エヌビディアに続け!ブロードコムがデータセンター市場で躍進

  • 2024年5月13日
  • 2024年5月13日
  • BS余話

AI(人工知能)と高速コンピューティングのデータセンター市場が盛り上がりを見せている中、この動向が単なる流行ではないことが明らかになってきました。特に注目されるのがエヌビディア(NVDA)で、過去5年間で株価が驚異的な1,850%も上昇し、市場平均のリターンを大きく上回っています。

しかし、市場をリードするのはエヌビディアだけではありません。ブロードコム(AVGO)もまた、過去5年間で390%のリターンを記録し、優れた成績を収めています。データセンターインフラのアップグレードが進む中で、より多くのAIと高速コンピューティングが求められる今、ブロードコムは大きな恩恵を受ける可能性があります。

ブロードコムのAI製品群

数ヶ月前、ブロードコムはネットワーキング半導体事業部門の急成長を報告しました。このセグメントは前年比46%の成長を遂げ、主要なデータセンター顧客(例えばアルファベットなど)がカスタムシリコンAIサービスに対する依存度を高める中で、年間で35%の成長が見込まれています。

最新の四半期決算(2024会計年度第1四半期)によると、ブロードコムの半導体売上のほぼ半分がネットワーキングセグメントからのものでした。スマートフォン、通信、工業用半導体など他の事業部門が2024年に多少落ち込む可能性がある中、ブロードコムはデータセンターAI半導体販売のリーダーとして年を終えることを期待しています。全体として、チップセグメントは2023年と比較して1桁台半ばから後半のパーセンテージ増加が見込まれています。

ブロードコムがAI分野で成功を収める中心となっているのは、Jericho3-AI FabricチップとTomahawk 5イーサネットスイッチチップです。これらのデバイスは、データセンターを通じて流れる膨大なデータ量を調整するサーバーの動力となっています。

これにより、ブロードコムの顧客は数万個のGPUチップ(エヌビディアが開発するようなもの)を組み合わせてAIトレーニングを行っています。そして、AIモデルが大きくなり、トレーニング後にそれらを使用する顧客が増えるにつれて、ブロードコムは将来的に100万個のGPUを組み合わせて巨大なスーパーコンピューターを構築することを目指しています。

しかし、ブロードコムは今や単なるチップ・コンピューティングハードウェア企業ではありません。2023年末にクラウドコンピューティング企業ソフトウェア会社VMwareの巨大な買収を終えたことで、新たにインストールされたチップが設置された後にデータセンター顧客が必要とする管理ツールも提供しています。

エンタープライズ・ソフトウェアのポートフォリオには、Private AI Foundationが含まれています。VMwareのCloud Foundationと同様に、Private AI Foundationはエヌビディアやその他の企業と協力し、企業が新たに発見したAI機能を運用するために必要なハードウェアとソフトウェアのツールを一体化します。これにより、ブロードコムはAI半導体だけでなくAIソフトウェアにも優れた投資先となります。

ブロードコムのビジネスアドバンテージ

長年のブロードコム株主は、この企業が最も成長速度が速いビジネスにはならないことを知っています。その主な理由は、非常に多角的な事業展開にあります。しかし、ブロードコムは全面的な成長で欠けている部分を収益性で補っています。実際、それがCEOのホック・タン氏の経営の特徴です。補完的なビジネスを買収し、買収した事業体を最も収益性の高い中核事業に絞り込むプライベートエクイティのアプローチを取っています。

この戦略は現在VMwareに対しても展開されており、ビジネスの小さな部分を切り離し販売したり、最大の顧客に焦点を合わせたりすることで、以前は停滞していたVMwareの業績が再び成長モードに入ることを可能にしています。タン氏と経営陣は、今年残りの四半期ごとにVMwareの売上が二桁のパーセンテージで成長することを期待しています。

まとめ

AIと高速コンピューティングの市場は、今後も成長が期待される分野です。ブロードコムのような企業は、この市場の拡大とともにさらなるビジネスチャンスを迎えるものと予想されます。投資家にとって、ブロードコムは長期的な成長ポテンシャルを秘めた魅力的な投資先と言えます。

*過去記事 ブロードコム(AVGO)

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG