アマゾンとショッピファイ 10年後の関係は?

モトリーフールに「Will Shopify Be Worth More Than Amazon by 2030?」というタイトルのなかなか示唆に富んだ記事が掲載されていましたので、ご紹介します。


ショッピファイ (SHOP) の電子商取引ツールは、企業がアマゾン(AMZN) のような巨大なマーケットプレイスに頼ることなく、独自のオンラインストアを開設し、支払いを処理し、注文を処理し、独自のマーケティングキャンペーンを管理することを可能にします。

Embed from Getty Images

ショッピファイは、その分散型戦略により、過去数年間でアマゾンを上回る成長を遂げています。

2015年から2020年の間に、ショッピファイの年間売上は70.2%という驚異的な複合年間成長率(CAGR)で増加しました。同じ期間にアマゾンの売上は29.3%のCAGRで成長しています。

ショッピファイの株価は過去5年間で4,460%急上昇しましたが、アマゾンの株価の上昇は約400%でした。

しかし、ショッピファイの時価総額1,820億ドルは、アマゾンの時価総額1兆8,600億ドルの10分の1にも満たないものです。

この先10年、2030年まで見通したところで両社の関係はどのように変わって行くのでしょうか?

ショッピファイは現在、世界中で170万以上の企業にサービスを提供しています。これは、2015年第1四半期の16万2,261社から10倍以上の伸びを示しています。

この成長は素晴らしいものですが、これは始まりに過ぎないかもしれません。昨年6月、パイパー・サンドラーのアナリストであるBrent Bracelin氏は、ショッピファイ社の加盟店はEコマース市場の2%にしか浸透していないと推定していました。

Bracelin氏は、Eコマースの普及率が現在の約15%から今後10年間で50%に上昇すると、ショッピファイの年間売上は2020年の29.3億ドルから2025年には120億ドルと、4倍以上になる可能性があると指摘しています。

ショッピファイは、主に中小企業を対象としたサービスを提供していますが、ショッピファイ Plusプラットフォームにより、大企業の顧客も増加しています。ウォルマートは昨年、自社のサードパーティ製オンラインマーケットプレイスをショッピファイのサービスに接続しており、他の実店舗を持つ小売業者もこれに追随する可能性があります。

Embed from Getty Images

アマゾンが今後5年間、年平均25%のペースで売上を伸ばした場合、2025年度には1兆1,800億ドルの年間売上を上げることができると言われています。さらにその先の5年間、売上成長率が20%に減速すると見て計算すると、2030年度には2兆9300億ドルの年間売上を上げることができます。

この成長を支えるのは、海外の新しいプラットフォーム、ホールフーズなどのより多くの実店舗の買収、小規模なオンラインマーケットプレイスの買収など、アマゾンのEコマースエコシステムの拡大であると考えられます。

また、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が依然として圧倒的なシェアを誇る世界のクラウドインフラストラクチャ・プラットフォーム市場の成長にも後押しされるでしょう。

アマゾンの株価が現在も年間売上の4~5倍程度で取引されていると仮定すると、2030年には13兆ドル以上の価値を持つ企業になる可能性があります。

この予測は、不況や独占禁止法の規制、その他の予期せぬ課題を考慮していないため、楽観的すぎるかもしれませんが、今後10年間の年率22.5%がアマゾンにとって現実的な目標ではないかと考えられます。

 

もしショッピファイが2025年までに120億ドルの年間売上を上げることができれば、CAGRは32.6%になります。その後の5年間もこの成長率を維持すれば、2030年には500億ドル近い売上を上げることができます。これは、世界中でインターネットやEコマースの普及率が高まる中、ショッピファイにとっては現実的な成長軌道と言えます。

ショッピファイは現在、昨年の売上の60倍以上、今年の売上の約40倍で取引されています。売上高に対する価格比が30倍程度まで低下すると仮定すると、2030年には1.5兆ドルの価値を持つ企業になる可能性があります。

ショッピファイは10年後もアマゾンより時価総額で劣ると思われますが、だからといって投資対象としての価値が損なわれるわけではありません。

ショッピファイは、当面の間、アマゾンよりも強力な売上成長を遂げる可能性があり、今後10年以内に1兆ドルの大台を超えることは、2006年に設立された企業としては驚くべき成果です。

この10年間で、ショッピファイの分散型アプローチが、アマゾンの集中型マーケットプレイスと同じくらいの持続力を持っていることが明らかになり、この傾向は今後10年間も容易に続くものと予想されます。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG