CATEGORY

マイクロソフト MSFT

クアルコムの新チップがPC市場を席巻!マイクロソフトとの協力でAI時代到来

マイクロソフト(MSFT) とウィンドウズ・パソコン・メーカー各社は、5月20日に人工知能 (AI)機能をネイティブに扱うよう設計された新しいノートパソコンを発表しました。これにより、クアルコム (QCOM)の株価は2%上昇し、197.76ドルの記録的な終値を記録しました。 クアルコムの新チップ搭載 新しいノートパソコンにはクアルコムの最新スナップドラゴン・プロセッサーが搭載され、インテル(INT […]

AI戦略で株価上昇!マイクロソフトの最新発表を徹底解説

マイクロソフト(MSFT)の株価は5月20日、1.22%上昇し、425ドルに達しました。これは、グーグルの親会社アルファベット(GOOGL)がAIデモで株価を押し上げたのに対抗してマイクロソフトが発表した同社のAI技術の優位性を示す一連のニュースに対する市場の期待感からです。 Build開発者会議でのAI発表が注目の的に 今週、マイクロソフトは20日に新しいSurface PCを発表し、21日から […]

世界最大のヘッジファンドが選ぶ未来の投資先:アップル、エヌビディア、マイクロソフト

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエイツは最近、大規模な投資戦略の変更を行いました。同ファンドはマグニフィセント・セブンと呼ばれるハイテク株への投資を増やし、中国の電気自動車(EV)メーカーへの投資を半減させました。この動きは、証券取引委員会(SEC)に提出された最新のフォームで明らかになりました。 ブリッジウォーター・アソシエイツの投資戦略 ブリッジウォーター・アソシエイツは、 […]

マイクロソフト、ゲーム業界の覇者へ:アクティビジョン・ブリザード買収の意義

マイクロソフト(MSFT)は、技術革新と戦略的買収によって、その地位をさらに強化しています。特にゲーム分野での成長が注目されており、ウォール街の調査会社もその可能性を高く評価しています。 マッコーリーの調査レポート マッコーリーのアナリスト、フレデリック・ハベマイヤー氏率いるチームは、「マイクロソフトゲーミングの世界」と題した調査レポートを5月16日に発表しました。このレポートでは、マイクロソフト […]

新たな配当戦略:テクノロジーの巨人たちが示す市場の未来

2024年は米国株投資家にとって重要な年となる見込みです。特に配当を重視する投資家にとっては、大手テクノロジー企業のメタ・プラットフォームズ(META)とアルファベット(GOOGL)が配当支払いを開始するという朗報があります。これまで配当はビッグテック企業において成長の終焉を意味するものと見なされがちでしたが、この傾向は変わりつつあります。アップル(AAPL)、マイクロソフト(MSFT)、エヌビデ […]

長期投資のためのマイクロソフト:AI革命を先導する企業の分析

マイクロソフト( MSFT)は、約半世紀前の創業以来、常に革新の最前線にいます。当初はパーソナル・コンピューティングに革命をもたらした同社ですが、今日ではクラウド・コンピューティング、ソーシャルメディア、ゲーム、そして人工知能(AI)といった幅広い分野で事業を展開しています。 マイクロソフトのビジネス戦略と多様性 エコシステムの進化:1990年代、Windowsオペレーティング・システムがマイクロ […]

アナリストが見たマイクロソフトの明るい未来――目標株価大幅アップ!

4月25日に3月期決算を発表したマイクロソフト(MSFT)。好業績だった決算内容を高く評価する声がアナリストからあがっています。 メリアス・リサーチのアナリストの評価 メリアス・リサーチのアナリスト、ベン・ライツェス氏はマイクロソフトの業績は「多くの点で堅実」であったと評価しています。 そして、いくつかの理由から、業績はさらに良くなる用意がある、と同氏は26日付けkのメモで主張しました。ひとつは、 […]

マイクロソフトとアルファベットが示す、エヌビディアAIチップの未来

4月26日の米国市場でエヌビディア(NVDA)の株価が急上昇しています。最新の決算報告において、AIインフラへの積極的な投資が明らかになり、投資家から高い評価を受けています。ここでは、エヌビディアの株価動向と、大手テクノロジー企業のAIに対する姿勢に焦点を当てて分析します。 エヌビディアの株価はなぜ上昇したのか? エヌビディアの株価は、最新の決算報告でAIインフラへの継続的な投資が確認されたことか […]

マイクロソフトの業績急上昇!クラウドとAI技術が拓く未来

マイクロソフト(MSFT)は4月25日、同社の第3四半期決算を発表し、売上高と利益が予想を上回りました。この好業績は、同社のクラウドサービスと人工知能(AI)製品への企業需要の高まりによるものです。 四半期決算の概要 3月31日に終了した四半期において、マイクロソフトの売上は17%増の619億ドルを記録し、一株当たりの利益も2.94ドルと、アナリストの予想を上回りました。特に注目されるのは、クラウ […]

UBSの最新評価:テックビッグ6、魅力減少の背後にある経済循環とは?

4月22日、UBSの米国株チーフ・ストラテジスト、ジョナサン・ゴルブ氏は、ハイテク株のビッグ6と呼ばれるグループ、アップル(AAPL)、アマゾン(AMZN)、アルファベット(GOOGL)、メタ・プラットフォームズ(META)、マイクロソフト(MSFT)、エヌビディア(NVDA) の格付けを「オーバーウェイト」から「ニュートラル」に格下げしました。 注意すべき点は、同氏がこの6銘柄を個別に直接カバー […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG