師向けのSaaSプラットフォームであるDoximityが今週末上場します。 一般的にあまり知られていませんが、この医療従事者向けのクラウドベースのデジタルプラットフォームを知らない医師を見つけるのは難しいと言われるほど医療業界ではよく知られた企業です。 Doximityは、医療従事者の生産性を高め、患者により良いケアを提供することを目的に、2011年に医療従事者を念頭に置いて設立されました。Do […]

リーガルズームが6月末にIPO  評価額は50億ドル以上も

6月21日、リーガルズーム(LegalZoom)が新規株式公開の条件を設定しました。カリフォルニア州グレンデールにある同社は、約1,910万株をそれぞれ24ドルから27ドルで提供すると、取引のための目論見書に記載されています。同社は、ナスダックにLZというティッカーで上場する予定です。 14の投資銀行がこのIPOに取り組んでおり、JPモルガン、モルガン・スタンレー、バークレイズが主幹事を務めると目 […]

ペイパル デジタル料金値上げをアナリストが評価

ペイパル・ホールディングス(PYPL)は、デジタル決済にかかる手数料を値上げします。8月2日より、従来の一律2.9%+30セントの手数料から、オンライン、店舗、その他の様々なタイプの取引に応じた手数料メニューを採用します。 「PayPal Checkout」、「Pay with Venmo」、「PayPal Credit」、「Pay in 4」などの自社製品を利用した取引については、3.49%の手 […]

シスコに株価2倍となる可能性

2020年、シスコ・システムズ(CSCO)の株価は低迷しました。ナスダック総合株価が44%上昇したのに対し、3.5%の下落となり、ハイテクラリーから完全に取り残されました。しかし、今年に入り、2021年後半に予想される企業のハイテク支出の加速から利益を得ることができるハイテク株が物色されるようになって株価は上昇。これまでに2割強の上昇となっています。 しかし、ここからさらに上昇の余地があるとして、 […]

台湾セミコンダクターを格下げ

モルガン・スタンレーのアナリスト、チャーリー・チャン氏が、世界最大のコントラクト・チップ・メーカーである台湾セミコンダクター・マニュファクチャリング(TSM)を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げしました。 同社の台北上場株式の目標株価を655台湾ドルから580新台湾ドルに引き下げたことで、台湾セミコンダクターの米国預託証券は6月21日の米国市場で下落しています。 台北での取引では […]

アクセンチュア 配当付きのハイテク株

フォーチュン・グローバル500企業の4社に3社以上にサービスを提供しているITサービス大手のアクセンチュア(ACN)は、成長ではなく安定性を求めて保有されている成熟したハイテク株だと思われがちです。 しかし、アクセンチュアの株価のこの10年間の動きを見ると、S&P500が約200%上昇したのに対し、400%以上の上昇という圧倒的なパフォーマンスを見せています。そして、この1年間でも約40% […]

ロブロックス 10代に圧倒的に支持されるオンラインゲーム・プラットフォーム

ロブロックス(RBLX)は、3月に直接上場、株価は初取引日に基準価格である45ドルを大きく上回る64.50ドルで始まり、その後90ドル台前半まで上昇しました。 ロブロックスは米国のソフトウェア企業。オンラインゲーム・プラットフォームの運営およびゲーム制作システムを開発する。ユーザーである開発者やクリエイターが独自のゲームを作成できるデザインツール「Roblox Studio」を開発。また、その他の […]

シーゲイトとウェスタン・デジタルに買い推奨

ハードディスク・メーカーのシーゲイト・テクノロジー(STX)とウェスタン・デジタル(WDC)に対する暗号資産がらみの買い推奨が相次いでいます。 この件については先週も書きましたが「暗号資産銘柄として脚光を浴びるシーゲイト」「暗号資産がらみの推奨でシーゲイトとウェスタン・デジタルが上昇」 今度は、Loop Capital社のアナリストであるAnanda Baruah氏が、6月17日に発表したリサーチ […]

アップルよりも儲けているアップルのサプライヤー

アップル(AAPL)の過去1年間の上昇は目覚ましいものがあります。約50%以上の上昇!これは5Gデバイスの最初の搭載機であるiPhone 12の旺盛な需要と、サービスエコシステムの継続的な拡大に支えられたものです。 この上昇気流は、アップルのサプライヤーの株価も上昇させましたが、本家本元のアップルをしのぐ上げ方を見せている会社はあまりありません。 そんなレアな会社のひとつが、iPhoneやiPad […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG