スノーフレーク アナリスト推奨で急騰

  • 2021年5月19日
  • 2021年5月19日
  • BS余話

急成長中のクラウドベースのデータウェアハウス・ソフトウェア・プロバイダー、スノーフレーク(SNOW)の株価が5月18日の市場で大幅に上昇しています。

ローゼンブラット証券のアナリスト、ブレア・アバナシー氏は同社について明るい見解を示し、格付けを「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価を285ドルに設定しました。5月18日の朝、スノーフレークは5.5%増の224.26ドルとなりました。

同社の株価は荒々しい動きを見せています。昨年9月に1株120ドルで上場し、245ドルで取引を開始し、昨年の一時は429ドルまで上昇しました。しかし、その後、株価は全面的に後退。5月17日の終値は212.65ドルで、ピーク時から50%下落していました。

同社は5月26日に、4月30日に終了した会計年度第1四半期の業績を報告する予定で、製品売上高を92%から96%増の1億9,500万ドルから2億ドルと予想しています。全体の売上高の見通しは示していませんが、1月期の製品売上高は全体の約94%を占めていました。

アバナシー氏は、今年のこれまでの健全なIT支出環境、加速するデジタルトランスフォーメーションの動向、アマゾン、マイクロソフト、アルファベットなどの大手クラウドサービスプロバイダーの第1四半期の好調な業績を考慮すると、スノーフレークの製品売上高の成長率は、同氏の93%の予測を達成するか、それ以上になるはずと見ています。

前四半期の報告書以降の株価の下落と、今四半期に予想されるオペレーションの強さを考慮して、格付けを引き上げたということです。

しかし、株価の急落後も、企業価値対売上高ベースで51倍という倍率で取引されており、他の企業に比べてバリュエーションが高いことも同氏は意識しています。

一方、異なる意見のアナリストもいます。ジェフリーズ社のアナリストであるブレント・シル氏は5月18日、目標価格を全面的に引き下げました。同社のバリュエーションは、まだ15%から20%高いと述べています。

倍率が上昇している企業はさらなる下落の影響を受けやすい可能性があるとし、同氏がカバーしているグループの中で最も割高な銘柄は、スノーフレーク、クラウドフレア(NET)、クラウドストライク(CRWD)、パランティアテクノロジーズ(PLTR)、データドック(DDOG)などであると指摘しています。

もし、スノーフレークの評価額が、2022年の収益予想の25倍という依然として高い水準にまで低下した場合、株価はさらに37%下落する可能性があると同氏は予想しています。

シル氏は、スノーフレークの「ホールド」の評価を維持し、目標価格を280ドルから235ドルに引き下げました。

また、クラウドフレアの目標株価を100ドルから85ドルに、クラウドストライクの目標株価を275ドルから230ドルに、データドックの目標株価を120ドルから105ドルに引き下げましたが、格付けはいずれも「買い」と評価しています。

最新情報をチェックしよう!
>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG