高価になったストリーミング ケーブルへの回帰も

NFLの新しいテレビ放映権契約は、1年ほどで発効し、約10年間にわたって効力を発揮しますが、その金額は1,000億ドルを超えます。これは、NFLの32チーム、1チームあたり30億ドル以上に相当します。

この契約には、ABCとESPNを所有するディズニー(DIS)、CBSを所有するバイアコムCBS(VIAC)、NBCを所有するコムキャスト(CMCSA)、そしてフォックスとアマゾン(AMZN)が加わっており、いずれもNFL中継の常連です。

今回の契約で注目すべきは、NFLの試合が間もなく多くのストリーミングプラットフォームで視聴できるようになることです。NBCの「Peacock」、CBSの「Paramount+」、ディズニーの「ESPN+」、Foxの「Tubi」、そして「Amazon Prime」です。

熱心なNFLファンがこれらのサービスをすべて利用しようとすると、月に約35ドルを支払うことになります(Tubiは無料)。ただし、これはエンターテイメント・コングロマリットがアメリカン・フットボールのコンテンツに何十億もの資金を投入する前の話であり、価格は上昇する可能性があります。

NFLファンが全試合を視聴するためには、これだけでは足りません。ケーブルや他のストリーミングサービス、例えばアルファベット (GOOGL)のYouTube TV(月額65ドル)、またはデジタルアンテナが必要です。

ただ家庭にはこれだけでは足りません。子供たちが大好きなコンテンツを提供するネットフリックス(NFLX)やDisney+は、今のところスポーツ中継を配信していないからです。NFLとエンターテイメントを完全にカバーすると、米国の家庭では1ヶ月におよそ$120の費用がかかります。

ケーブルTVの時代は終わったとの声がありますが、ストリーミングサービスのこのような費用の高騰はケーブル側にチャンスを与えるかもしれません。チャンネルごとのアラカルトの価格設定行い、その価格が十分に魅力的なものであれば、消費者は「コード」を再接続するかもしれません。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG