ネットフリックス 決算に対するアナリストの評価

  • 2021年7月22日
  • 2021年7月27日
  • BS余話

前日に決算を発表したネットフリックス(NFLX)の株価が7月21日の市場では4%強下落しています。
ネットフリックス 6月期決算発表

Embed from Getty Images

ネットフリックスの6月期の売上高は73億ドルで、ガイダンスとほぼ一致し、前年同期比で19%増加しました。利益は1株当たり2.97ドルで、会社予想の3.16ドルを下回りました。これは主に、ユーロ建ての負債に関連する非現金支出によるものです。

当四半期におけるネットフリックスの新規加入者数は151万人で、会社予想の100万人を上回りましたが、新規加入者の大半はアジアで発生し、米国とカナダでは合計40万人の減少となりました。

9 月期の加入者純増数は 350 万人と予想しており、業界のコンセンサス予想である 560 万人を下回ります。当四半期の売上高は74億8,000万ドルで、市場予想とほぼ一致。1株当たりの利益は2.55ドルで、市場予想の2.17ドルを上回っています。

また、ネットフリックスは、ビデオゲームのストリーミング配信をプラットフォームに追加する計画の詳細を発表しました。同社は、モバイルゲームを徐々にプラットフォームに追加していく予定で、追加費用は一切かからず、ゲーム内広告やゲーム内購入も行わないとしています。

ネットフリックスの強気派は、6月期を加入者数増加の谷と見ています。ネットフリックスが以前から警告していたように、上半期のコンテンツは、コロナ関連の生産停止の影響で低調でしたが、下半期には新規および復帰コンテンツの急増が予想されており、強気派は今後の四半期での成長を期待しています。

CEOのリード・ヘイスティングス氏は、アナリストとの電話会議で、他のストリーミング・プラットフォームの普及による加入者数の増加への影響は見られず、ストリーミング・ビデオ全体がリニアテレビから市場シェアを奪い続けると予想しています。

強気派は、ゲーム戦略がサービスをより強固なものにしていると考えています。しかし、弱気派は、予想される加入者数の伸びが期待外れであることを指摘し、新たな売上を直接生み出さないゲームへの移行に期待する理由がないと考えています。ヘイスティングス氏が決算説明会で述べたように、ネットフリックスは単一製品の会社であり、その製品とは、契約者を獲得し、維持することです。


ネットフリックスに対する強気のアナリストであるエバーコア ISIのMark Mahaney氏は、ネットフリックスにとって「クリアリングイベント」と表現した当四半期に関するメモの中で、ここからは前年との比較が容易になり、制作上の課題が解決され、加入者数の増加が加速するはずだと書いています。

同氏は、ネットフリックスをアマゾン・ドット・コム(AMZN)やウーバー・テクノロジーズ(UBER)と並ぶ、メガキャップのインターネット企業の中のトップピックの1つに挙げています。

同氏は、ネットフリックスが2030年までに全世界の加入者数を5億人近く(現在は2億人強)に増やすことができると考えており、2025年までに1株あたり30ドル近い利益が得られると見ています。

ネットフリックスの株価は、この予想の30~35倍で取引され、今後3年間で2倍になると考えています。


J.P.モルガンのアナリストであるダグ・アンマス氏は、ネットフリックスについて、この四半期を終えて「次第にポジティブになっている」と述べ、オーバーウェイトの評価を継続し、目標株価を600ドルから625ドルに引き上げました。

同氏は、「下半期のコンテンツにますます自信を深めている」とし、「世界的に大きな成長機会がある」と付け加えています。


Canaccordのマリア・リップス氏も強気を維持しています。同氏は、株式の「買い」の評価と650ドルの目標値を再設定しました。

リップス氏は、モバイルゲームへの進出に強気で、若年層のユーザー獲得を促進すると考えています。「ネットフリックスは、質の高いオリジナルコンテンツへの積極的な投資、キャッシュフローの改善、世界的な規模を背景に、エンターテインメントのスクリーンタイムにおけるシェアを拡大するための有利な立場にあると考えている」と書いています。


ネットフリックスに対して弱気な見方をしているウェドブッシュのアナリスト、マイケル・パクター氏は、アンダーパフォームの評価と342ドルの目標を繰り返しています。「現在の評価は、当社が期待するよりも速い成長を反映している」と書いています。


ニーダムのローラ・マーティン氏は、ネットフリックスの株式に長年懐疑的な立場をとってきましたが、これまでと同様にアンダーパフォームの評価を繰り返しています。

同氏は、ネットフリックスの株価には倍率の低下が見られると指摘しています。企業価値と将来の売上との比較では、過去5四半期の倍率は9.1倍から8.4倍に低下し、EBITDA(利払い、税金、減価償却前利益)の倍率は44倍から34.8倍に低下しています。

マーティン氏は、ネットフリックスの株価が半分以上に下がるリスクがあると考えています。そうなれば、ネットフリックスの株価は他のストリーミングプレーヤーと肩を並べることになります。

同氏は、アルファベット(GOOGL)、キュリオシティ・ストリーム(CURI)、ディスカバリー(DISCA)、ウォルト・ディズニー(DIS)、フボTV(FUBO)を含むストリーミング銘柄のバスケットは、2022年の推定売上高の4.4倍、推定EBITDAの14倍で取引されており、現在のネットフリックスの評価を大きく下回っていると指摘しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG