金利懸念が遠のき、今が「買い」のハイテク株5つ

長期金利の上昇により、その魅力が薄れ、打撃を受けていた成長株。今週に入って長期金利は下げに転じ、先週までのような上昇局面は当面ないとの見方も増えてきたため、成長株、なかでもハイテク株に再び目をむける動きが出てきています。

そんな中、BTIG証券が、ナスダック総合指数(構成銘柄:約3千社)のうち時価総額上位100社(金融を除く)で構成されるナスダック100の構成銘柄をスクリーニング。2020年9月以降に株価が下落したものの、2021年の収益成長率が10%以上と見込まれる株という条件でふるいにかけ5つの銘柄をリストアップしました。長期金利上昇懸念が遠のき、今が「買い」と見られるハイテク株は以下の5つです。

アマゾンAMZN

株価は過去6ヶ月間で12.4%下落。アナリストは2021年の1株当たり利益が14%成長すると予想。FactSetはEPSは2022年に38%成長と予想。

エヌビディアNVDA

株価は4%以上下落。EPSは2021年に32%、次の2会計年度には12%以上成長すると予想。

ネットフリックスNFLX

株価は2.5%下落。EPSは、2021年に62%、その後2022年に32%の成長が見込まれる。

アドバンスド・マイクロ・デバイシズAMD

株価は6.3%下落。EPSは、2021年に52%、2022年には27%の成長が見込まれる。

ドキュサインDOCU

株価は4.5%下落。EPSは、2021年に54%、2022年には56%の成長が見込まれる。

最新情報をチェックしよう!

アマゾン AMZNの最新記事8件

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG