アマゾンの新しい成長エンジン インドのファッション・アパレル

オンラインショッピングとクラウドコンピューティングの巨人であるアマゾン(AMZN)の前には数多くの成長機会が横たわっています。そうした機会の数々を活かして行くことでアマゾンは持続的な成長を続けることが期待されています。

そうした新しい成長エンジンのひとつとして注目されるのが、インドのオンラインファッション・アパレル市場です。

2018年、ウォルマート傘下のフリップカートの傘下にあるインドのファッションEコマース企業ミントラは、インドのファッション・ライフスタイル産業は1000億ドル規模で、売上の4%がオンラインチャネルによるものだと推定しています。さらに、同社は、この業界は年率8%から10%のペースで成長しており、オンラインチャネルのシェアは2023年までに20%にも達する可能性があるとも見ています。

また、RedSeer Consultingの推計によると、インドのオンラインファッション市場は、年平均成長率(CAGR)32%を記録しています。また、Wazir Advisors によると、インドの組織化された実店舗での小売市場のうち、アパレル・アクセサリーが占める割合は 20% であり、宝石・時計(26%)、食品・食料品(23%)に次いで 3 番目に高いセグメントです。

さらに重要なことは、インドのオンラインファッション市場は、同国の厳しい経済シナリオにも耐えうるものであるということです。Unicommerceの報告によると、3月に終了した2021年度のオンラインファッション業界の総商取引額は、51%の数量増加に牽引されて45%増加しました。

ファッション/アパレルは、インドのEコマースの成長ストーリーにおける重要な柱のひとつとなることが期待されており、2026年までに売上高2,000億ドルを達成すると予想されるEコマース業界全体のかなりの部分を占めています。このことは、アマゾンが長期的に収益を大幅に向上させるための確かな機会を提供しており、アマゾンはすでにその面で前進しています。

アマゾンのインドにおけるオンラインファッションカテゴリーの売上は、2021年3月期には前年比40%増となり、業界全体の成長とほぼ同程度の伸びを示しました。アマゾン・インドの幹部は、インドのビジネス誌「Business Today」に対し、ファッションと美容は同国で最大のカテゴリーのひとつであると述べています。また、新規顧客の増加という点でも、アマゾン・インドにとって最も成長率の高いカテゴリーです。

アマゾン・インドの新規顧客の3人に1人は、ファッション・カテゴリーの顧客です。さらに、アマゾンのオンラインファッション需要の65%は、インドのEコマース市場で成長のホットスポットとなっている小規模なティア2、3、4の市や町から来ています。これらの統計データは、アマゾンが、現在フリップカートのミントラに遅れをとっているインドでのオンラインファッションゲームをさらに強化することを促すものです。

ミントラは、インドのオンラインファッション市場の60%を占めていると言われていますが、昨年の売上高の伸びを見ても、アマゾンがライバルに勝負を挑んでいることは明らかです。アマゾンは、オンラインファッション市場での成長を促進するため、積極的な取り組みを行っています。

昨年のクリスマスシーズンには、インドで6,200の新しいファッションブランドを立ち上げ、今月はアパレルと美容に特化したセールを行い、1,000以上のファッションブランドと100万以上の美容製品から購入者が選択できるようにしました。また、インドのEコマース市場の他の主要分野でもアマゾンの優位性は高まっており、将来的に同社の売上のかなりの部分がインドで占められるようになっても不思議ではありません。

Loup VenturesのGene Munster氏は、今後5年間のアマゾンの成長のうち、インドが最大で20%を占める可能性があると予測しており、急成長するオンラインファッション・アパレル市場における同社の躍進は、その成長を促進する上で重要な役割を果たすことになりそうです。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG