アマゾン 2021年の「プライムデー」は6月21日と22日

アマゾン(AMZN)は、毎年恒例のショッピングイベント「プライムデー」を6月21日と22日に予定し、初めて第2四半期にずらしました。

2020年のパンデミックの際、アマゾンは毎年恒例のショッピングイベントを10月中旬に移動させ、それまで年央だったものをホリデー前のセールに変えていました。

しかし今年、アマゾンは再び年央にシフトしました。2015年に初めて開始された「プライムデー」は、2019年までは7月のイベントで、季節的に低調な夏の間に消費者のオンラインショッピングを強化することを目的としていました。

アマゾンは、4月の決算報告において、6月期のガイダンスには、今年のプライムデーが6月期になるという前提が含まれていることを投資家に伝えました。6月期の売上高は、3月期の1億850万ドルから1,160億ドル、営業利益は45億ドルから80億ドルと予想しています。

アマゾンは、プライム会員に 「あらゆるカテゴリーの200万件以上のお得な情報 」を提供するとしており、6月2日より一部の早期提供を開始するとしています。

アマゾンは、カナダとインドではCovid-19の濃度が高いため、イベントを延期するとし、新たな日程は未定としています。インドでは、アマゾンはすべての出品者にCovid-19関連の健康保険を提供しています。

別の発表では、アマゾンは、プログレッシブ・ポリシー・インスティテュートの新しい研究により、同社が米国経済における唯一最大の企業投資家であることが判明したと述べています。

この研究によると、アマゾンは2020年に米国のインフラに340億ドルを投資し、40万人以上のアマゾンの新規雇用創出につながったということです。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG