アマゾン 新しいTVラインを発表

アマゾン・ドット・コム(AMZN)がテレビを作ることになりました。

9月9日にアマゾンブランドのテレビの新製品を発表、サムスン、ソニー、LG、TCLなどの大手テレビメーカーと直接競合することになりました。

アマゾンは、これまでにも「Fire TV」プラットフォームを少数のテレビメーカーにライセンス供与してきましたが、9月9日に東芝とパイオニアのブランドで新モデルを発表し、ベストバイ(BBY)とアマゾンの自社オンラインストアの両方で販売します。アマゾンは2018年からBest Buyを通じて東芝とInsigniaブランドのテレビを販売しています。パイオニアは新たに加わることになります。

アマゾンブランドのテレビを作るという動きは、主にストリーミングデバイス「Fire Stick」のおかげで、コネクテッドテレビハードウェアの世界的リーダーとしての地位を活用するための、より積極的なアプローチを意味しています。

アマゾンは、「Amazon Fire TV Omniシリーズ」と廉価版の「4シリーズ」の2種類のテレビを発表しました。また、ストリーミングデバイスの最新製品である「Fire TV Stick 4K Max」も発表しました。

Omniシリーズは、43インチから75インチまでの5つのサイズがあり、いずれも音声操作が可能なAlexaを搭載し、4K Ultra HDの解像度を備えています。価格は409.99ドルからで、最も高いものは1,099.99ドルとなっています。

4シリーズは43、50、55インチのモデルがあり、価格は369.99ドルから519.99ドルです。また、Alexa音声対応の「Fire TV Stick 4K Max」は、価格が54.99ドルとなっています。新しいテレビはすべて10月から発売されます。

パイオニアは、「Fire TV」のラインナップをベースに作られた43インチと50インチのテレビを提供します。小さいサイズは今月末に出荷し、大きいサイズは11月にデビューする予定です。東芝は、Alexaの音声コントロール機能を搭載した55、65、75インチのセットを来春に発売します。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG