CATEGORY

マイクロソフト MSFT

マイクロソフト 持続的な強さを持つ株としてアナリストが推奨

レイモンド・ジェームズのアナリスト、アンドリュー・マロック氏がマイクロソフト(MSFT)のカバレッジを再開し、格付けを「アウトパフォーム」、目標株価を300ドルに設定しました。 マイクロソフトには「持続可能な利点が集まっている」として購入を推奨しています。レイモンド・ジェームズは2021年6月11日にカバレッジを停止していました。 マロック氏は、同社のクラウド技術への投資は、顧客関係管理、セキュリ […]

企業向けソフトウェア株 買うべき6つの銘柄と売るべき4つの銘柄

企業向けソフトウェアのセクターについて、グッゲンハイム・パートナーズのアナリスト、ジョン・ディフッチ氏が8月11日、カバレッジを開始しました。 ディフッチ氏はグッゲンハイムには入社したばかりですが、ウォール街ではよく知られた存在で、これまでジェフリーズ、JPモルガン、オッペンハイマー、そして今はなきベア・スターンズとドナルドソン、ラフキン&ジェンレットでソフトウェアセクターをカバーしてきました。 […]

大手ハイテク株決算 合言葉は「クラウドに不況はない」

7月25日から始まった1週間は大手ハイテク株の決算ウィークでした。その総括的な印象として浮かんでくるのはクラウドコンピューティングを扱っている会社の強さです。 金利の上昇、燃料費の高騰、ロシアのウクライナ攻撃、長引くサプライチェーンの問題、米ドルの高騰といった荒波に翻弄されている米国の経済界ですが、そんな中でもクラウドへの支出を減らす会社は少ないようで、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSF […]

マイクロソフト 2022年4~6月期決算へのアナリストの反応

「マイクロソフト 業績は予想を下回るも力強いガイダンスを示して株価が上昇」でお伝えしたマイクロソフト(MSFT)の第4四半期決算、2022年4~6月期の決算報告の内容についてのアナリストの反応です。 エバーコアISIのアナリストKirk Materne氏は、6月期の業績とガイダンスには「多くの動く部分」があったが、為替のノイズを取り除けば、同社の商業ビジネスの基本的なトレンドは健全なままであると指 […]

マイクロソフト 業績は予想を下回るも力強いガイダンスを示して株価が上昇

マイクロソフト(MSFT)は7月26日、同社の第4四半期決算、2022年4~6月期の決算を発表しました。 売上高は前年同期の461億5000万ドルから518億7000万ドルに増加。純利益は167億4000万ドル、1株当たり利益は2.23ドルで、前年同期の1株当たり2.17ドルから増加しました。 アナリストのコンセンサス予想は、売上高523億8000万ドル、1株当たり利益2.29ドルで、今回発表され […]

弱気市場の今、売られ過ぎでお買い得な優良成長株2つ

ハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は、今年に入ってから27%以上下落しています。世界のハイテク株は2022年、過去14年間で最も大きい年間下落率を記録すると予想されています。 ハイテクセクター全般が大きく下落した中、堅調なファンダメンタルズにもかかわらず、連れ安によって大きく落ち込んだ成長株があります。これらの優良成長株は、その実力以上に売られ過ぎであり、今買えば将来大きなリターンを投資家 […]

アマゾン、マイクロソフト、グーグルの3強がクラウド支配を強化

クラウドサービスの市場を支配するアマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)、グーグルの3強はパンデミックの時代にその力を大きく伸ばしました。そして現在、その勢力をさらに拡大する構えです。その情況を紹介する記事をウォール・ストリート・ジャーナルが掲載していましたので、ご紹介します。 シナジー・リサーチ・グループによると、今年第1四半期の世界のクラウドサービス支出530億ドルのうち、この3社が占 […]

ハイテク株買い増しの好機と著名アナリストが主張

米連邦準備制度理事会(FRB)の野心的な利上げ計画によって投資家がハイテクセクターから離れるとともに、景気後退が間近に迫っているのではないかという懸念も高まって、ハイテク株にとっては厳しい1年となっています。 しかし、だからといって、投資家はこのセクター全体を見限る必要はない、とウェドブッシュの著名アナリスト、ダニエル・アイブス氏が述べています。むしろ、経済の混乱は、投資家がハイテク企業の株を買い […]

マイクロソフトのAzureは予想よりも早く、そして大きく成長するとアナリストが予測

マイクロソフト(MSFT)のパブリッククラウド事業である Azureは、市場リーダーのアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が持つ大きな市場シェアに徐々に食い込みながら、突出した成長を続けています。そんな状況を見て、あるウォール街のアナリストは、他のアナリストがAzureの潜在能力を過小評価していると考えています。 クレディ・スイスのアナリストであるフィル・ウィンスロー氏は、6月16日に発表した67 […]

この3つの株に5万ドル投資すれば10年後には億り人

5万ドルを今後10年間で100万ドルにしたいと願う投資家へ、その可能性を持つ3つのハイテク株をモトリーフールが推奨していますので、ご紹介します。 エヌビディア(NVDA) 10年前にエヌビディアの株式に5万ドル投資した場合、同社が出した配当金を再投資したと計算して、現在では300万ドル以上の価値があることになります。急落するような不安定な時期があったにもかかわらず、このような巨額の利益をもたらした […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG