アップスタート 暴落の原因のおさらいと今後への期待

5月11日も大きく下落し続けているアップスタート(UPST)ですが、今回の下落の原因と思われることをおさらいしつつ、今後期待されることについて書きたいと思います。

アップスタートの今回の決算報告で投資家を最も驚かせたのは、通年のガイダンスを引き下げたことでした。2021年第4四半期に、同社は2022年の売上高を14億ドルとガイダンスしていましたが、今回の発表では12億5000万ドルに引き下げられました。

1億5千万ドルも引き下げた理由は、同社が融資活動の減少を予測しているからです。米連邦準備制度理事会(FRB)が金利引き上げを計画しており、貸し手はリスクの増大を予想できるため、アップスタートが提供する融資の価格は上昇せざるを得ず、結果として承認率が下がることになります。アップスタートが第1四半期に行った融資は465,500件でしたが、これは第4四半期に行った495,000件から6%下落しています。

もう一つの懸念は、デフォルト率、つまり未払いとなっているローンの割合の上昇です。これは、アップスタートCFOのサンジェイ・ダッタ氏が今年初めに指摘したように、連邦政府の景気刺激策の効果が薄れるにつれて予想されたことです。

過去数年間のアップスタートの成長の多くは、金利が非常に低く、政府の景気刺激策が消費者のローン返済を助けるという経済環境によって促進されたものでした。しかし今、米国は消費者の財政が過去数年間よりも悪化しそうな厄介な環境に入りつつあります。つまり、アップスタートが今後どのようなパフォーマンスを発揮できるのか、予想できない環境になりつつあるのです。

最後の懸念は、同社が第1四半期に予期せぬローンをバランスシートに計上したことです。アップスタートの融資残高は第4四半期の2億5200万ドルから6億ドルに増加しましたが、これは銀行や投資パートナーが引き受けられなかったためにアップスタートが引き受けた融資です。同社は、これは一時的なものだと予想していますが、そうでない場合、投資家にとって大きな不安の種となります。

アップスタートは2012年に設立された歴史の浅い会社であり、金利上昇+インフレの環境下で運営されるのは今回が初めてです。そのビジネスモデルから不況下では厳しい状況に置かれる可能性が高いと以前から指摘されていましたが、そうではない可能性もあります。

その第一の理由は、同社のAIエンジンが、従来のFICOベースのリスクモデルと比較して、性能がアウトパフォームしていることです。そのAIは継続的に学習・改良されており、さらなるアウトパフォームにつながる可能性があります。同社のAIエンジンは、1,500以上の変数と2,160万以上の返済イベントを調査し、より正確なローン判定を行うことができます。

これにより、消費者のバランスシートが悪化し始めている中でも、同社は驚くべき成長を遂げています。第1四半期、アップスタートの売上高は前年同期比156%増の3億1000万ドルに、純利益は前年同期の1000万ドルから3倍以上の3300万ドルに増加しました。

また、アップスタートは銀行パートナー数も継続的に拡大しています。第1四半期の提携銀行数は57行で、前四半期比36%以上、前年同期比217%に急増しました。これは、同社の健全性を示すものですが、今後数ヶ月間のモニタリングが重要となります。もし、提携銀行数が減少するようなことがあれば、それはアップスタートの魅力が失われつつあることを意味し、不良債権処理が原因である可能性もあります。

47%の成長を見込んでいる企業であるにもかかわらず、アップスタートの現在の評価額は破格の安さです。5月11日の朝の価格では、アップスタートは利益の約20倍で取引されており、これは上場企業として最低の評価額です。

もちろん、今後のリスクは極めて注意深く監視されるべきですが、同社のAIの優位性を考えると、1日で57%下落したことは正当化できないかもしれません。マクロ経済の不透明感にもかかわらず、同社は今年もトップラインの改善を見込んでいるのですから。

もし同社が今年いっぱい期待通りの成長を続け、デフォルト率の上昇を乗り切ることができれば、投資家は長期的に十分な報酬を得られる可能性が高いと思われます。デイブ・ジルーアードCEOの以下のリツイートを見ると同氏の今の思いが感じられて期待感が増します。

*過去記事はこちら アップスタート UPST

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG