CATEGORY

アップル AAPL

アップル 買うのはいいが、売ってはいけない3つの理由

アップル(AAPL)の12月期決算が1月27日に迫って、ブルとベア、さまざまな意見が出されていますが、モトリーフールに熱烈なるアップル擁護論が掲載されていましたのでご紹介します。 論者は、過去10年間市場を凌駕してきたアップルの成長エンジンにはまだ十分な燃料が残っていると主張し、長期的に保有する価値がある3つの理由をあげています。 iPhoneの販売はいまだ好調 アップルの代表的なデバイスであるi […]

アップル決算 ゴールドマンのアナリストが期待外れのリスクを指摘

アップル(AAPL)は1月27日に12月期決算を発表します。強気派はiPhoneの売れ行きが好調であれば、トップラインと利益が予想以上に向上すると考えています。しかし、誰もがそう思っているわけではありません。 ゴールドマン・サックス証券のアナリストであるロッド・ホール氏は、アップルの株式を「ニュートラル」と評価している、以前からアップルに対して慎重なアナリストの一人です。今期も例外ではありません。 […]

アップル 決算を前に目標株価を引き上げ

ウェルズ・ファーゴがアップル(APPL)の目標株価を165ドルから205ドルに引き上げました。これは1月20日の終値から約25%の上昇の余地があることを意味します。 これにより、ウェルズ・ファーゴのアナリスト、アーロン・レイカーズと同氏のチームは、ウォールストリートで最も強気の姿勢を示したことになります。調査会社ファクトセットの調べでは、アナリストのアップルの平均目標株価は179ドルとなっています […]

アップル決算プレビュー 売上は予想を上回るも株価への影響は限定的か

アップル(AAPL)は来週1月27日に12月期の四半期決算を発表しており、アナリストたちは、決算が現在のコンセンサス予想を上回る可能性が高いと見ています。しかし、現在の環境下では、小幅なボトムライン・ビートでは株価はあまり上がらないかもしれません。 モルガン・スタンレーのアナリスト、ケイティ・ヒューバティ氏は、来週の決算発表をプレビューするリサーチノートの中で、アップルは12月期には現在の予想をわ […]

アップル 目標株価引上げ相次ぐ、時価総額4兆ドルも視野

ループ・キャピタル・マーケッツのアナリスト、アナンダ・バルア氏は1月14日、アップル(AAPL)に対する「買い」の評価を繰り返し、目標株価を165ドルから210ドルに引き上げました。 同氏は、2022年度のiPhoneの販売台数と平均販売価格の両方において、アップルがストリートの予想を上回ると考えています。同氏は、アップルは今年、iPhoneと全体の売上高の両方で10%から15%の成長を達成する可 […]

アップル 業績とAR/VRグラスへの期待高まる

3兆ドルの時価総額に近づいているアップル(AAPL)について、12月の四半期決算で予想を上回る結果を出し、3月期四半期決算について強力なガイダンスを提供できるという確信が高まっています。また、アップルの主要製品カテゴリーとして、AR(拡張現実)およびVAR(仮想現実)用のメガネとヘッドセットの発売に対する期待も高まっています。 J.P.モルガンのアナリストであるサミック・チャタジー氏は、1月13日 […]

PC販売台数の伸びが鈍化 しかしデルとアップルはシェアを拡大

市場調査会社IDCが発表した最新のデータによると、第4四半期の全世界のPC出荷台数は、前年同期比1%増の9,270万台となりました。通年の出荷台数は3億4,880万台で、2020年から14.8%増加し、2012年以来の高水準となりました。これは、2020年の13%増に続くものです。直近の年間出荷台数は、2019年の2億6,700万台から30%以上増加しました。 IDCは、パンデミックによるブームの […]

クラウドゲーミング競争でアップルが敗れ、エヌビディア、アマゾン、マイクロソフトが有利になる可能性

ゲーム業界がクラウドに注目する中、アップル(AAPL)の方針は、エヌビディア(NVDA)、アマゾン(AMZN)、マイクロソフト(MSFT)などのビッグテックのライバル企業に比べて不利であるとの分析結果が発表されました。 データ分析会社グローバルデータの調査によると、クラウドゲーミングは、今年30億ドル規模の産業になる見込みで、2021年から59%の成長が見込まれています。また、開発者がクラウド専用 […]

アップル 世界初の3兆ドル企業に

1月3日の市場でアップル(AAPL)の時価総額が一時、3兆ドルを突破しました。大台超えは世界の上場企業で初めてです。 アップルが2020年8月20日に初めて2兆ドルの水準に達してから、500日あまりが経過したあとの大台突破ということで、その間、週末を含めると、アップルは1日平均で20億ドルを市場価値に加えてきたことになります。2018年8月に初めて1兆ドルを達成してからは、約1250日が経過してい […]

2022年、アップルの時価総額は4兆ドルに達するか?

アップル(AAPL)の株価は2021年に急騰しました。12月30日の時点で、2021年に株価は34%上昇しました。これにより、時価総額は2.9兆ドルを超えました。 同社に関する最近の多くの見出しは、時価総額が3兆ドルに近づくことに焦点を当てていますが、投資家はさらに強気の目標である4兆ドルを検討するのが賢明かもしれません。実際、同社の株価をよく見ると、近い将来、あるいは2022年以内に時価総額4兆 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG