世界的な半導体不足を背景に半導体関連株が上昇

  • 2021年7月30日
  • 2021年7月30日
  • BS余話

世界的な半導体不足により、7月29日の取引では半導体関連株が好調でした。

指標となるPHLX半導体指数(Sox)は1.9%上昇し、クアルコム(QCOM)は6%上昇して150.99ドル、AMD(AMD)は5.1%上昇して102.95ドルとなり、過去最高値を更新しました。

また、オン・セミコンダクター(ON)やNXPセミコンダクターズ(NXPI)など、複数の自動車用半導体メーカーの株価も勢いよく上昇しました。

クアルコムは、7月28日に予想を上回る業績を発表し、投資家を喜ばせました。クアルコムは、携帯電話用プロセッサで広く知られていますが、モノのインターネット接続機器や自動車メーカー向けのチップも製造しており、この2つの分野では第3四半期にそれぞれ83%の売上増を記録しました。

経営陣は決算説明会で、製造能力をより多く確保できれば、さらに優れた業績を上げることができただろうと述べました。同社は、その能力拡充に向けて取り組んでいるところだそうです。

Evercore ISIのアナリストであるC.J. Muse氏は28日に、クアルコムが決算説明会でスマートフォン以外の事業を強調していることは、新CEOのクリスチアーノ・アモン氏のもとで、モバイルチップという歴史的な基盤を超えて事業を確立しようとしていることを示唆していると書きました。

同氏は、この四半期は堅調であったとし、クアルコムの目標価格150ドル、「タクティカル・アウトパフォーム」の評価を維持しました。

ウェルファーゴのアナリストであるGary Mobley氏は、クアルコムが好調な四半期であったにもかかわらず、まだ株式の評価を上げることには消極的であるとノートに書いています。

それでもMobley氏は、楽観的な理由として、5G製品の展開を指摘しています。次世代の5G携帯電話を採用する人が増えれば、クアルコムはより多くの半導体を販売することになるとしています。同氏はクアルコムを「イコール・ウェイト」と評価し、目標価格を155ドルとしています。

 

クアルコムのコメントや、フォード(F)のチップ不足の影響が少なくなっているという発言を受けて、自動車用半導体メーカーも29日に上昇しました。

オン・セミコンダクターは4.2%増の38.61ドル、NXPセミコンダクターズ社は2.9%増の204.27ドル、アナログ・デバイセズは1.5%増の166.54ドルとなりました。

そして、テキサス・インスツルメンツは1.6%増の189.93ドル、メモリメーカーのマイクロン・テクノロジーは2%増の77.08ドルとなっています。

ザイリンクス(XLNX)が28日の市場終了後に決算を発表した後、AMDの株価は29日にも上昇しました。

半導体業界の再編につながる取引として、AMDのリサ・スー氏は昨年、ザイリンクスを350億ドルで買収する計画を発表しました。

半導体業界の統合が進む中、スー氏は、このザイリンクスとの取引はAMDを変革するものであり、長年にわたるパートナーシップの自然な進化であると述べています。

半導体不足の中、ザイリンクスは28日に、21%増の8億7900万ドルの売上で7月の四半期利益が2倍以上になったと報告しています。

ザイリンクスの幹部は、厳しい供給環境にもかかわらず、同社製品に対する需要は依然として高いと述べています。

すべての半導体関連株が29日に好調だったわけではありません。ラム・リサーチ(LRCX)は、供給不足の中で四半期売上高40億ドルを突破しましたが、投資家を喜ばせるには十分ではありませんでした。

一部のアナリストは、半導体のサプライチェーンの問題が同社のマージンに影響を与える可能性があるため、同社の見通しにはリスクがあると指摘しました。ラムの株価は2.4%下落し、619.63ドルで終了しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG