アマゾン プライムデーは今年も販売業者にとって過去最高

今年初めて6月に行われたアマゾン(AMZN)のプライムデー。6月21日、22日と2日間開催されて幕を閉じました。

毎年、プライムデーが終了すると、アマゾンは長文の発表を行いますが、今年も例外ではありませんでした。6月23日朝に発表されたリリースの中で、アマゾンは、2021年のプライムデーはサードパーティの販売業者にとって「過去最大の2日間」だったと述べています。

これは、昨年の発表とまったく同じです。アマゾンは、販売業者の売上が「アマゾンの小売事業よりもさらに速く成長した」と述べていますが、最近の財務状況を考えるとこれはそれほど驚くことではありません。3月の四半期では、サードパーティの販売業者サービスが60%の増、オンラインストアの売上が41%の増でした。

買い物客が購入した商品数は2億5,000万点以上で(これは昨年までに公開されていなかった新しいデータです)、「過去のどのプライムデーよりもお得に買い物ができた」と述べています。

同社によると、ベストセラーとなったカテゴリーは、ツール、美容、栄養、ベビーケア、電子機器(Amazonデバイスを含む)、アパレル、家庭用品など。60万個のバックパック、100万台のノートパソコン、100万個のヘッドフォン、4万台の電卓、22万個のクレヨラ製品を販売したことを明らかにしています。

プライムデーの総売上高や成長率に関するデータは今年も発表されませんでした。プライムデーの販売予想が6月の四半期ガイダンスで示されており、売上高は1,100億ドルから1,160億ドル、営業利益は45億ドルから80億ドルとしていました。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG