アファーム アマゾンとの提携で業界トップも

アマゾン・ドット・コム(AMZN)との提携を発表し、アマゾンの顧客向けに「buy now pay later」サービスをチェックアウト時に提供することを明らかにしたアファーム・ホールディングス(AFRM)。「アファーム アマゾンでのBNPLサービス提供で株価40%上昇

ほんの1カ月前、デジタル決済大手のスクエア(SQ)が、290億ドルを投じてBuy Now, Pay Later(BNPL)のリーダーであるアフターペイの買収を発表し、新興業界を揺るがしましたが、今回の提携発表も大きなインパクトを与えています。

アファームとアマゾンの提携は、アファームがアフターペイからBNPL業界でのトップの座を奪うことにつながるかもしれません。

Embed from Getty Images

「Buy now, pay later(今すぐ購入して後で支払う)」は、従来の消費者金融に新しい風を吹き込むものです。BNPLは、過去10年間に登場した分割払いベースの融資コンセプトで、通常は1,500ドル以下の小売店での買い物を対象としています。

アファームは、パートナー企業のオンライン・チェックアウト・プロセスに統合されており、顧客はワンクリックで購入資金を調達することができます。加盟店は、顧客が近い将来に大きな購買力を持つことになり、売上が増加するというメリットを得ることができます。また、アファームはローンの返済に関して顧客と直接取引するため、加盟店は信用リスクを負うことはありません。

現在のところ、アファームの対応可能な市場は加盟店の顧客に限られていますが、クレジットカード業界からビジネスを奪うために、アファームは「アファームカード」を発表する予定です。これは、BNPLの利点を取り入れたデジタルクレジットカードのような製品で、消費者はどこでもこれを使えるようになります。

アファームは、顧客のクレジットスコアに応じて年率0〜30%の金利を課し、3カ月〜36カ月の返済期間を選択することで収益を上げています。しかし、アファームカードでは、4回に分けて無利息で返済することができます。

今回のアマゾンとの提携は、まだパイロットプログラムの段階ですが、アファームの加盟店統合型ビジネスモデルにとって、アマゾンを小売業のパートナーとして選ぶことは、まさに王道です。アマゾンは、2021年の上半期だけで2,210億ドルを売り上げた地球上最大のオンライン小売業者であり、今年は米国のeコマース売上の50%を占めると予想されています。

アマゾンを通じてアファームでチェックアウトする顧客は、それぞれアファームのアカウントを開設する必要があるようです。現在、アファームの顧客数は約540万人ですが、今回の取引により、Amazon Primeの2億人の会員に露出することになります。

アマゾンにとっては、顧客の消費力を高めるというメリットがあります。アファームはショッピファイと提携して同様のチェックアウト・オプションを提供していますが、アマゾンはその取引からいくつかの重要な教訓を得ることができます。ショッピファイは、アファームのBNPLソリューションを使用することで、コンバージョン率が最大50%向上した一方で、カート放棄が最大28%減少し、チェックアウト時間が27%短縮されたことが確認しされています。

BNPLは若年層に人気があり、アファームの顧客の50%がミレニアル世代やZ世代であることにもアマゾンは注目しているかもしれません。

アファームは、これまでの進歩にもかかわらず、いまだに安定した利益を出していません。これはBNPL業界が抱える問題でもあります。BNPL業界には参入障壁がほとんどなく、無限に続くかのような競争があるため、粗利益率が抑えられてしまうのです。

しかし、今回のアマゾンとの取引は、この若い会社にとって画期的なものになるかもしれません。もしアファームが完全に統合され、アファームのチェックアウト・オプションがアマゾンのすべての売上と連動するようになれば、アファームはBNPLの最大手になる可能性があります。そして、そのような規模になれば、価格決定力も得られ、最終的には黒字化を達成できるかもしれません。

アファームは、9月9日に第4四半期の業績を発表する予定であり、今回の買収に関する詳細な情報は間もなく発表されると思われます。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG