今後5年間で利益が2倍になる銘柄3つ

ウォールストリートがその利益創出力に信頼を寄せる銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。これらの銘柄は、今後5年間、毎年30%以上の安定した利益成長が見込まれており、それは5年以内に利益が2倍になることを意味しています。

アマゾン(AMZN)

Embed from Getty Images

今年初め、ブルームバーグは、アマゾンがウォルマートを抜いて最大の小売業者になると報じました。なぜなら、消費者はウォルマートで5,320億ドルの商品を購入するのに対し、オンライン小売業者であるアマゾンでは6,320億ドルの商品を購入するからです。

これらの売上のほとんどはサードパーティの小売業者によるもので、ウォルマートのように自社製品ではありませんが、それでもアマゾンが現在いかに強力な力を持っているかを示しています。

同様に重要なのは、Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティング事業で、これは長い間、同社の収益性を支えてきました。国防総省がマイクロソフトとの100億ドルの独占契約を解除したのも、アマゾンの力があってこそです。

もちろん、アマゾンをはじめとする大手ハイテク企業が独占に近い力を持っているため、議会がその解体を検討していることにも注意を払わなければなりません。そうなる可能性はありますが、それと同じくらいありそうなのが、単なる制限を受ける結果になることです。あるいは、何もないかもしれません。

アナリストの予測では、アマゾンは今後5年間、年率約38%で売上を伸ばし、約4年半で利益を倍増させます。時価総額は1.8兆ドルを超えており、今後半世紀の間に4兆ドル規模の企業になる可能性もあります。2025年には株価が10,000ドルに達するとの見方もあるほどです。

チポトレ・メキシカン・グリル(CMG)

Embed from Getty Images

チポトレ・メキシカン・グリル(CMG)がパンデミックを乗り切ることができたのは、他の多くの外食産業とは異なり、同社のビジネスがすでにテイクアウトに適したものだったからです。

同社が長年培ってきた組立ラインによるファストカジュアルな生産モデルは、強力なモバイル注文プラットフォームを使用したテイクアウトおよびデリバリーモデルへの迅速な移行を可能にしました。

ドライブスルー型のChipotlanを増やすことは、COVID-19以前からの必須課題でしたが、これからはそれ以上になります。

その見返りは非常に大きいはずです。CEOのブライアン・ニコル氏は、同社のレストランが年間ユニットボリューム(各レストランが年間に実現できるビジネス量)で350万ドルを達成することは容易だと考えており、これは40%の増加に相当します。

ウォールストリートの予測では、チポトレの収益は今後5年間、毎年55%以上の成長を維持できるとされており、これは15ヵ月ごとに利益が倍増することになります。そのため、あるアナリストは、チポトレが今年最も買いたい株であり、1株あたり2,000ドルになると予想しています。

その予想が当たったとしても、それは単なる始まりに過ぎないかもしれません。同社の現在の時価総額456億ドルも、数年後にはそんな時もあったと思い出させる数字になるかもしれません。

クラウドストライク(CRWD)

Viersen, Germany – May 1. 2021: Closeup of mobile phone screen with logo lettering of crowdstrike cyber security company on computer keyboard (focus on upper part of bird logo)

サイバーセキュリティ専門企業のクラウドストライク・ホールディングス(CRWD)は、コロニアル・パイプラインのような企業のシステムハッキングが企業に厳格な管理の必要性を思い起こさせる中、2019年のIPO以来、毎年売上を倍増させています。

先週、モルガン・スタンレーは、法人顧客の個人データが侵害され、ハッカーが社会保障番号などの機密情報にアクセスできたことを明らかにしました。

このように企業の被害が広がっている中、クラウドストライクは、高度な機械学習、人工知能、行動分析を用いて、サイバーセキュリティのリスクを検知し、阻止するだけでなく、企業レベルのパーソナライゼーションとカスタマイズを提供し、顧客が求めるレベルの保護を実現します。

アナリストは、クラウドストライクの業界最先端の脅威防御技術は、長期的に67%の年間収益成長をもたらすと考えており、それは、同社の売上成長の歴史と同様に、利益もほぼ毎年2倍になることを示唆しています。

株価は、過去12ヶ月で138%、今年に入ってからこれまでに19%上昇していますが、ハッキングの脅威レベルが非常に高いことから、今後さらに上昇して年初から2倍になる可能性があると思われます。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG