CATEGORY

アップル AAPL

アップルの投資家が新たに注目するもの:iPhone 14

まもなく閉じるアップル(AAPL)の6月の第4四半期について、ウォール街は最近の中国でのコロナ関連のシャットダウンが生産と需要の両方にどのように影響するかについて少し神経質になっています。 アップルのCFOであるルカ・マエストリ氏は以前、供給の制約により、同四半期の売上が40億ドルから80億ドル減少する可能性が高いと警告しています。同氏はまた、外国為替レートの好ましくない動きが約3%ポイント、売上 […]

クアルコム 2023年のiPhone 5Gモデムチップ独占の情報で急騰

台湾を拠点となる著名ハードウェア・アナリストのミンチー・クオ氏が、クアルコム(QCOM)が2023年のiPhone向けモデム供給の100%を押さえるだろうと述べたことで、クアルコムの株価が急騰しました。6月28日の終値は3.48%増の131.6ドルとなっています。 同氏によれば、アップル(AAPL)が自社で進めていたiPhone向けモデムチップの開発が「失敗した可能性がある」とのことで、クアルコム […]

アップル Apple TV+の加入者数は4000万人?

アップル(AAPL)はこれまで、同社の新興ストリーミングビデオサービスであるApple TV+について、財務的な詳細をほとんど提供していません。加入者数、財務実績、コンテンツ支出に関するデータを一切開示していないため、同サービスがどのように運営されているかを評価するのは難しくなっています。 その空白を埋めるべく、バーンスタインのアナリストToni Sacconaghi氏は6月27日に、Apple […]

5年後に買っておけばよかったと思うハイテク関連のバフェット銘柄3つ

伝説の投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは、ハイテク関連でもいくつかのポジションを保有しています。今年に入って大きく下落しているこれらのハイテク関連銘柄は復活の兆しを見せており、今後大きなリターンをもたらしてくれそうです。 アップル(AAPL) バフェットのハイテク関連株は、アップルを抜きにしては語れません。50以上の上場株を保有するポートフォリオのうち、アップル株は […]

ハイテク株買い増しの好機と著名アナリストが主張

米連邦準備制度理事会(FRB)の野心的な利上げ計画によって投資家がハイテクセクターから離れるとともに、景気後退が間近に迫っているのではないかという懸念も高まって、ハイテク株にとっては厳しい1年となっています。 しかし、だからといって、投資家はこのセクター全体を見限る必要はない、とウェドブッシュの著名アナリスト、ダニエル・アイブス氏が述べています。むしろ、経済の混乱は、投資家がハイテク企業の株を買い […]

弱気相場で買うべきバフェットの人気銘柄3つ

伝説の投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイは、市場が大きく低迷するこんな時期であっても積極果敢な投資を行っています。バークシャーは、第1四半期に保有する数十の銘柄を報告していますが、その中から、強いブランド力を持ち、不況の中でも力を発揮して、何十年にもわたって大きなリターンをもたらすことができる銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 アップル( […]

アップル 消費者支出への懸念からドイツ銀行が目標株価を引き下げ

ドイツ銀行がアップル(AAPL)の目標株価を引き下げました。アナリストのシドニー・ホー氏は、目標株価を200ドルから175ドルに引き下げましたが、格付けは「買い」を維持しました。ただ、下げたとは言っても132ドルあまりの現在の水準からは約32%の上昇の余地があることになります。 ホー氏は、株価はメガキャップの同業他社の大半と同等かそれ以上のパフォーマンスを示しているものの、マクロの不確実性が引き続 […]

音楽とゲームで成長し続けるアップル

アップル(AAPL)は、様々なサービスからの貢献度を明らかにしていませんが、ウォール街は常にそのヒントを探っています。J.P. モルガンのアナリストSamik Chatterjee氏は、6月13日付けのリサーチノートで、アップルのサービスポートフォリオの2つの要素である音楽とゲームの見通しを評価しています。 音楽については、2025年には全世界で550億ドルの市場が形成され、この分野の総加入者数は […]

アップル 投資家がApple Pay Laterを支持すべき2つの理由

アップル(AAPL)は6月6日に開催した2022年世界開発者会議(WWDC)で、Apple Pay Later(Apple Payで後払い)という独自のbuy now, pay later(BNPL)サービスを発表しました。Apple Payに統合されたこのサービスは、近年重要性を増している同社のサービス事業を後押しし、アファーム(AFRM)やペイパル(PYPL)などの既存のBNPLサービスプロバ […]

アップル Macやその他のハードウェアに販売減速の可能性

キーバンク・キャピタル・マーケッツの新しいデータによると、アップル(AAPL)製品に対する米国の消費者需要は5月に減速の兆しを見せています。 アナリストのBrandon Nispel氏が確認したクレジットカード取引データによると、5月のアップル・ハードウェアへの支出は前月比で8%減少し、キーバンクが2016年に追跡を開始して以来、最も弱い5月のデータとなっています。 5月の数値は、同月の支出額が1 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG