アマゾン決算 9月期減速の見通しで株価急落

アマゾン・ドットコム(AMZN)が7月29日のマーケット終了後に2021年4~6月期決算を発表。予想以上の利益を上げたものの、売上高がウォール街の予想を下回ったという複雑な結果の報告となりました。


発表後、株価は時間外取引で7月29日の終値に対して7.6%減と大幅に下落していますが、これは新型コロナウイルス禍からの経済の正常化に伴い7~9月期に主力のネット通販事業の成長が減速する見通しを示したことによるものと思われます。

Embed from Getty Images

同四半期の売上高は、前年同期比27%増の1,131億ドル、為替調整後では24%増となり、同社のガイダンスレンジである1,100億ドルから1,160億ドルのほぼ中央に位置し、ウォール街のコンセンサスである1,154億ドルをわずかに下回りました。

1株当たり利益は15.12ドルで、アナリスト予想の12.28ドルを上回りました。

営業利益は77億ドルで、ガイダンスレンジである45億ドルから80億ドルの上限に達したものの、ウォール街のコンセンサスである78億ドルをわずかに下回りました。

オンラインストアの売上高は、前年同期比16%増(為替調整後では13%増)の532億ドルで、ウォールストリートのコンセンサス予想である573億ドルを大きく下回りました。

これは、3月期の41%増、1年前の49%増を下回っています。

サードパーティサービスの売上高は251億ドルで、38%(為替調整後では34%)増加し、コンセンサス予想の248億ドルを上回りました。しかし、3月期の60%、1年前の53%からは減速しています。

クラウドビジネスを展開するアマゾンウェブサービスの売上高は、前年同期比37%増の148億ドルとなり、コンセンサス予想の143億ドルを大きく上回りました。

広告収入を中心とする「その他」の収入は79億ドルで、前年同期比87%増、為替調整後では83%増となり、コンセンサスの70億ドルを大幅に上回りました。

これは、フェイスブック、アルファベット、およびその他の広告事業における最近の好調な広告データと一致しています。

実店舗の売上高は、ストリート予測の39億ドルを上回り、11%増の42億ドルとなりました。

為替の影響を除いた北米の売上成長率は、3月の39%、1年前の44%から、当四半期は21%に鈍化しました。北米の営業利益率は4.7%で、3月の5.4%から低下しましたが、前年同期の3.9%からは上昇しました。

海外売上高は26%増で、3月時点の50%増、前年同期の41%増から減少しました。

9月期の売上高予想は1,060億ドルから1,120億ドルと、業界予想の1,186億ドルを下回り、営業利益は25億ドルから60億ドル(前年同期は62億ドル)となる見込みです。

同社は、コロナに関連するコストとして約10億ドルを想定していると述べています。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG