CATEGORY

ポートフォリオ

マイクロソフトの好決算が確認された今、注目すべき11銘柄

マイクロソフト(MSFT)の好決算が前日1月25日に発表されて、26日の米国市場は一挙に好転しています。「マイクロソフト 好決算を発表、株価は一時の下落から上昇へ」 防波堤としての機能を期待されていたマイクロソフトが見事にその期待に応えてくれました。マイクロソフトの明るいガイダンスはウォールストリートの注目を集めましたが、同社の業績の詳細は、企業向けソフトウェアやクラウドコンピューティングの同業他 […]

割高なスノーフレークにあえての「買い」推奨

金利が上昇する中、企業向けソフトウェア株の低迷が続いていますが、そんな中、少数の勇敢なアナリストがバーゲンハンティングを始めています。 ループ・キャピタルのアナリストであるMark Schappel氏もそんなアナリストのひとりで、ソフトウェア株の中でも最も価格が高く、急成長している銘柄の1つである、クラウドベースのデータ分析ソフトウェアと統合を行うスノーフレーク(SNOW)を取り上げています。 S […]

アップル 買うのはいいが、売ってはいけない3つの理由

アップル(AAPL)の12月期決算が1月27日に迫って、ブルとベア、さまざまな意見が出されていますが、モトリーフールに熱烈なるアップル擁護論が掲載されていましたのでご紹介します。 論者は、過去10年間市場を凌駕してきたアップルの成長エンジンにはまだ十分な燃料が残っていると主張し、長期的に保有する価値がある3つの理由をあげています。 iPhoneの販売はいまだ好調 アップルの代表的なデバイスであるi […]

マイクロソフト 好決算を発表、株価は一時の下落から上昇へ

マイクロソフト(MSFT)が1月25日、2021年10~12月期決算を発表しました。 売上高は、前年同期比20%増の517億ドルとなり、初めて500億ドルの大台を突破しました。収益は22%増の1株当たり2.48ドルとなりました。ウォールストリートのアナリストは、売上高を509億ドル、EPSを2.31ドルと予想していました。 マイクロソフトのCEOであるサティア・ナデラ氏は、決算発表のプレスリリース […]

アップル決算 ゴールドマンのアナリストが期待外れのリスクを指摘

アップル(AAPL)は1月27日に12月期決算を発表します。強気派はiPhoneの売れ行きが好調であれば、トップラインと利益が予想以上に向上すると考えています。しかし、誰もがそう思っているわけではありません。 ゴールドマン・サックス証券のアナリストであるロッド・ホール氏は、アップルの株式を「ニュートラル」と評価している、以前からアップルに対して慎重なアナリストの一人です。今期も例外ではありません。 […]

下落が続く米国市場 防波堤はマイクロソフト?

新しい週が始まりましたが、市場の下落は止まらないようです。この記事を書いている時点(米国東部時間10:10AM)でS&P 500は2.73%の下落。ダウ、ナスダックも同じような下落幅を記録しています。 AJ Bellのアナリスト、ラス・モールド氏は市場が開く前、「試練の時を経て市場が落ち着くことを期待していた人は、またしても激動の週を迎えることになり、失望することになるだろう」と語っていま […]

アマゾン クラウドで得た利益で更なる高みへ

企業は、ビジネス上の意思決定を行う上で、データへの依存度を高めています。データの統合・集約に欠かせないのが、サーバーを仮想化してIaaS(Infrastructure-as-a-Service)を提供するクラウドコンピューティングです。 クラウドプロバイダーは、物理的なサーバーに多額の設備投資をして、企業がデータ集計やサーバーの保守管理を積極的にアウトソーシングする受け皿となり、顧客の拡張性を高め […]

今買えば10倍になる可能性のある銘柄3つ

インフレと最終的な金利の上昇は、多くの中小型成長株に悪影響を与え続けており、毎週のように安値を更新しています。しかし、そんな今だからこそ、これから買えば10倍になる株を手にする絶好のチャンスだとも言えます。今買えば、長期的に10倍に成長する可能性のある銘柄をモトリーフールがピックアップしていますので、ご紹介します。 ファイバー・インターナショナル(FVRR) アップワークの調査によると、2027年 […]

ロクは次のネットフリックスになれるか

ネットフリックス(NFLX)は、DVD映画をレンタルする通販サービスとしてスタートしましたが、コンテンツのストリーミングに軸足を移したことが、現在のトップコンテンツプロバイダーになるための大きな一歩となりました。 ロク(ROKU)も同じような道を歩もうとしています。ストリーミング・ドングルとテレビ・ソフトウェアで業績を伸ばし、中立的なストリーミングプラットフォームから、オリジナルコンテンツの独自の […]

ショッピファイが1月21日に14%暴落した理由

市場全般が大きく下がるなか、ショッピファイ(SHOP)の1月21日の終値は前日比13.85%減の882.12ドルと、その下落幅の大きさが際立っていました。 これは、ショッピファイが複数の倉庫・フルフィルメントパートナーとの契約を打ち切ったとの報道があったことによります。 ビジネス誌「インサイダー」は、ショッピファイの電子商取引の受注能力が、変更後は従来の半分程度になるだろうと報じました。同報道は、 […]

>

幸せな生活作りのための米国株投資。
老後資産形成のための試行錯誤の日々を報告していきます。
皆様の参考になれば幸いです。

CTR IMG