アマゾン AWSからルール違反のコンテンツを積極的に削除

ロイター通信によると、アマゾン・ドット・コム(AMZN)は、どのような種類のコンテンツがクラウド・サービスのポリシーに違反しているかを判断し、その削除を強制するために、より積極的なアプローチを取ることを計画しているそうです。

この問題に詳しい関係者のひとりは、アマゾンは今後数カ月の間に、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)部門で少人数を雇用し、専門知識を深め、外部の研究者と協力して将来の脅威を監視すると述べています。

これにより、調査会社ガートナーによると40%の市場シェアを持つ世界有数のクラウドサービスプロバイダーであるアマゾンが、インターネット上で許可されるコンテンツの世界的に最も強力な裁定者の1人になる可能性があると専門家は指摘しています。

Embed from Getty Images

アマゾンは先週のワシントンポスト紙で、先週木曜日8月26日にカブールでアフガニスタン人170人と米軍13人が死亡したと推定される自爆テロを称賛する「イスラム国」のプロパガンダを掲載したAWSをホストとするウェブサイトを停止したことで話題になりました。ポスト紙によると、報道機関がアマゾンに連絡した後に行ったとのことです。

アマゾンは、1月6日の米国国会議事堂での暴動の直後に、暴力を助長するコンテンツを許可していたとして、ソーシャルメディアアプリ「Parler」をクラウドサービスから追い出した後、コンテンツに対する積極的なアプローチを取っています。

活動家や人権団体は、有害なコンテンツについてウェブサイトやアプリだけでなく、それらのサイトの運営を可能にしている基盤技術にも責任を求めるようになっていますが、一方で、政治的保守派は言論の自由の抑制を非難しています。

AWSでは、利用規約に基づき、違法行為や詐欺行為、暴力の扇動や脅迫、児童の性的搾取や虐待の助長など、さまざまな目的でサービスが利用されることを禁止しています。

アマゾンはまず、ポリシーに違反するコンテンツを削除するよう顧客に要求するか、コンテンツをモデレートするシステムを用意します。アマゾンは、顧客との間で受け入れ可能な合意が得られない場合、ウェブサイトを停止することがあります。

アマゾンは、企業のWebサイトに掲載された誤った情報がAWSの対応を必要とする規模に達した場合の判断など、アマゾンや他のクラウドプロバイダーがより頻繁に直面しているコンテンツ問題に対するアプローチを開発することを目指しているとのことです。

AWS内の新しいチームは、企業がクラウド上にホストする膨大な量のコンテンツを選別することは計画していませんが、コンテンツがAWSクラウド上に入る可能性のある新興の過激派グループなど、将来の脅威を先取りすることを目的としているとのことです。

アマゾンは現在、AWS Trust and Safetyチームのポリシー担当グローバルヘッドを募集しています。このチームは、「多種多様な悪用からAWSを守る」ことを責務としています。

AWSの提供するサービスには、クラウドストレージや仮想サーバーなどがあり、ネットフリックス、コカコーラ、キャピタルワンなどの大手企業を顧客としていると、同社のウェブサイトに掲載されています。

アマゾンは、特定の種類のコンテンツに対するより良い準備をすることで、法的・広報的なリスクを回避することができます。

過激主義やオンライン上の有害な脅威について組織が理解するのを支援するコンサルティング会社、CARD Strategiesの創設者であるメリッサ・ライアン氏は、「もし(アマゾンが)このようなコンテンツの一部を発見して大きなニュースになる前に事前に取り除くことができれば、そのような風評被害を回避する価値がある」と述べています。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG