CATEGORY

ポートフォリオ

アップル 誰も驚かなかったiPhone 13へのアナリストの評価

先週開催されたアップル(AAPL)の秋の恒例製品発表会は、退屈なものだったと総括できるかもしれません。サプライズはあまりなく、新しい「iPhone 13」のラインアップは予想通りで、iPadやApple Watchのアップグレードは革命的とは言えませんでした。 しかし、少し掘り下げてみると、いろいろなことが見えてきます。最大の収穫は、アップルの見通しが、ウォールストリートの懐疑論者たちが考えている […]

ルルレモン 株価がさらに上昇する4つの理由

ルルレモン・アスレティカ(LULU)の株価は、最近、史上最高値付近で取引されており、今年に入ってから35%もの素晴らしい上昇を見せています。 この上昇の一部は、先週発表された決算報告によってもたらされたもので、売上高と非GAAP(調整後)一株当たり利益がアナリストの予想を上回ったことが特徴です。 上昇はまだまだ止まりそうにありません。同社には成長の余地が多くあり、今後中長期に渡って株価は上がってい […]

ツイッター 今買うべき究極の暗号資産銘柄

Embed from Getty Images 一般的にはソーシャルネットワーク銘柄として認識されているツイッター(TWTR)ですが、暗号資産の台頭により別の役割を果たし、さらに大きな影響力と利益をもたらす可能性のあるものへと急速に進化しているようです。 7月にジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)が、同社の製品やサービスとの統合により、ビットコインがツイッターの「大きな部分」を占めるようにな […]

エヌビディア 株価は目標株価引上げに反応せず

ウォールストリートの2人のアナリストがエヌビディア(NVDA)の目標株価を引き上げましたが、株価は反応しませんでした。 バンク・オブ・アメリカは、エヌビディアの目標株価を260ドルから275ドルに引き上げました。アナリストのVivek Arya氏は、同銘柄の「買い」評価を維持し、同社は価格決定力と “規律ある供給 “の恩恵を受けていると、投資家向けのメモに書いています。 A […]

アップスタート アナリストが目標株価を引上げ

JMP証券のアナリスト、ロナルド・ジョシー氏は、人工知能に焦点を当てたJMP証券フィンテック・フォーラムでアップスタート(UPST)のCFOであるサンジェイ・ダッタ氏と議論したことを受けて、アップスタートの目標株価を205ドルから327ドルに引き上げました。格付けは「アウトパフォーム」を維持しています。 同アナリストは、個人向け融資市場での同社のシェア拡大、高度なAIツール、新たな業種への参入の可 […]

投資額を何倍にもしてくれる2つのモンスター株が成長中

人生を変えるほどの富を築くことができる、まるでモンスターのような株が成長中だという記事がモトリーフールに掲載されていましたのでご紹介します。 グローバルeオンライン(GLBE) 多くの投資家にとって聞き慣れない名前かもしれませんが、グローバルeオンラインは、価値あるサービスを提供しています。 イスラエルを拠点とする電子商取引サービス企業である同社は、国境を越えた販売を簡素化・促進し、国際市場でのビ […]

アップスタート 今から買うのは遅すぎる?

アップスタート(UPST)の現在の株価は決して割高ではないとの趣旨の記事がモトリーフールに掲載されましたので、ご紹介します。 株式は通常、上場してから当初の株価を10倍に成長させるのに数年から数十年かかります。しかし、AIを活用したローン組成企業であるアップスタート・ホールディングスは、IPOから12ヶ月足らずでその偉業を成し遂げ、IPO価格の20ドルから1株250ドル以上になりました。 このよう […]

今がお買い得と思われるヘルスケア銘柄3つ

現在は株価が低迷しているものの、今後回復が期待できるお買い得なヘルスケア銘柄3つをモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 テラドック・ヘルス(TDOC) テラドック・ヘルス は、競争の激しい業界の中で、パーソナライズされたデジタルファーストの医療を提供することで、米国および海外での差別化を図っています。 テラドックのバーチャルモデルでは、プライマリケア、メンタルヘルスケア、慢性 […]

マイクロソフト 増配と600億ドルの自社株買いプログラムを発表

マクロソフト(MSFT)は、9月14日に取締役会で四半期配当の増額と新たな自社株買いプログラムの採用を決議したと発表しました。 決められた増額の内容は、四半期の配当率を56セントから62セントへと11%引き上げること。これは、12年連続の増配となります。 この新配当率により、同社の利回りは0.8%となります。今回の引き上げは、昨年の10%、2019年の11%の引き上げに続くものです。 同社はまた、 […]

マイクロソフト 数日以内に10%の増配の可能性ありとアナリストが指摘

11年連続で、マイクロソフト(MSFT)は9月中旬、つまり15日から21日の間に大幅な増配を発表しています。増配率が7.6%を下回ったことはなく、過去3年間は10%前後で推移しています。 モルガン・スタンレーのアナリストであるキース・ワイス氏は、9月14日付けのリサーチノートの中で、さらに10%以上の増額を見込んでおり、その場合、マイクロソフトの株式の利回りは約0.8%になると述べています。 これ […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG