CATEGORY

アップル AAPL

アップル iPhoneの需要減で成長回復に苦戦か

J.P.モルガンのアナリストによると、iPhoneの供給問題が需要の低下につながるため、今年度の最初の2四半期でアップル(AAPL)がウォール街の期待に応えるのは難しいとのことです。 アップルの12月期の売上と利益は、コンセンサス予想を小幅に下回る可能性があると、J.P.モルガンのサミック・チャタジー氏はリサーチノートに書いています。同氏は目標株価を前回の190ドルから180ドルに引き下げましたが […]

アップルとIBMは決算発表前が「絶好の買い場」

エバコアISIのアナリスト、アミット・ダリヤナニ氏は1月16日、アップル(AAPL)とIBM(IBM)を「戦術的アウトパフォームリスト」(短期的に強いパフォーマンスを期待できる銘柄のリスト)に追加しました。同氏は決算発表前にこの両銘柄を買い進めるべきだと考えています。 アップルについては、10月の前回決算発表以降、株価がS&P 500を16ポイントもアンダーパフォームしていると指摘し、同銘 […]

アップル 強気な見方と弱気な見方が交錯

中国における生産問題がアップル(AAPL)の業績に与える影響についてアナリストの見方が交錯しているようです。 キーバンクのアナリスト、Brandon Nispel氏は1月11日、中国鄭州市にある最大のiPhone工場での混乱に起因する懸念にもかかわらず、アップルに対する「オーバーウエイト」の格付けを維持しました。 毎月の調査からのデータは、アップルの製品やサービスのための支出が10月と11月に減速 […]

アップルの自社製チップの使用がクアルコムとブロードコムに打撃

最近、自社製チップの使用を推進しているアップル(AAPL)ですが、この動きがこれまで同社にチップを納めていたメーカーに打撃を与えそうです。 ブルームバーグが報じたところでは、Wi-FiとBluetoothの機能を担うブロードコム(AVGO)の複合チップを2025年に自社製に変えようとしているほか、2024年末から2025年初めまでに現在クアルコム製のセルラーモデムチップを自社のものに変えることを検 […]

人員削減が導くハイテク・リバウンド、20%の上昇を期待

アマゾン・ドット・コム(AMZN)が1万8000人超、セールスフォース(CRM)が7000人超のレイオフ(一時解雇)を発表するなど、大手ハイテク株の人員削減が相次いで発表されていますが、ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダニエル・アイブス氏は、こうした人員削減が同氏が言うところの 「ハイテク・リバウンド 」の舞台となると考えています。 昨年2022年はハイテク株にとって悲惨な1年でした。ナスダック総 […]

アップル レジリエントな需要は健在と買い推奨

アップル(APPL)の株価は今年、年初から20%あまり下落していますが、シティのアナリストは来年2023年に復活の可能性があると見ています。 シティのアナリスト、ジム・スバ氏は、アップルの「買い」の格付けと12ヶ月後の目標株価175ドルを維持しました。リサーチノートの中で、「12月期は供給(中国におけるコロナによるロックダウンが生産に影響)に制約されるが、アップルの製品・サービスに対する需要は20 […]

アップル 2023年のトップピックとしてエバコアが推奨

アップル(AAPL)の現在の逆風は一過性のものだとして、エバコア ISIのアナリスト、Amit Daryanani氏が2023年のITハードウェアおよびネットワーク関連株のトップ6の1つにアップルを選びました。 アップルのiPhone 14 ProとPro Maxの一連の出荷遅延は、Covid-19に関連したロックダウンと鄭州のiPhone工場で労働者がゼロコロナの状況に抗議したことに起因していま […]

アップルペイがペイパルを上回る成長率を示す

ドイツ銀行のアナリスト、ブライアン・キーン氏は11月29日、アップル(AAPL)のアップルペイが非常に急速なペースで市場シェアを奪っている数字を示しました。 11月までにアップルペイの利用は全世界で前年比52%増、米国では前年比59%増になっているそうで、その一方で業界の雄であるペイパル(PYPL)は全世界で8%減、米国では4%減となっているとのことです。 「ペイパルは今後数年間、アップルペイとの […]

アップル アナリストがiPhoneの出荷台数予想を引き下げ

アップル(AAPL)をカバーするアナリストが売上とiPhone 14 ProおよびPro Maxの出荷台数の予想を引き下げています。これは「アップル 中国のコロナ規制でiPhone 14の出荷台数が減少と警告」でお伝えした中国における減産警告への反応です。 アップルが今回のように生産計画についてコメントすることはめったにないことと、詳細が不明であるため、市場では12月期と2023年9月期の出荷と売 […]

アップル 中国における減産警告へのアナリストの反応

「アップル 中国のコロナ規制でiPhone 14の出荷台数が減少と警告」でお伝えしたアップル(AAPL)の警告に対するアナリストの反応です。 J.P. Morganのアナリスト、サミック・チャタジー氏は11月7日付けのリサーチノートで、鴻海の鄭州工場がiPhoneの組立能力の60%を占めていることを指摘しています。ProとPro Maxの両方のリードタイムはすでに1週間ほど延びており、さらに長くな […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG